国内最高峰のステージレース、ツアー・オブ・ジャパンに出場したチームのバイクを紹介する第1弾。まずはバーレーン・メリダ、イスラエルサイクリングアカデミー、愛三工業レーシング、JLTコンドール、そしてLXサイクリングの5チームを紹介。JPTプロバイクと併せて読み進めて欲しい。



バーレーン・メリダ
メリダ SCULTURA TEAM-E、REACTO TEAM-E


グレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)のメリダ REACTO TEAM-Eグレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)のメリダ REACTO TEAM-E photo:So.Isobe
唯一のUCIワールドチームとして参加したバーレーン・メリダは選手によってバイク選択が異なった。新城幸也やステージ2勝をマークしポイント賞に輝いたグレガ・ボーレ(スロベニア)はエアロロードREACTOで、登りを得意とするヴァレリオ・アニョーリ(イタリア)や、元々MTBのクロスカントリーエンデュランス選手だったハーマン・ペーンシュタイナー(オーストリア)は軽量モデルのSCULTURAを選んでいた。

ボーレのハンドルはヴィジョンの未発表モデルMetron 6D。直線的な上ハンドルデザインが特徴ボーレのハンドルはヴィジョンの未発表モデルMetron 6D。直線的な上ハンドルデザインが特徴 photo:So.Isobe上ハンドル左右にスプリンタースイッチが仕込まれたヴァレリオ・アニョーリ(イタリア)のバイク上ハンドル左右にスプリンタースイッチが仕込まれたヴァレリオ・アニョーリ(イタリア)のバイク photo:So.Isobe

タイヤはコンチネンタルの供給専用品、COMPETITION PRO LTD(25mm)タイヤはコンチネンタルの供給専用品、COMPETITION PRO LTD(25mm) photo:So.Isobe9000世代のデュラエースに対応したSRMのカーボンクランクを使う9000世代のデュラエースに対応したSRMのカーボンクランクを使う photo:So.Isobe

ヴァレリオ・アニョーリ(イタリア)とハーマン・ペーンシュタイナー(オーストリア)はSCULTURA TEAM-Eを使用したヴァレリオ・アニョーリ(イタリア)とハーマン・ペーンシュタイナー(オーストリア)はSCULTURA TEAM-Eを使用した photo:So.Isobe
SRMのカーボンクランクを搭載したR9150系デュラエースDi2、フルクラムのSPEEDシリーズホイール、ヴィジョン/FSAのパーツ類などはチームとして基本のアッセンブル。アニョーリのバイクの上ハンドル部分には左右にスプリンタースイッチが用意され、ヒルクライム中の変速操作を行いやすいように工夫されていた。

また、ボーレのハンドルはヴィジョンの未発表モデルMetron 6D。既存のMetron 5Dとは異なり、上ハンドル部がストレート形状になっている点が特徴だ。デーヴィッド・ペル(スロベニア)とワン・メイイン(中国)のハンドルはMetron 5D。タイヤはコンチネンタルのプロ供給専用品、COMPETITION PRO LTD。ALXの表記がある25mmで統一されていた。



イスラエルサイクリングアカデミー
デローザ PROTOS、SK Pininfarina


ミッヘル・ライム(エストニア、イスラエルサイクリングアカデミー)のデローザ PROTOSSK Pininfarinaミッヘル・ライム(エストニア、イスラエルサイクリングアカデミー)のデローザ PROTOSSK Pininfarina photo:So.Isobe
ジロ・デ・イタリアへの初出場を遂げ、同時開催のツアー・オブ・ジャパンにも初参戦したイスラエルサイクリングアカデミーが駆るのはデローザ。昨年まで使用したキャノンデールからの変更で、デローザは今季NIPPOヴィーニファンファンティーニ・エウロパオヴィーニとカハルーラル・セグロスRGAを併せて3つのプロコンチームに機材供給中と、プロトンでの存在感を高めている。

イスラエルサイクリングアカデミーのデローザ PROTOSイスラエルサイクリングアカデミーのデローザ PROTOS photo:So.Isobe
ラメが入ったきらびやかなペイントラメが入ったきらびやかなペイント photo:So.IsobePOWER2MAXとFSAのクランク/チェーンリングを組み合わせるPOWER2MAXとFSAのクランク/チェーンリングを組み合わせる photo:So.Isobe

タイヤはシュワルベのPRO ONE HT(25mm)タイヤはシュワルベのPRO ONE HT(25mm) photo:So.IsobeホイールはヴィジョンのMETRONシリーズを使い分けるホイールはヴィジョンのMETRONシリーズを使い分ける photo:So.Isobe


基本的にはオールラウンドモデルのPROTOSを使うが、ステージ1勝を挙げたスプリンターのミッヘル・ライム(エストニア)は東京ステージでエアロモデルのSK Pininfarinaをチョイス(美濃ステージで勝利した際はPROTOS)した。メンバー中唯一となる54Tのアウターチェーンリングや、リム高81mmのMETRON 81 SLと組み合わせたスプリンターバイク然とした姿が印象的だった。

METRONシリーズのホイールやハンドル、K-FORCE LIGHTのクランクなどFSA/ヴィジョンのパーツが多く投入されており、コンポーネントはR9150系デュラエースDi2。多くのバイクにPOWER2MAXのパワーメーターが搭載され、チェーンはKMCのX11EL TI-GOLD。タイヤはシュワルベのPRO ONE HT(25mm)で、ペダルはスピードプレイ。



愛三工業レーシング
キューブ LITENING C:68 SL


愛三工業レーシングのキューブ LITENING C:68 SL愛三工業レーシングのキューブ LITENING C:68 SL photo:So.Isobe
ステムには愛三工業のステッカーステムには愛三工業のステッカー photo:So.IsobeタイヤはコンチネンタルのCompetition(25mm)タイヤはコンチネンタルのCompetition(25mm) photo:So.Isobe


愛三工業レーシングは今年もドイツブランドのキューブから機材供給を受ける。昨年はミドルグレードのC:62だったが、今年から最高峰モデルのC:68 SLへと切り替わった。ダークブルーとネオンイエローの塗り分けは販売ラインナップに存在しない、ワンティ・グループゴベールと同じカラーリングだ。

シマノがサプライヤーを務め、コンポーネントはR9150系デュラエースDi2。ツアー・オブ・ジャパンからパワーメーター付きクランクFC-R9100-Pが全バイクに搭載されており、ホイールも同C40とC60、もしくは9000世代のC24を使い分ける。ハンドルやステム類もPRO製品率が高い。タイヤはコンチネンタルのCompetition(25mm)で、サイクルコンピュータはキャットアイ。ボトルケージはトピーク。

トピークのボトルケージトピークのボトルケージ photo:So.Isobeツアー・オブ・ジャパンから全バイクにFC-R9100-Pを搭載ツアー・オブ・ジャパンから全バイクにFC-R9100-Pを搭載 photo:So.Isobe




JLTコンドール
コンドール LEGGERO


JLTコンドールのコンドール LEGGEROJLTコンドールのコンドール LEGGERO photo:So.Isobe
2010年と2014年に続く3度目のツアー・オブ・ジャパン参戦を果たしたJLTコンドール。ロンドンに店舗を構える老舗サイクルショップのオリジナルブランド「コンドール」のスポンサードを受け、全メンバーがハイエンドモデルのLEGGEROを使用中だ。なおコンドールバイクの販売は東京、新橋のAvant Cyclesが窓口を務めている。

ホイールはBORA ONE。35と50を使い分けるホイールはBORA ONE。35と50を使い分ける photo:So.Isobeハンドル周りはフィジーク製品で統一ハンドル周りはフィジーク製品で統一 photo:So.Isobe

カンパニョーロのボトルケージを使用するカンパニョーロのボトルケージを使用する photo:So.Isobeなぜか「柏原ぶどう」のステッカーが貼られたバイクもなぜか「柏原ぶどう」のステッカーが貼られたバイクも photo:So.Isobe


チームカラーのネイビーとワインレッドを配したフレームに搭載されるのは、カンパニョーロのスーパーレコードEPS(一部レコードEPS)。カンパニョーロのスポンサードを受けているためホイールはもちろんボトルケージまで同社製品で統一されている。パワーメーターはドイツのPOWER2MAXで、カンパニョーロとの組み合わせはモビスターやロット・スーダルと同じ。

ハンドル周りとサドルはフィジークで、ハンドルはカーボンではなくアルミ製。タイヤはコンチネンタルのプロ供給専用品、COMPETITION PRO LTD(25mm)だった。なぜかフレームに大阪のヒルクライムの名所にある「柏原ぶどう」のステッカーが貼られたバイクがあった。



LXサイクリングチーム
フォーカス IZALCO MAX


LXサイクリングチームのフォーカス IZALCO MAXLXサイクリングチームのフォーカス IZALCO MAX photo:So.Isobe
カラフルな「FREESTYLE」デザイン。2018年の市販カラーだカラフルな「FREESTYLE」デザイン。2018年の市販カラーだ photo:So.Isobeパク・サンホン(韓国)のステムはPROのVIBE SPRINTパク・サンホン(韓国)のステムはPROのVIBE SPRINT photo:So.Isobe


2017年のアジアロード王者であるパク・サンホンらを抱えて参戦した韓国のLXサイクリングチーム。ツール・ド・とちぎやツール・ド・熊野など積極的に来日している同チームの機材はフォーカスのIZALCO MAX。カラフルな「FREESTYLE」デザインの2018年モデルを全メンバーが使用中だ。

シマノのサポートを受けるため、コンポーネントはR9150系デュラエースDi2、同ホイール、PROのハンドル・ステムなど同社製品の割合が高い。唯一東京ステージまでたどり着いたサンホンのバイクには、かつてマーク・カヴェンディッシュのために開発されたと言われるVIBE SPRINTステムが取付けられていた。その他、サドルとバーテープはフィジーク、シートポストはBBB。

text&photo:So.Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ リアディレーラー RD-R9100 11S 対応CS ロー側最大25-30T (トップ14Tギア対応) 33600
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 23,730
最安価格: ¥ 17,497
アマゾン価格: ¥ 17,800
の画像 シマノ  DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ ペダル PD-R9100 33604
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 26,443
最安価格: ¥ 17,930
アマゾン価格: ¥ 17,930