10月25日(木)、フランスで2019年ツール・ド・フランスのコースプレゼンテーションが開催され、マイヨジョーヌ100周年記念大会のコース全貌が明らかになった。ベルギーのブリュッセルで開幕する大会には5つの山頂フィニッシュが登場。タイムトライアルが短めのレイアウトだ。


ツール・ド・フランス2019コース全体図ツール・ド・フランス2019コース全体図 photo:A.S.O.2019年は総合リーダーの証であるマイヨジョーヌが導入されて100年目にあたる。ツールで5回総合優勝を飾っているエディ・メルクス(ベルギー)の1勝目から50周年を記念してベルギーの首都ブリュッセルで開幕を迎えるのは事前の発表の通り。そこから南に下ってフランスに入国し、ヴォージュ山脈や中央山塊(マッシフサントラル)を通過して2週目にかけてピレネー山脈へ。最終週にアルプス山脈を走り、最終日にパリでフィナーレを迎える。合計距離は3,460km。

初日の第1ステージは石畳坂ミュール・ド・ヘラールツベルヘンを含むフランドルらしいコースレイアウトで、集団スプリントを制したスプリンターがマイヨジョーヌを着ることになる。2019年もステージ1位10秒、2位6秒、3位4秒のボーナスタイムは継承されるが、マイヨジョーヌは翌日の第2ステージ・チームタイムトライアルで早速持ち主を変えることになりそうだ。

第3ステージでベルギーに別れを告げてフランスへ。スプリンター向きの2ステージをこなしてから、ツールはヴォージュ山脈に突入する。特に第6ステージのラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユ山頂フィニッシュは前半戦の大きなポイントになるだろう。ラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユは2012年と2014年、2017年に続く4回目の登場。しかし2019年はフィニッシュ地点が標高1,035mから1,140mに引き上げられており、その延長区間は最大勾配24%の未舗装路になる見通しだ。

中央山塊を走る第8〜10ステージは山がちでアップダウンの連続。アルビで大会最初の休息日を過ごし、ペイルスルド峠も登場する第12ステージでピレネー山脈に突入する。第13ステージは毎年欠かさず登場するポーの街を舞台に27kmの個人タイムトライアルが行われる。

7月8日(月)第3ステージ バンシュ〜エペルネー 214km7月8日(月)第3ステージ バンシュ〜エペルネー 214km photo:A.S.O.7月10日(水)第5ステージ サン=ディエ=デ=ヴォージュ〜コルマール 169km7月10日(水)第5ステージ サン=ディエ=デ=ヴォージュ〜コルマール 169km photo:A.S.O.
7月11日(木)第6ステージ ミュルーズ〜ラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユ 157km7月11日(木)第6ステージ ミュルーズ〜ラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユ 157km photo:A.S.O.7月13日(土)第8ステージ マコン〜サンテティエンヌ 199km7月13日(土)第8ステージ マコン〜サンテティエンヌ 199km photo:A.S.O.
7月14日(日)第9ステージ サンテティエンヌ〜ブリウド 170km7月14日(日)第9ステージ サンテティエンヌ〜ブリウド 170km photo:A.S.O.7月18日(木)第12ステージ トゥールーズ〜バニェール=ド=ビゴール 202km7月18日(木)第12ステージ トゥールーズ〜バニェール=ド=ビゴール 202km photo:A.S.O.

第14ステージにはトゥールマレー峠の山頂フィニッシュが登場。ステージ距離が117kmと短いため、距離19.4km/平均7.4%の名峰で高強度の登坂バトルが繰り広げられることになる。ピレネー最終日の第15ステージもミュール・ド・ペゲールを越えてからフォワの街を見下ろすプラ・ダルビ(距離11.8km/平均6.9%)にフィニッシュする難易度の高いもの。そこから最後の休息日を挟んでアルプス山脈へと向かう。

ヴァルス峠、イゾアール峠、ガリビエ峠を越える全長207kmの第18ステージは今大会最難関クラス。標高2,642mのガリビエ峠から一気に駆け下り、中腹のヴァロワールの街でフィニッシュを迎える。そして翌日の第19ステージにはフレンチアルプスの峠道として最も高い標高2,770mのイズラン峠(距離12.9km/平均7.5%)が登場。短め(123km)のステージはティーニュ(距離7.4km/平均7%)の山頂フィニッシュで締めくくられる。

最終日前日の第20ステージも131kmと短いが、その中にロズラン峠とロンジュフォワ峠、ヴァル・トランスが詰め込まれている。実質的な総合優勝者を決める標高2,365mのヴァル・トランスは距離33.4kmで平均5.5%。ここでマイヨジョーヌを手にした選手とチームを先頭に、最終日のパリ・シャンゼリゼを凱旋することになる。

全体の印象としてタイムトライアルの合計距離が短く、標高のある峠が多く登場。山頂フィニッシュの数も多く、例年以上にクライマー向きのレイアウトであると言える。コースプレゼンテーションに出席したクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)ら有力選手のコメントは後ほどお伝えします。

7月19日(金)第13ステージ ポー〜ポー 27km(個人TT)7月19日(金)第13ステージ ポー〜ポー 27km(個人TT) photo:A.S.O.7月20日(土)第14ステージ タルブ〜トゥールマレー 117km7月20日(土)第14ステージ タルブ〜トゥールマレー 117km photo:A.S.O.
7月21日(日)第15ステージ リムー〜フォワ 185km7月21日(日)第15ステージ リムー〜フォワ 185km photo:A.S.O.7月25日(木)第18ステージ アンブラン〜ヴァロワール 207km7月25日(木)第18ステージ アンブラン〜ヴァロワール 207km photo:A.S.O.
7月26日(金)第19ステージ サンジャン=ド=モーリエンヌ〜ティーニュ 123km7月26日(金)第19ステージ サンジャン=ド=モーリエンヌ〜ティーニュ 123km photo:A.S.O.7月27日(土)第20ステージ アルベールヴィル〜ヴァル・トランス 131km7月27日(土)第20ステージ アルベールヴィル〜ヴァル・トランス 131km photo:A.S.O.
ツール・ド・フランス2019ステージリスト
7月6日(土)第1ステージブリュッセル〜ブリュッセル192km
7月7日(日)第2ステージブリュッセル/王宮〜ブリュッセル/アトミウム27km(チームTT)
7月8日(月)第3ステージバンシュ〜エペルネー214km
7月9日(火)第4ステージランス〜ナンシー215km
7月10日(水)第5ステージサン=ディエ=デ=ヴォージュ〜コルマール169km
7月11日(木)第6ステージミュルーズ〜ラ・プランシュ・デ・ベル・フィーユ157km
7月12日(金)第7ステージベルフォール〜シャロン=シュル=ソーヌ230km
7月13日(土)第8ステージマコン〜サンテティエンヌ199km
7月14日(日)第9ステージサンテティエンヌ〜ブリウド170km
7月15日(月)第10ステージサン=フルール〜アルビ218km
7月16日(火)休息日
7月17日(水)第11ステージアルビ〜トゥールーズ167km
7月18日(木)第12ステージトゥールーズ〜バニェール=ド=ビゴール202km
7月19日(金)第13ステージポー〜ポー27km(個人TT)
7月20日(土)第14ステージタルブ〜トゥールマレー117km
7月21日(日)第15ステージリムー〜フォワ185km
7月22日(月)休息日
7月23日(火)第16ステージニーム〜ニーム177km
7月24日(水)第17ステージポン・デュ・ガール〜ギャップ206km
7月25日(木)第18ステージアンブラン〜ヴァロワール207km
7月26日(金)第19ステージサンジャン=ド=モーリエンヌ〜ティーニュ123km
7月27日(土)第20ステージアルベールヴィル〜ヴァル・トランス131km
7月28日(日)第21ステージランブイエ〜パリ/シャンゼリゼ127km
text:Kei Tsuji
photo:A.S.O.
Amazon.co.jp 
の画像 ツール・ド・フランス2018 スペシャルBOX(Blu-ray2枚組)
カテゴリー: DVD
著者:
出版社: 東宝
参考価格: ¥ 9,720
最安価格: ¥ 7,584
アマゾン価格: ¥ 7,584
の画像 世界最高のサイクリストたちのロードバイク・トレーニング:ツール・ド・フランスの科学
カテゴリー: Book
著者: ジェイムズ ウィッツ
出版社: 東京書籍
最安価格: ¥ 3,024
アマゾン価格: ¥ 3,024
の画像 PARKTOOL(パークツール) タイヤブート 3枚入 TB-2
カテゴリー: Sports
メーカー: PARKTOOL(パークツール)
参考価格: ¥ 659
最安価格: ¥ 490
アマゾン価格: ¥ 605