平日なのにカターニア市内は人だかり。事前の発表の1,000m増しの獲得標高差3,500mステージで再びマリアローザ候補にタイム差が生まれた。シチリアで賑やかに再始動したジロ・デ・イタリア第4ステージの模様を現地からお届けします。


主催者が用意したチャーター機(ボーイング737)でイタリアに向かう主催者が用意したチャーター機(ボーイング737)でイタリアに向かう photo:Kei Tsuji
出走サイン台が置かれたカターニアのテアトロロマーノ出走サイン台が置かれたカターニアのテアトロロマーノ photo:Kei Tsuji
ピンクのヘルメットをかぶったルーポウルフィピンクのヘルメットをかぶったルーポウルフィ photo:Kei Tsuji
イタリア初日は地中海に浮かぶシチリア島第2の都市カターニア。石畳が敷かれた街中には古いスクーターが放つ排気ガスの匂いが漂い、見上げると真っ青な空にツバメが飛んでいるイタリアらしい光景。イスラエルにはなかったキャラバン隊が放つ大音量の音楽がカターニア中の人々を呼び寄せる。

話がそれるが、とても重要なことなので記しておくと、イタリアはやはりご飯が安くて美味い。イスラエルで1週間弱を過ごしてきた身体と頭がイタリアの全てに驚いている。ご飯の安さはもちろんのこと、例えば同じクオリティのホテルでもイスラエルの半額するかしないか。開幕から5日が経ってようやくイタリア一周レースが始まった感がある。

前日の午前中にシチリア入りした選手たちは、先に到着してメカニックによって組まれたバイクに乗って、30〜60kmを軽く流した。休息日とは言っても全くバイクに乗らないわけではなく、レースのリズムを崩さないためにも、そして移動で疲れた脚の血を巡らせるためにも、選手たちは3週間(細かく言えば24日間)毎日乗る。

連日30度を超えたイスラエルよりもシチリアは涼しく、最高気温は25度ほど。朝方は14度ほどまで下がるので、町中にはダウンジャケットを着込んでいる紳士淑女もいる。

カターニア中心部の出走サインに向かうカターニア中心部の出走サインに向かう photo:Kei Tsuji
トロフェオ・センツァフィーネトロフェオ・センツァフィーネ photo:Kei Tsuji
観客が待つテアトロロマーノに入っていく観客が待つテアトロロマーノに入っていく photo:Kei Tsuji
観客でごった返したスタート地点観客でごった返したスタート地点 photo:Kei Tsuji

カターニアのスタート地点は人で溢れかえった。熱烈な歓迎ぶりは、良く言えば活気があり、悪く言えばコントロールが効いていない。イタリア語で言うところのカジーノ、英語で言うところのカオスな状態。スタート地点に限らず、通過する町はどこもかしこも人だらけ。平日(火曜日)の昼間に老若男女問わずこれだけの人が外に出てくると、逆に仕事をしている人がいるのかどうか疑問になるレベル。

そんな活気の中で、イスラエルでのジロ開幕に反発するデモがニュートラルゾーン内で起こった。「ユダヤ人が武力でアラブ人を追い出し、国土を占拠している行為をジロが正当化している」と主張するデモ隊が、パレスチナの旗(色味はUAEにとても似ている)を持ったコースを塞いだため、盾を持った警察部隊が力で押さえ込む。レースの進行には影響しなかったが、イスラエルでの開幕は今後もジロの運営に影響を与えそうだ。

この5分後に観客の間を縫って選手たちがスタートするこの5分後に観客の間を縫って選手たちがスタートする photo:Kei Tsuji
パレスチナの旗を持つデモ隊パレスチナの旗を持つデモ隊 photo:Kei Tsuji
逃げるエンリーコ・バルビン(イタリア、バルディアーニCSF)ら逃げるエンリーコ・バルビン(イタリア、バルディアーニCSF)ら photo:Kei Tsuji
観客が詰めかけた街中を通過する観客が詰めかけた街中を通過する photo:Kei Tsuji
シチリアの道はこれでもかというほどガタガタのデコボコ。ジロのコースが通過する道路は補修もしく再舗装されている場合が多いため中継映像では分かりにくいが、一歩コースを外れると、突然現れる深さ10cmほどの穴に気をつけなければ車が壊れる。国道(SS)はほとんどの場合問題なく、州道(SR)、県道(SP)とランクが下がるとともに荒れ具合が増す。メッシーナ海峡を渡った本土のカラブリア州やプーリア州も負けず劣らずだが、やはりシチリア島南部の荒れ具合はイタリアナンバーワンだ。

事前の公式発表では第4ステージの獲得標高差は2,500mだったが、実際に選手たちは3,500mを登った。実に1,000mもの誤差がある。標高600〜800mの峠をつなぐコースは登りと下りしかないような代物で、例えるならばリエージュ〜バストーニュ〜リエージュのよう。細かく言うと、路面が滑りやすく、パンクが多く、コース上に溢れた観客にも注意しないといけないリエージュ〜バストーニュ〜リエージュ。

順調に山岳ポイントを獲得したエンリーコ・バルビン(イタリア、バルディアーニCSF)順調に山岳ポイントを獲得したエンリーコ・バルビン(イタリア、バルディアーニCSF) photo:Kei Tsuji
常にアップダウンとコーナーが連続する202kmコース常にアップダウンとコーナーが連続する202kmコース photo:Kei Tsuji
アップダウンコースをこなすマリアローザのローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)アップダウンコースをこなすマリアローザのローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング) photo:Kei Tsuji
フィニッシュラインに向かってもがき続けるティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・フィックスオール)フィニッシュラインに向かってもがき続けるティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・フィックスオール) photo:Kei Tsuji
クリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)の調子は良いのか悪いのか。それともツールにはないジロらしい細くてテクニカルなコースに苦戦しているのか。休息日に同じチャーター機でシチリアに移動後、パスポートコントロール待ちの際に数分話したところ「(試走時の落車は)もっと悪い怪我になりえたのでホッとしているのが正直な気持ち。怪我の影響はほぼない。日に日に左右バランスも良くなっている」と笑っていたが、ロードステージで挽回するどころか、またトム・デュムラン(オランダ、サンウェブ)やローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシング)からまたタイムを失ってしまった。

もともとフルームは短時間で爆発的なパワーを発揮するような走りは得意ではないが、再び最大勾配13%の登りがフィニッシュ手前に登場する第5ステージや、エトナ火山の山頂フィニッシュが設定された第6ステージでタイムを失うことにがあれば、このままフェードアウトしかねない。「肝心なタイミングでポジションを落としてしまい、後方から最後の登りに挑むことになってしまった。調子は良いし、調子は上向き。エトナの前に明日の第5ステージにフォーカスしないと」と、再びポジション取りがキーとなるジロらしいステージに目を向ける。

トップから21秒遅れたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ)トップから21秒遅れたクリストファー・フルーム(イギリス、チームスカイ) photo:Kei Tsuji
ヴァンデルサンドと喜ぶティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・フィックスオール)ヴァンデルサンドと喜ぶティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・フィックスオール) photo:Kei Tsuji
ピンクの紙吹雪が舞うカルタジローネピンクの紙吹雪が舞うカルタジローネ photo:Kei Tsuji

text&photo:Kei Tsuji in Caltagirone, Italy
Amazon.co.jp 
の画像 CREA Traveller 2013Autumn NO.35 [雑誌]
カテゴリー: eBooks
メーカー: 文藝春秋
の画像 イタリアで一番おいしい家庭料理 シチリアのおうちレシピ (講談社のお料理BOOK)
カテゴリー: Book
著者: 佐藤 礼子
出版社: 講談社
最安価格: ¥ 1,512
アマゾン価格: ¥ 1,512
の画像 キリン ノンアルコールチューハイ ゼロハイ 氷零 シチリア産レモン [ ノンアルコール 350ml×24本 ]
カテゴリー: Alcoholic Beverage
メーカー: キリンビール
最安価格: ¥ 2,061
アマゾン価格: ¥ 2,061