ツール・ド・スイス最終日前日の第8ステージを締めくくる大集団スプリント。ピュアスプリンターが揃うハイスピードバトルで、仏王者アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)がガビリア、クリストフ、サガン、ストゥイヴェンらを下した。


橋を通過するメイン集団を上空から橋を通過するメイン集団を上空から photo:CorVos

ツール・ド・スイス2018第8ステージツール・ド・スイス2018第8ステージ photo:Tour de Suisseツール・ド・スイス第8ステージはイタリア語圏ベッリンツォーナの21.5km周回コースを6周する123.8km(ニュートラル区間5.2kmを除く)。山がちなスイスにしては珍しく平坦基調の周回コースで、カテゴリー山岳も設定されておらず、ステージ全体の獲得標高差は1,000mに満たない。厳しい山岳3連戦を乗り越えたピュアスプリンターたちにラストチャンスが回ってきた。

ウィリー・スミット(南アフリカ、カチューシャ・アルペシン)、エドワード・ダンバー(アイルランド、アクアブルースポート)、ネイサン・ブラウン(アメリカ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)、ポール・オウスラン(フランス、ディレクトエネルジー)の4名が序盤から逃げグループを形成したものの、ラストチャンスをものにしたいクイックステップフロアーズやボーラ・ハンスグローエ、ロット・スーダルが集団先頭に立ってパトロールしたためタイム差は2分前後で推移。残り28km地点でタイム差は1分を割り込み、最終周回に差し掛かるころには30秒まで縮まった。

早すぎる逃げ吸収を避けたいメイン集団はペースを調整しながら、スプリンターチームが隊列を組み直して勝負に備えながら、残り5km地点で逃げグループを吸収する。以下は周回コースのラップタイムと平均スピード、そしてジャック・ヘイグ(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)の平均出力。

周回/ラップタイム/平均スピード/ヘイグの平均出力
2周目 29分43秒 42.8km/h 189W
3周目 28分41秒 44.4km/h 203W
4周目 28分23秒 44.8km/h 195W
5周目 27分19秒 46.6km/h 227W
6周目 25分23秒 50.1km/h 272W

逃げるネイサン・ブラウン(アメリカ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)ら4名逃げるネイサン・ブラウン(アメリカ、EFエデュケーションファースト・ドラパック)ら4名 photo:CorVos
伊藤雅和(NIPPOヴィーニファンティーニ)とシルヴァン・ディリエ(スイス、アージェードゥーゼール)伊藤雅和(NIPPOヴィーニファンティーニ)とシルヴァン・ディリエ(スイス、アージェードゥーゼール) photo:CorVos
イエロージャージを着て最後のロードステージを走るリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)イエロージャージを着て最後のロードステージを走るリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング) photo:CorVos
逃げ吸収後、グルパマFDJとボーラ・ハンスグローエがメイン集団の先頭で競り合いながらフィニッシュに向かって突き進んだ。残り1kmアーチを前に主導権を握ったのはグルパマFDJ。ラモン・シンケルダム(オランダ)とジャコポ・グアルニエーリ(イタリア)がアルノー・デマール(フランス)のためにリードアウトを見せる。

残り500mでクイックステップフロアーズのマキシミリアーノ・リケーゼ(アルゼンチン)とフェルナンド・ガビリア(コロンビア)が後方から加速してグルパマFDJの前に出る。ガビリアの後ろにデマール、アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)、ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)が続き、緩いコーナーを曲がりながらスプリントが始まった。

残り200mでコーナーのイン側を突いたガビリアと、仕事を終えたリケーゼをアウト側から抜いてスプリントしたデマール。最短ラインを突き進んだガビリアだったが、デマールのスプリントが伸びた。トップスピードに乗った状態からケイデンス112rpm前後でトップギアを踏んだデマールが最高速68.4km/hでガビリアをパス。サガンやクリストフの追い上げを阻止した青白赤のフランスチャンピオンジャージが大きく両手を広げた。

ボーラ・ハンスグローエとクイックステップフロアーズがメイン集団を牽引するボーラ・ハンスグローエとクイックステップフロアーズがメイン集団を牽引する photo:CorVos
スプリントで競り合うペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)やアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)、フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)スプリントで競り合うペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)やアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)、フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ) photo:CorVos
大集団スプリントを制したアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)大集団スプリントを制したアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ) photo:CorVos
デマールは「大集団でのスプリントは今大会初めて。ツールに向けた重要な指標になるこのレースで、チームの完璧な仕事を勝利に結びつけることができてとても満足している。この美しいナショナルチャンピオンジャージを着て走る最後のレースで勝つことができて本当に良かった」と、今シーズン2勝目、キャリア通算49勝目を喜ぶ。スイスでは2013年の第4ステージでも優勝しており、これがステージ通算2勝目。今大会の前半ステージでは山岳で遅れて勝負に絡めずにいた。

「マックス(リケーゼ)が完璧なタイミングで先頭まで引き上げてくれて残り200mからスプリントに持ち込んだけど、今日はデマールのほうが強かった」と語るのはステージ2位のガビリア。初出場するツール・ド・フランスに向けて調子を上げる23歳は「敗れたものの、調子の良い状態が続いていることを前向きに捉えたい。このツール・ド・スイス終了後、リヴィーニョで高地トレーニングを行なってツールの準備を仕上げたい」と語っている。

フィニッシュ地点での獲得ポイントが比較的低く、中間スプリントでの獲得ポイントが高いツール・ド・スイスのポイント賞において、この日ステージ4位のサガンが首位に返り咲いた。自身7回目(2016年はリケーゼ獲得)のポイント賞獲得をほぼ確定させたサガンは「全力を尽くした。もちろんステージ優勝できれば良かったけど、スプリントは見た目以上に複雑で難しいんだ。調子の良さには満足しているし、引き続き今後のレースに向けてトレーニングを続けるよ」と、他のスプリンターたちと同様に7月の大一番に目を向ける。

総合上位陣は同タイムでフィニッシュし、リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)が総合首位をキープ。ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)に対して17秒のリードで最終日の34.1km個人タイムトライアルに挑むポートは「集団内はとても混沌としていて、ストレスも多くて落ち着く暇もなかった。フィル・アンダーソンに続く史上2人目のオーストラリア人総合優勝者になる夢の実現がすぐそこに迫っている。明日の個人タイムトライアルをしっかりこなしたい」と語っている。

ツール・ド・スイス2018第8ステージ
1位アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)2:41:07
2位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)
3位アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、UAEチームエミレーツ)
4位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
5位ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)
6位ジョン・デゲンコルプ(ドイツ、トレック・セガフレード)
7位レイナルト・ヤンセファンレンズバーグ(南アフリカ、ディメンションデータ)
8位ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)
9位アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・スーダル)
10位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)
個人総合成績
1位リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシング)28:47:17
2位ナイロ・キンタナ(コロンビア、モビスター)0:00:17
3位ウィルコ・ケルデルマン(オランダ、サンウェブ)0:00:52
4位エンリク・マス(スペイン、クイックステップフロアーズ)0:00:53
5位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)0:01:13
6位ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ)0:01:28
7位ミケル・ランダ(スペイン、モビスター)0:01:31
8位ステフェン・クライスヴァイク(オランダ、ロットNLユンボ)0:01:37
9位シモン・スピラク(スロベニア、カチューシャ・アルペシン)0:01:48
10位バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)0:02:26
ポイント賞
1位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)26pts
2位マイケル・マシューズ(オーストラリア、サンウェブ)24pts
3位フェルナンド・ガビリア(コロンビア、クイックステップフロアーズ)24pts
山岳賞
1位マーク・クリスティアン(イギリス、アクアブルースポート)36pts
2位ネイサン・ハース(オーストラリア、カチューシャ・アルペシン)32pts
3位ロメン・シカール(フランス、ディレクトエネルジー)24pts
ヤングライダー賞
1位エンリク・マス(スペイン、クイックステップフロアーズ)28:48:10
2位サム・オーメン(オランダ、サンウェブ)0:00:20
3位ビョルグ・ランブレヒト(ベルギー、ロット・スーダル)0:02:22
チーム総合成績
1位アスタナ85:49:02
2位アージェードゥーゼール0:01:42
3位モビスター0:03:50
text:Kei Tsuji
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 パナレーサー バルブエクステンダー 20mm 2本セット  [2ピース仏式バルブ用]  バルブコアツール付属VE-20
カテゴリー: Sports
メーカー: パナレーサー(Panaracer)
参考価格: ¥ 1,583
最安価格: ¥ 1,175
アマゾン価格: ¥ 1,436
の画像 TOPEAK(トピーク) Presta Value Extender XL
カテゴリー: Sports
メーカー: トピーク(TOPEAK)
参考価格: ¥ 1,404
最安価格: ¥ 1,123
アマゾン価格: ¥ 1,285
の画像 パナレーサー バルブエクステンダー  2本セット シンクロ バルブエクステンダー[SE-38] 空気圧調整対応SE-38
カテゴリー: Sports
メーカー: パナレーサー(Panaracer)
参考価格: ¥ 3,292
最安価格: ¥ 2,301
アマゾン価格: ¥ 2,736