日本人選手4名が参加したスーパープレスティージュ第6戦。夜間に行われた男子エリートレースで、泥を高速で駆け抜けたマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)が今季21勝目を飾った。



夜の帳が下りたディーゲムの市街地コース。無数のファンが選手達を見つめる夜の帳が下りたディーゲムの市街地コース。無数のファンが選手達を見つめる photo:CorVos
年末年始に掛けて急加熱する欧州シクロクロスシーズン。その真っ只中で開催されたのがベルギー・ディーゲムの市街地を舞台にしたスーパープレスティージュ第6戦だ。トリを務める男子エリートは20時出走という名物ナイトレースであり、スタートラインに並んだ38名の中には竹之内悠(東洋フレーム)と前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)の姿も。

スリッピーな泥やキャンバー、舗装路登り、砂などが矢継ぎ早に連続するコース上では序盤から落車が多発。最初のキャンバー区間ではマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)が前輪を取られて前転し、多くの選手に埋もれた状態で追走を強いられた。

最初のキャンバー区間でマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)が落車最初のキャンバー区間でマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)が落車 photo:CorVos中盤まで独走したワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)中盤まで独走したワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン) photo:CorVos

ワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)を引き離すマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)ワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)を引き離すマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン) photo:CorVos
マイケル・ファントーレンハウト(ベルギー、マーラックス・ネポレオンゲームス)やローレンス・スウィーク(ベルギー、エラ・サーカス)の後ろに選手達がずらりと連なり、その中からワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)が急加速。ライバルのファンデルポールが遅れている隙にリードを奪いにかかった。

しかしファンデルポールの対応も素早かった。2周目までに10名以上を抜き去り、すぐに単独2位を走っていたスウィークをパス。1周を要してファンアールトに追いつくと、一呼吸置いてから猛烈なペースアップを仕掛けた。

ファンデルポールに食らいついたファンアールトだったが、泥セクションを通過する毎にライバルの背中は遠ざかり、舗装路のヒルクライムでその差は決定的なものに広がる。ファンデルポールが刻むハイペースに、前田や竹之内、過去に野辺山を制しているギャリー・ミルバーン(オーストラリア、MAAP)やジョエーレ・ベルトリーニ(イタリア、グエルチョッティ)らも足切りに追い込まれた。

5位に入ったドイツ王者のマルセル・マイセン(ドイツ、ステイラーツ・ベットファースト)5位に入ったドイツ王者のマルセル・マイセン(ドイツ、ステイラーツ・ベットファースト) photo:CorVos欧州遠征最終戦を走った前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)はマイナス3ラップの29位欧州遠征最終戦を走った前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)はマイナス3ラップの29位

圧倒的な走りでリードを広げるマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)圧倒的な走りでリードを広げるマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン) photo:CorVos
結局、ファンデルポールはファンアールトとの差を1分近くに広げる圧巻の走りで独走勝利。1月1日からバイクサプライヤーがキャニオンに交代することから、これまで彼の長く走りを支えてきたスティーヴンスをゴールラインで掲げ感謝を表現した。

「スティーヴンスバイクでの最終戦を勝利で飾れて良かった」と、今シーズンの勝利数を21に、ディーゲムの連勝記録を4まで伸ばしたヨーロッパ王者は言う。「落車で手首を痛めたけれど、フルスロットルで追いかけた時にとても調子が良いことに気づいた。ワウトに追いついた時、彼が苦しそうにしているのを見てすぐさまアタックしたよ。ディーゲムのコースは大好きで、ここで勝てれば気分も良い。今回の勝利は今までサポートを続けてくれたスティーブンスのみんなにプレゼントしたい」と加えた。

「今日はただマテューが強かった。調子的にも2日前のローンハウトと同じくらいであまり良くはなかったんだ」とは、再び2位に甘んじた世界王者。「わずか半周で、それも舗装路登りで決定的な差をつけられてしまった。ここ最近の疲れが抜けきれていないことも理由の一つだ」と振り返っている。

独走でフィニッシュしたマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)独走でフィニッシュしたマテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン) photo:CorVos
スーパープレスティージュ2017-2018第6戦表彰台スーパープレスティージュ2017-2018第6戦表彰台 photo:CorVosジュニア 村上功太郎(松山工業高校)はトップと同一周回の38位ジュニア 村上功太郎(松山工業高校)はトップと同一周回の38位


3位にスウィークが入り、4位は前ヨーロッパ王者のトーン・アールツ(ベルギー、テレネット・フィデア)。ドイツ王者のマルセル・マイセン(ドイツ、ステイラーツ・ベットファースト)は5位に入る好走を見せた。

前田公平はマイナス3ラップの29位で欧州遠征最終戦を終え、「スタート後のかかりは今年一番で、その後のペースダウンも今年一番だった」と振り返る竹之内悠はマイナス4ラップの34位。U23の織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)はマイナス2ラップ46位、ジュニアの村上功太郎(松山工業高校)はトップと同一周回の38位だった。
スーパープレスティージュ2017-2018第6戦結果
1位マテュー・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)1h03’45”
2位ワウト・ファンアールト(ベルギー、ヴェランダスヴィレムス・クレラン)+55”
3位ローレンス・スウィーク(ベルギー、エラ・サーカス)+1’41”
4位トーン・アールツ(ベルギー、テレネット・フィデア)+2’18”
5位マルセル・マイセン(ドイツ、ステイラーツ・ベットファースト)+2’28”
6位ケヴィン・パウエルス(ベルギー、マーラックス・ネポレオンゲームス)+2’30”
7位トム・メーウセン(ベルギー、テレネット・フィデア)+2’36”
8位デーヴィッド・ファンデルポール(オランダ、ベオバンク・コレンドン)+2’51”
9位ミカエル・ボロス(チェコ、パウエルスサウゼン・ファストフートサービス)+2’55”
10位クィンティン・ヘルマンス(ベルギー、テレネット・フィデア)+3’15”
29位前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)-3Laps
34位竹之内悠(東洋フレーム)-4Laps
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 CDエキサイティング・サウンズ‾天台宗比叡山延暦寺 除夜の鐘
カテゴリー: Music
メーカー: ビクターエンタテインメント
の画像 1年の垢を洗い流すノンストップBGM feat.除夜の鐘
カテゴリー: Digital Music Album
メーカー: Sugar Candy Records
最安価格: ¥ 580
アマゾン価格: ¥ 580
の画像 四季を感じる 日本のうた~唱歌・抒情歌・こころの歌
カテゴリー: Music
メーカー: キングレコード
参考価格: ¥ 2,484
最安価格: ¥ 2,222
アマゾン価格: ¥ 2,257