アメリカの総合バイクブランド、フジが手掛けるクロスバイク「RAFFISTA」がマイナーチェンジ。ディスクブレーキへのアップデートに加え、タイヤ幅も拡大することで、オフロードも楽しめるアドベンチャーバイクとなった。



フジ RAFFISTA(マットブラック)フジ RAFFISTA(マットブラック) (c)アキボウ
2017年のモデルイヤーからラインアップに並べられていたクロスバイク「RAFFISTA(ラフィスタ)」が、マイナーチェンジを果たす。現行モデルは、ビルが立ち並ぶ街中から自然豊かな郊外までのサイクリングを気持ちよく走る爽やかなスポーティースタイルであった。2019年モデルではよりディープなスポット、具体的にはグラベルやキャンプライドまでもカバーするアドベンチャーバイクへと進化した。

エアロを意識したというトップチューブや、ヘッド付近でカーブするダウンチューブなどRAFFISTAのアイデンティティはそのまま継承。大径チューブにバテッド加工を施し、軽量性と耐久性のバランスを整えることで、RAFFISTAはロードバイクのような軽快な走行性能や機動性を獲得している。

大きく変更されたのはブレーキがリムからディスクへと切り替えられていること。どのようなシチュエーションでも確かな制動力が得られるディスクブレーキは、グラベル走行や多くの荷物を持ち運ぶキャンプライドを視野に入れている新型RAFFISTAであれば当然のスペックだろう。雨が降っていても、マッドコンディションであってもスピードがコントロール下にあることは、ライドの安心感に繋がるはずだ。

フジ RAFFISTA(カーキ)フジ RAFFISTA(カーキ) (c)アキボウ
ホイールとタイヤの組み合わせも変更されている。これまでは700×32Cというサイジングが採用されていたのに対し、今作からはホイールサイズは650B、タイヤ幅は1.75インチ(約4.4cm)と現在のグラベルバイクのスタンダードが採用されることに。また、フレームは2.2インチのタイヤまで装着できるため、トレイルで楽しむためのMTBへのアレンジも可能だ。

コンポーネントもグラベル、アドベンチャー系バイクでは定番のフロントシングルが採用されている。グラベルではトラブルの可能性が少ないことがメリットとなり、日常の足として乗る場合はメンテナンスが簡素化することがメリットとなる。カラーリングもシンプルな色合いに変更されており、普段着とのマッチングも良さそうだ。価格は89,000円(税抜)。

フジ RAFFISTAフジ RAFFISTA (c)アキボウ
フジ RAFFISTAフジ RAFFISTA (c)アキボウ


フジ RAFFISTA
フレーム:Fuji A2-SL alloy w/ aero top tube, double water bottle mounts
フォーク:Fuji 1 1/8" Fuji CrMo streight fork w/ eyelets
クランクセット:FSA 1×10, 40T
リアディレイラー:Shimano DEORE 10-speed
シフター:Shimano DEORE 10-speed
ホイール:Fuji 650B 28/28H custom alloy clincher wheel
タイヤ:Chaoyang 27.5×1.75
ブレーキ:Shimano MT200
重量:11.4kg
サイズ:15"、17"、19"、21"
カラー:マットブラック、カーキ
価格:89,000円(税抜)