デローザがピニンファリーナとタッグを組んだバイクの第2弾を用意した。唯一無二のフレームザインが採用されたMETAMORPHOSISは、街乗り用装備のUrbanモデルとグラベル走行も念頭に置かれたSportモデルの2種類がラインアップされている。



デローザ METAMORPHOSIS(Urban)デローザ METAMORPHOSIS(Urban) (c)デローザ
デローザがデザインカンパニーのピニンファリーナとタッグを組み、生み出したエアロロードSK Pininfarina。SKは1秒でも早くフィニッシュにたどり着くために開発されたピュアレーシングモデルだったが、今回デローザとピニンファリーナが作り上げたのは都市で生活するサイクリストのためのユーティリティ(多目的)バイク「METAMORPHOSIS(メタモルフォシス)」だ。

トップチューブとシートステー集合部の造形は芸術的な美しさを持ち、サイクリストのみならず街の人々から視線を集めることだろう。堂々としたフォルムの造形は何かと比べることはできない唯一無二の存在だ。絶対的な存在感を放つMETAMORPHOSISを所有する喜びはこの上ない贅沢であり、他のバイクでは味わえないはずだ。

唯一無二のフレームデザインを採用する唯一無二のフレームデザインを採用する (c)デローザピニンファリーナのロゴが輝くトップチューブピニンファリーナのロゴが輝くトップチューブ (c)デローザ

アーバンバイクに最適なベルトドライブが採用されているアーバンバイクに最適なベルトドライブが採用されている ヘッドチューブを貫くトップチューブが特徴ヘッドチューブを貫くトップチューブが特徴


カテゴリーとしてはデローザにとって初となるスポーツユーティリティバイクとなる。開発においては2つのアプローチから行われており、都市で生活するサイクリストを念頭に置いたUrbanと、優美なフォルムを持ちながらグラベルも楽しめるSportという2種類の完成車が生み出されている。

2種類とも共通する点は、アーバンバイク用コンポーネントとして軽快車からスポーツ車への採用数が増えてきているベルトドライブ×内装変速のドライブトレインが搭載されている。この組み合わせは、裾を汚す心配が少なくメンテナンスフリー、さらに止まっていても変速が出来、漕ぎ出しがソフトで足にやさしい乗り味を持つなど、毎日自転車に乗るアーバンサイクリストにはピッタリだ。

デローザ METAMORPHOSIS(Sport)デローザ METAMORPHOSIS(Sport) (c)デローザ
市街地を走ることを想定しているUrbanはフラットバーを装着し、リラックスしたポジションでサイクリングを楽しむことができる仕様。一方でSportはドロップハンドルを装備することで、長距離ライドやグラベルを走行する際に複数のポジションをとることが可能となっている。他にもサドルなどがそれぞれの完成車の性格に合わせたパーツが搭載されている。

それぞれの完成車でフレームのカラーが異なり、UrbanはGrey Metal、SportはChromeでペイントされている。価格はSportが750,000円(税抜)、Urbanが680,000円(税抜)。サイズは49、52、56という3種類。また、別売のデローザとピニンファリーナのダブルネーム本革バッグもイタリアらしくファッショナブル。価格は未定だ。

デローザ METAMORPHOSIS(Urban)デローザ METAMORPHOSIS(Urban) (c)デローザ


デローザ METAMORPHOSIS
サイズ:49、52、56
カラー:Chrome(Sport)、Grey Metal(Urban)
コンポーネント:SHIMANO ALFINE ベルトドライブ内装8段
価格:750,000円(税抜、Sport)、680,000円(税別、Urban)