今大会4度目の集団スプリントで、これまでトップ10入りを繰り返していたルカ・パチオーニ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ)が勝利。3勝目を目指したリカルド・ミナーリ(イタリア、アスタナ)は2位に沈んだ。



マルコス・ガルシア(キナンサイクリングチーム)マルコス・ガルシア(キナンサイクリングチーム) (c)KINAN Cycling Team/Syunsuke FUKUMITSUスタートラインに並ぶ山本元喜(キナンサイクリングチーム)スタートラインに並ぶ山本元喜(キナンサイクリングチーム) (c)KINAN Cycling Team/Syunsuke FUKUMITSU

逃げにトライする中西健児(キナンサイクリングチーム)逃げにトライする中西健児(キナンサイクリングチーム) (c)KINAN Cycling Team/Syunsuke FUKUMITSU
マレー半島を反時計回りに巡るツール・ド・ランカウイ(UCI2.HC)は6日目。タパーからタンジュンマリムを目指す108.4kmのショートステージで再びスプリンターが火花を散らすこととなった。

スタートからアタック合戦が続くも、総合5位のエフゲニー・ギディッチ(カザフスタン、アスタナ)が中間スプリントのボーナスタイムを狙ったため、アスタナ率いる集団は20km地点まで一塊のまま進む。ギディッチは2位通過に成功したが総合4位のアマヌエル・ゲブレイグザブハイアー(エリトリア、ディメンションデータ)が3位に続いたため、1秒を詰めたに留まった。

108.4kmのショートコースを走るツール・ド・ランカウイ第6ステージ108.4kmのショートコースを走るツール・ド・ランカウイ第6ステージ (c)CorVos
やがて、かつてツール・ド・おきなわに出場したトゥラキ・ブーンラタナサナコーン(タイ、タイランドコンチネンタル)の単独逃げが決まり、途中激しいスコールに見舞われながらゴールに向けて距離を減らしていく。アスタナが中心となってメイン集団を率い、およそ50kmを逃げたブーンラタナサナコーンを吸収。集団スプリントへの体勢を整えていく。

鋭角コーナーが続くトリッキーな市街地コースを有利なポジションで抜け、先頭でフィニッシュラインに飛び込んだのは、これまでトップ10入りを繰り返していたルカ・パチオーニ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ)。追い込むリカルド・ミナーリ(イタリア、アスタナ)を抑えて今大会初勝利を飾った。

集団スプリントを制したルカ・パチオーニ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ)集団スプリントを制したルカ・パチオーニ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ) (c)CorVos
メイン集団内でフィニッシュしたトマ・ルバ(キナンサイクリングチーム)の総合成績は変わらずメイン集団内でフィニッシュしたトマ・ルバ(キナンサイクリングチーム)の総合成績は変わらず (c)KINAN Cycling Team/Syunsuke FUKUMITSUルカ・パチオーニ(イタリア)の勝利をウィリエール・トリエスティーナのメンバーが祝福ルカ・パチオーニ(イタリア)の勝利をウィリエール・トリエスティーナのメンバーが祝福 (c)CorVos


2015年に研修生としてランプレ・メリダ入りし、翌年からアンドローニ・ジョカトリに2年間在籍した24歳のパチオーニ。今年はウィリエールと2年契約を結び、ラ・トロピカル・アミッサボンゴとツール・ド・台湾最終ステージで勝利した勢いを保ったままランカウイに乗り込んでいた。

「自分をピュアスプリンターだとは思っていないけれど、今日のようなフィニッシュはいつだって燃えるし、やってやろうという気になる。今日はチャンスを与えられれば勝てることを示せたので満足しているよ」とパチオーニはフィニッシュ直後のインタビューに応える。ミナーリは2位に甘んじたものの、得点を重ねたことでポイント賞首位を堅守。この日総合順位に動きは無かった。
ステージ結果
1位ルカ・パチオーニ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ)2h24’55”
2位リカルド・ミナーリ(イタリア、アスタナ)
3位モハメドハリフ・サレー(マレーシア、トレンガヌサイクリングチーム)
4位アンドレア・グアルディーニ(イタリア、バルディアーニCSF)
5位エフゲニー・ギディッチ(カザフスタン、アスタナ)
6位パオロ・シモン(イタリア、バルディアーニCSF)
7位マッテーオ・マルチェッリ(イタリア、アンドローニ・シデルメク・ボッテキア)
8位シモン・サジノック(ポーランド、CCCスプランディ・ポルコウィチェ)
9位ディラン・ペイジ(スイス、チームセプラサイクリング)
10位メトケル・イヨブ(エリトリア、トレンガヌサイクリングチーム)
個人総合成績
1位アルテム・オヴェチキン(ロシア、トレンガヌサイクリングチーム)23h46’29”
2位ベンジャミン・ディボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル)+32”
3位ハリソン・スウィーニー(オーストラリア、ミッチェルトン・バイクエクスチェンジ)+59”
4位アマヌエル・ゲブレイグザブハイアー(エリトリア、ディメンションデータ)+1’00”
5位エフゲニー・ギディッチ(カザフスタン、アスタナ)+1’05”
6位トマ・ルバ(フランス、キナンサイクリングチーム)+1’08”
7位アルヴァロ・ドゥアルテ(コロンビア、フォルカ・アムスキンズ)+1’10”
8位メトケル・イヨブ(エリトリア、トレンガヌサイクリングチーム)+1’20”
9位ピオトル・ブロジナ(ポーランド、CCCスポランディ・ポルコウィチェ)
10位ルーカ・ラッジオ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ・セライタリア)
ポイント賞
1位リカルド・ミナーリ(イタリア、アスタナ)55pts
2位アンドレア・グアルディーニ(イタリア、バルディアーニCSF)46pts
3位ルカ・パチオーニ(イタリア、ウィリエール・トリエスティーナ)35pts
山岳賞
1位アルテム・オヴェチキン(ロシア、トレンガヌサイクリングチーム)40pts
2位アルヴァロ・ドゥアルテ(コロンビア、フォルカ・アムスキンズ)28pts
3位ベルナルド・スアサ(コロンビア、マンサナ・ポストボン)27pts
チーム総合成績
1位トレンガヌサイクリングチーム71h22’26”
2位アスタナ+2’06”
3位キナンサイクリングチーム+2’11”
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ 初回導入キット_50-34T 33615
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
最安価格: ¥ 247,875
アマゾン価格: ¥ 247,875
の画像 SHIMANO(シマノ) DURA-ACE FC-R9100 クランクセット 52/36T(2x11S)
カテゴリー: Sports
メーカー: SHIMANO(シマノ)
の画像 シマノ  DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ ペダル PD-R9100 33604
カテゴリー: Sports
メーカー: シマノ(SHIMANO)
参考価格: ¥ 25,188
最安価格: ¥ 18,890
アマゾン価格: ¥ 18,900