ツアー・オブ・ジャパンの第2ステージとなる京都ステージが行われ、雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)が優勝し、ポイント賞も獲得した。個人総合首位はグレガ・ボーレ(バーレーン・メリダ)。山岳賞は草場啓吾(日本ナショナルチーム)が獲得した。



普賢寺小学校前をスタート普賢寺小学校前をスタート @2018TOJ
ツアー・オブ・ジャパン2日目は京都ステージ。普賢寺ふれあいの駅をスタートして同志社大学構内をパレードし、京田辺市と精華町にまたがる1周16.8kmの周回コースを6周する。

朝から晴れて夏のような日差しが照りつける1日。京田辺市では6月上旬並みの27℃の最高気温を記録した。レースは最高気温まで上がる前に終わったものの、5月としては暑い中でのレースとなった。

登りのヘアピンカーブに集まった観客の前を行く集団登りのヘアピンカーブに集まった観客の前を行く集団 photo:Satoru Kato
京都ステージのファーストアタックは安原大貴(マトリックスパワータグ)京都ステージのファーストアタックは安原大貴(マトリックスパワータグ) photo:Satoru Kato木村圭佑(シマノレーシング)を先頭に安原大貴(マトリックスパワータグ)を追う3人木村圭佑(シマノレーシング)を先頭に安原大貴(マトリックスパワータグ)を追う3人 photo:Satoru Kato

リアルスタートが切られると、安原大貴(マトリックスパワータグ)がアタック。これに木村圭佑(シマノレーシング)、コナー・ブラウン(アメリカ、チームイルミネイト)、草場啓吾(日本ナショナルチーム)が追従。4人の逃げが容認される。メイン集団は目立ってコントロールするチームが無いこともあり、2周目には4分以上の差がつく。

逃げ集団では3周目と5周目の中間スプリント賞を安原が獲り、山岳賞は3周目を木村、5周目を草場が獲り、周回を重ねる。

4人を送り出して横に広がるメイン集団4人を送り出して横に広がるメイン集団 photo:Satoru Kato3周目 1回目の山岳賞を争う木村圭佑(シマノレーシング)とコナー・ブラウン(アメリカ、チームイルミネイト)3周目 1回目の山岳賞を争う木村圭佑(シマノレーシング)とコナー・ブラウン(アメリカ、チームイルミネイト) photo:Satoru Kato

5人の逃げ集団が最終周回へ5人の逃げ集団が最終周回へ photo:Satoru Kato4周目、ディラン・サンダーランド(オーストラリア、ベネロング・スイスウェルネス)、シモン・ペロー(スイス、チームイルミネイト)の2人が追走して5周目に逃げ集団に合流。安原がメイン集団に戻って5人となった逃げ集団は、メイン集団に1分差をつけて最終周回に入る。その後差は詰まり、残り3km付近で吸収する。

集団は牽制しながら進む中、残り2kmを過ぎ、直角コーナーが連続する残り1kmに向かうところで、「コーナーで加速するようにしたら後ろが離れた」と言う雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)が単独で先行。反応が遅れた後続との差が開いた状態で最終コーナーへ。

フィニッシュまで数mを残してガッツポーズを繰り出す雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)フィニッシュまで数mを残してガッツポーズを繰り出す雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン) photo:Satoru Kato
宇都宮ブリッツェンの「先輩」栗村修氏から祝福される雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)宇都宮ブリッツェンの「先輩」栗村修氏から祝福される雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン) photo:Satoru Kato雨澤は残り200mのホームストレートに先頭で姿を現す。グレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)、マルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)がスプリントするも届かず、雨澤がガッツポーズと共にフィニッシュラインを超えた。日本人選手のツアー・オブ・ジャパンでの優勝は2016年の伊豆ステージでの新城幸也以来。国内チームの日本人選手の優勝は、2014年の東京ステージ優勝の西谷泰治(愛三工業レーシングチーム)以来4年ぶりだ。

表彰式でも「勝ったのが信じられない」と言っていた雨澤。「マジかよ?本当に勝っちゃったよという驚きでした。チームにとってもステージ優勝出来たことは大きいし、素直に喜びたいです。」と、初のUCIレース優勝を喜んだ。雨澤はポイント賞ジャージも獲得。明日のいなべステージは青いジャージを着てスタートする。

ポイント賞ジャージを着た雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)ポイント賞ジャージを着た雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン) photo:Satoru Kato
TOJキッズとグリーンジャージを着たグレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)TOJキッズとグリーンジャージを着たグレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ) photo:Satoru Kato山岳賞は草場啓吾(日本ナショナルチーム)山岳賞は草場啓吾(日本ナショナルチーム) photo:Satoru Kato


個人総合首位は、この日2位のボーレに変わった。「今日は勝てなかったけれど、リーダージャージを手に入れることが出来たのは嬉しい。できればこのグリーンジャージを何日か着ていたいし、強力なチームメイトがいるので守ることも可能だと思う。チームメイトには新城選手もいるので、彼が勝てるようなチャンスも作って行きたい」と、ボーレはコメントした。

また、京都ステージから設定される山岳賞は、草場啓吾(日本ナショナルチーム)が獲得。一緒に逃げた木村と同ポイントとなったが、順位が上の草場が山岳賞ジャージを着る。草場は昨年のツール・ド・北海道でも山岳賞争いをしており、ツアー・オブ・ジャパンでの活躍も期待される。

一方、宇都宮ブリッツェンは増田成幸がレース終盤に落車。自力でフィニッシュしたものの、背中の痛みを訴えており、病院で検査を受けることになった。明日の出走が可能なのかは不明だ。

明日の第3ステージは三重県のいなべステージ。「いなベルグ」と名付けられた急坂を含むコースが、前半戦のクライマックスを迎える。
ツアー・オブ・ジャパン2018 京都ステージ(105km) 結果
1位雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)2時間49分29秒
2位グレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)+0秒
3位マルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)
4位レイモンド・クレダー(オランダ、チーム右京)
5位オリバー・ウッド(イギリス、JLTコンドール)
6位ミッヘル・ライム(エストニア、イスラエルサイクリングアカデミー)
7位ロビー・ハッカー(オーストラリア、チーム右京)
8位シモーネ・ポンツィ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)
9位新城幸也(バーレーン・メリダ)
10位トマ・ルバ(フランス、キナンサイクリングチーム)
個人総合時間順位(京都ステージ終了時)
1位グレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)2時間52分37秒
2位マルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)+1秒
3位イアン・ビビー(イギリス、JLTコンドール)+4秒
4位オリバー・ウッド(イギリス、JLTコンドール)+5秒
5位ミッヘル・ライム(エストニア、イスラエルサイクリングアカデミー)
6位岡 篤志(宇都宮ブリッツェン)
ポイント賞(京都ステージ終了時)
1位雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)25p
2位マルコ・カノラ(イタリア、NIPPOヴィーニファンティーニ・エウロパオヴィーニ)25p
3位グレガ・ボーレ(スロベニア、バーレーン・メリダ)24p
山岳賞(京都ステージ終了時)
1位草場啓吾(日本ナショナルチーム)8p
2位木村圭佑(シマノ)8p
3位コナー・ブラウン(アメリカ、チームイルミネイト)2p
チーム総合時間賞(京都ステージ終了時)
1位JLTコンドール8時間38分7秒
2位ベネロング・スイスウェルネス+7秒
3位宇都宮ブリッツェン
text&photo:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 ご当地キューピー 京都限定 精華町のイチゴ 根付けストラップ コスチュームキューピー QP
カテゴリー: Hobby
メーカー: キューピー
最安価格: ¥ 980
アマゾン価格: ¥ 980
の画像 VOICEROID+ 京町セイカ EX ダウンロード版 [ダウンロード]
カテゴリー: Digital Software
メーカー: AHS
参考価格: ¥ 8,618
最安価格: ¥ 8,539
アマゾン価格: ¥ 8,539