スプリンター向きの平坦コースが設定されたビンクバンク・ツアー第4ステージで、ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)がロングスパートを成功。残り1kmコーナーで抜け出たストゥイヴェンが追いすがるスプリンターたちを振り切った。


リーダージャージを着るマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ)が最前列に並ぶリーダージャージを着るマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ)が最前列に並ぶ photo:CorVos

ビンクバンク・ツアー2018第4ステージビンクバンク・ツアー2018第4ステージ photo:CorVosビンクバンク・ツアー第4ステージは、北海に面したビーチタウンのブランケンベルヘから内陸のアルドーイェを目指す166.3km。この日もいわゆるフランドル地方が舞台で、石畳区間が登場するものの名物の急坂は省略されている。獲得標高差300m前後の平坦ステージで、この日もボーナスタイムが絡む高速バトルが繰り広げられた。

UCIプロコンチネンタルチーム勢が序盤から逃げの姿勢を見せたものの、前日に逃げ切りを許した反省からメイン集団はどの逃げにもタイム差を与えない。さらに横風でのペースアップも加わり、レース中盤に形成されたニック・ファンデルライク(オランダ、ルームポット)ら4名の逃げも残り32km地点で吸収された。

『ゴールデンスプリント』と呼ばれるビンクバンク特有の3連続スプリントポイントではボーナスタイムをかけたスプリントが繰り広げられ、第1スプリントを3番手通過した総合2位ショーン・デビー(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス)がボーナスタイム1秒を獲得。しかし総合首位マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ)が第2スプリントを先頭通過してボーナスタイム3秒を獲得したため両者の総合タイム差は3秒に拡大している。

エネコツアー時代からの定番サーキットであるアルドーイェ周回コースでミケル・ヴァルグレン(デンマーク、アスタナ)がアタックしたものの、クリストファー・ユールイェンセン(デンマーク、ミッチェルトン・スコット)らのマークによってリードは奪えない。スプリンターチームが折り重なるようにしてポジションを争いながら、レースは大集団スプリントに向けてスピードを上げた。

横風区間でのペースアップにより分裂するメイン集団横風区間でのペースアップにより分裂するメイン集団 photo:CorVos
最大1分のリードを得たニック・ファンデルライク(オランダ、ルームポット)ら最大1分のリードを得たニック・ファンデルライク(オランダ、ルームポット)ら photo:CorVos
フランドル地方らしい石畳区間も登場フランドル地方らしい石畳区間も登場 photo:CorVos
残り1km地点の複合コーナーまで75km/h前後の猛スピードで突進したメイン集団。先頭で複合コーナーに突入したのはトレック・セガフレードで、一旦35km/h前後まで減速した集団の先頭からストゥイヴェンがするりと抜け出す。番手につけていたマッズ・ペデルセン(デンマーク、トレック・セガフレード)が減速したため、瞬間的にストゥイヴェンがリードを得た。

前夜の夕食中に思いついたという作戦で独走に持ち込んだストゥイヴェン。ワンティ・グループゴベールやミッチェルトン・スコットといったスプリンターチームがトップスピード65km/h強で巡航して追いかけたが時すでに遅し。先頭でリードを守ったストゥイヴェンが、カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)やゼネク・スティバル(チェコ、クイックステップフロアーズ)らの追撃を振り切った。

トレック・セガフレードのディルク・デモル監督のホームタウンであるアルドーイェで勝利したストゥイヴェンは「毎年この街を通る度にディルクは『今日は勝ってくれ!』と言っている。今回はメンバーの中で(ロングスパートの)アイデアを思いつき、監督たちがそれに同意してくれた。トレック・セガフレードが最速チームではないけど、残り1kmのシケイン(複合コーナー)まで先頭をキープする力はあった。成功を信じて作戦を遂行したんだ」と語る。

スプリンターたちを振り切ったジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)スプリンターたちを振り切ったジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード) photo:CorVos
チームメイトたちと作戦成功を喜ぶジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)チームメイトたちと作戦成功を喜ぶジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード) photo:CorVos
「当初はボーイ・ファンポッペルがシケインで隙間を作る役目を担う予定だったけど、彼がパンクでいなくなってしまったので、代わりにマッズ・ペデルセンがその役を担ってくれた。彼が後ろで減速して集団が離れてからは、フィニッシュラインまで振り返らずに全開走行。信頼してくれているチームメイトの働きに勝利で報いるのは最高の気分だ」とストゥイヴェン。ミラノ〜サンレモ10位、レコードバンク・E3ハーレルベーケ6位、ヘント〜ウェヴェルヘム9位、ロンド・ファン・フラーンデレン7位、パリ〜ルーベ5位と安定した成績を残しながらも勝利を逃していたストゥイヴェンがシーズン初勝利を飾った。

『ゴールデンスプリント』のボーナスタイムで総合リードを広げたモホリッチが緑のリーダージャージをキープ。第1ステージの優勝者ファビオ・ヤコブセン(オランダ、クイックステップフロアーズ)が体調不良でリタイアしたため、赤いポイント賞ジャージはステージ2位ユアンの手に渡っている。

三輪車を獲得した総合首位マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ)三輪車を獲得した総合首位マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ) photo:CorVos
ビンクバンク・ツアー2018第4ステージ結果
1位ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)3:44:46
2位カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)
3位ゼネク・スティバル(チェコ、クイックステップフロアーズ)
4位リュディガー・ゼーリッヒ(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
5位ティモシー・デュポン(ベルギー、ワンティ・グループゴベール)
6位ジャンピエール・ドリュケール(ルクセンブルク、BMCレーシング)
7位ライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ)
8位トム・ヴァンアスブロック(ベルギー、EFエデュケーションファースト・ドラパック)
9位ダニエル・ホールゴール(ノルウェー、グルパマFDJ)
10位ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)
個人総合成績
1位マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・メリダ)11:48:28
2位ショーン・デビー(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス)0:00:03
3位シュテファン・キュング(スイス、BMCレーシング)0:00:22
4位マキシム・ヴァントム(ベルギー、WBアクアプロテクト)0:00:28
5位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)0:00:30
6位タコ・ファンデルホールン(オランダ、ルームポット)0:00:32
7位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)0:00:36
8位ソーレンクラーク・アンデルセン(デンマーク、サンウェブ)0:00:37
9位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、クイックステップフロアーズ)0:00:41
10位アレックス・ドーセット(イギリス、カチューシャ・アルペシン)
ポイント賞
1位カレブ・ユアン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)47pts
2位ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)41pts
3位ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNLユンボ)40pts
チーム総合成績
1位BMCレーシング35:27:28
2位サンウェブ0:00:12
3位クイックステップフロアーズ0:00:15
text:Kei Tsuji
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 【季節限定】発売28年目 キリン秋味 [ 350ml×24本 ]
カテゴリー: Alcoholic Beverage
メーカー: キリンビール
最安価格: ¥ 5,698
アマゾン価格: ¥ 5,698
の画像 日本農産種苗 秋胡瓜(霜しらず)のタネ 秋作に最適な作りやすい胡瓜
カテゴリー: Home Improvement
メーカー: 日本農産種苗
参考価格: ¥ 216
の画像 秋
カテゴリー: eBooks