超級山岳ヴァルモレルにフィニッシュするクリテリウム・デュ・ドーフィネ第5ステージで、強力なアタックを成功させた前日2位のダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)が優勝。マイヨジョーヌは再びチームスカイの中で引き継がれた。


チームスカイを先頭に進むメイン集団チームスカイを先頭に進むメイン集団 photo:CorVos

クリテリウム・デュ・ドーフィネ2018第5ステージクリテリウム・デュ・ドーフィネ2018第5ステージ photo:A.S.O.ドーフィネ山岳4連戦の2日目は、2013年にクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)がステージ優勝を飾っている超級山岳ヴァルモレル(全長12.7km/平均7.1%)にフィニッシュ。距離は130kmと短いが獲得標高差は2,700mある。

スタート直後の2連続2級山岳で9名の逃げグループが形成され、山岳賞ジャージを着るダリオ・カタルド(イタリア、アスタナ)がポイントを獲得していく。役目を終えたカタルドが集団に下がり、トーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)やアレクシ・グジャール(フランス、アージェードゥーゼール)、カルロス・ベローナ(スペイン、ミッチェルトン・スコット)ら8名が逃げを継続した。

逃げグループの中で総合成績が最も良いエドワルド・ラヴァージ(イタリア、UAEチームエミレーツ)は首位ジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)から9分56秒遅れ。チームスカイはタイム差3分をキープした状態で平坦区間を駆け抜け、後半に入るとボーラ・ハンスグローエがメイン集団を率いて逃げを追いかける。バーレーン・メリダも集団牽引に加わると、残り19km地点で早くもタイム差は1分を切った。

超級山岳ヴァルモレルの登坂が始まった時点で逃げグループのリードはわずか20秒。チームスカイが率いる集団が後方に迫り来る中、ラヴァージ、ニコラ・エデ(フランス、コフィディス)、ローレンス・デプルス(ベルギー、クイックステップフロアーズ)の3名が先頭で逃げ続けた。全長12.7kmの登り中盤で独走に持ち込んだエデも残り4km地点で吸収されている。

スタート地点で愛犬コリンを抱く新城幸也(バーレーン・メリダ)スタート地点で愛犬コリンを抱く新城幸也(バーレーン・メリダ) photo:CorVos
逃げグループを形成するトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)ら逃げグループを形成するトーマス・デヘント(ベルギー、ロット・スーダル)ら photo:CorVos
マイヨジョーヌを着て走るジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)マイヨジョーヌを着て走るジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ) photo:CorVos
残り7kmを切ると、淡々とハイペースを刻んだチームスカイに代わってミッチェルトン・スコットが先頭へ。ダミアン・ホーゾン(オーストラリア、ミッチェルトン・スコット)のペースアップによって集団からは脱落者が続出し、マイヨジョーヌのモスコンもポジションを下げてしまう。

均衡を破ったのはマルク・ソレル(スペイン、モビスター)のアタック。すぐさまアダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)がカウンターアタックを仕掛けると、モスコンに続いてミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)も脱落する。そこからフィニッシュまでクウィアトコウスキーはモスコンをサポートしたが、トップから1分以上遅れる結果となった。

先頭では、残り3km地点でダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)が強烈なアタックを成功させた。総合20位/2分40秒遅れのマーティンには誰も反応せず、タオ・ゲオゲガンハート(イギリス、チームスカイ)率いる小集団が10秒程度のタイム差で追走する。残り1km地点でゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)が自ら追走を開始すると、ここにロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)が食らいついた。

先頭マーティンを追ってシッティングでペースを上げるトーマスから、バルデが苦しい表情を浮かべながら遅れていく。トーマスは快調に追走を続けたものの先頭マーティンには4秒届かず。マーティンが前日のステージ2位の悔しさを払拭するステージ優勝を飾った。

残り3km地点で鋭いアタックを成功させたダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)残り3km地点で鋭いアタックを成功させたダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ) photo:CorVos
ゲオゲガンハートのアシストを受けるゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)ゲオゲガンハートのアシストを受けるゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ) photo:CorVos
トーマスに追いつかせることなくフィニッシュするダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)トーマスに追いつかせることなくフィニッシュするダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ) photo:CorVos
ハウッスラーらとフィニッシュを目指す新城幸也(バーレーン・メリダ)ハウッスラーらとフィニッシュを目指す新城幸也(バーレーン・メリダ) photo:CorVos
UAEチームエミレーツ移籍後に低迷していた31歳がシーズン初勝利。総合順位を20位から14位まで上げたマーティンは「チームTTでタイムを伸ばせず総合成績を落としていたので、自分がアタックしても誰も追ってこないと思っていた。イェーツのアタックで誰もがレッドゾーンを迎えていると判断してアタックしたんだ。自分でもラスト3kmの力強い走りには驚いた。自分にとってもチームにとっても難しいシーズンが続いていたので、今日ようやく成績を残せて本当に嬉しい」と喜ぶ。超級山岳ヴァルモレル(全長12.7km/平均7.1%)のマーティンの登坂タイムは31分50秒で、平均スピードは23.9km/h。2013年のフルームの登坂タイムよりも約1分早かった。

バルデ、イェーツ、エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)らの追走を振り切ってステージ2位に入ったトーマスが総合首位に浮上。チームメイトからマイヨジョーヌを引き継いだトーマスは「最後の登りでは全てがコントロール下にあった。ミッチェルトン・スコットがイェーツのためにペースを上げたけど集団は崩れず、マーティンが飛び出してからはタオ(ゲオゲガンハート)が本当に素晴らしい走りで追走してくれた。そして残り1kmを切ったところで、ライバルたちを引き離すためにアタック。プロローグでの転倒の二の舞は御免なので、最終コーナーはゆっくり曲がったよ」と語る。

7月のツール・ド・フランスでフルームとダブルエースを組むトーマスは「この山岳4連戦は自分が経験したことがないほど厳しい4日間であり、今日よりも厳しい山岳ステージがまだ残っている。明日はマイヨジョーヌを守りたいけど、もちろんスーパーハードな戦いになる。ここまで良い展開だけど、まだ何でも起こり得る」とコメント。翌日は距離110kmという短いコースに4つの難関山岳が詰め込まれた厳しいステージだ。

念願のシーズン1勝目を飾ったダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)念願のシーズン1勝目を飾ったダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ) photo:CorVos
マイヨジョーヌを手にしたゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)マイヨジョーヌを手にしたゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ) photo:CorVos
クリテリウム・デュ・ドーフィネ2018第5ステージ結果
1位ダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)3:21:19
2位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)0:00:04
3位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)0:00:15
4位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:16
5位ダニエル・ナバーロ(スペイン、コフィディス)
6位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)
7位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシング)0:00:24
8位イルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン)
9位ギヨーム・マルタン(フランス、ワンティ・グループゴベール)0:00:26
10位アントワン・トルホーク(オランダ、ロットNLユンボ)
21位ジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)0:01:13
80位新城幸也(日本、バーレーン・メリダ)0:11:48
個人総合成績
1位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)17:16:53
2位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシング)0:01:09
3位ジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)
4位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)0:01:10
5位ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド、チームスカイ)0:01:15
6位アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)0:01:18
7位ロマン・バルデ(フランス、アージェードゥーゼール)0:01:53
8位ボブ・ユンゲルス(ルクセンブルク、クイックステップフロアーズ)0:02:03
9位マルク・ソレル(スペイン、モビスター)0:02:10
10位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)0:02:23
ポイント賞
1位ダリル・インピー(南アフリカ、ミッチェルトン・スコット)45pts
2位パスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)45pts
3位ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)37pts
山岳賞
1位ダリオ・カタルド(イタリア、アスタナ)23pts
2位ダニエル・マーティン(アイルランド、UAEチームエミレーツ)18pts
3位ゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)15pts
ヤングライダー賞
1位ジャンニ・モスコン(イタリア、チームスカイ)17:18:02
2位マルク・ソレル(スペイン、モビスター)0:01:01
3位ティシュ・ベノート(ベルギー、ロット・スーダル)0:01:15
チーム総合成績
1位チームスカイ50:39:00
2位アージェードゥーゼール0:08:56
3位コフィディス0:11:48
text:Kei Tsuji
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 ガーミン エッジ(Edge) 130 日本版 スピード ケイデンス セット GPS ブルートゥース
カテゴリー: Sports
メーカー: ガーミン
最安価格: ¥ 30,400
アマゾン価格: ¥ 31,482
の画像 Wahoo ELEMNT GPSサイクルコンピュータ
カテゴリー: Sports
メーカー: WAHOO(ワフー)
最安価格: ¥ 38,600
アマゾン価格: ¥ 39,800
の画像 GARMIN(ガーミン) Edge520J 136807
カテゴリー: Sports
メーカー: GARMIN(ガーミン)
最安価格: ¥ 34,642
アマゾン価格: ¥ 34,992