日本人選手も多く在籍するNIPPOヴィーニファンティーニが、カブトと2年間のパートナー契約を締結。ヨーロッパやアジアを舞台とするトップレースでカブトのヘルメットを着用することとなる。以下、プレスリリースより紹介しよう。



チームモデルのAERO-R1を手にする内間康平、ダミアーノ・クネゴ、マルコ・カノラチームモデルのAERO-R1を手にする内間康平、ダミアーノ・クネゴ、マルコ・カノラ (c)NIPPO Vini Fantini
NIPPOヴィーニファンティーニ(2018チーム名 NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ)は、国内トップのヘルメットメーカー、オージーケーカブトと2年間のパートナー契約を締結。素晴らしい製品づくりで世界をリードする"Kabuto"の安全で快適なヘルメットが、世界で戦う選手たちの力強いパートナーとなります。

来季、チームはフラグシップモデルである「ZENARD」と空力特性を追求しエアロ効果に優れる「AERO-R1」、超軽量モデルである「FLAIR」、そしてタイムトライアル用ヘルメットの「AERO-TL」、4種類のヘルメットを用途に合わせて使い分けていきます。

オージーケーカブトは新城幸也が所属したブイグテレコムやランプレ・メリダなど、世界のトップチームをスポンサードした経歴をもち、ロードレース、トラック競技をはじめとする日本代表チームも長年同社の製品を愛用しています。またモータースポーツの領域においても国内外を問わず多くのプロライダーに支持されています。より良い品質を求める飽くなき探究心で、製品には日々改良が加えられており、世界に誇る最高品質を生み出しています。

オージーケーカブトの担当者がトレーニングキャンプを訪問し、細部までフィッティングを行なったオージーケーカブトの担当者がトレーニングキャンプを訪問し、細部までフィッティングを行なった (c)NIPPO Vini Fantiniトレーニングライドで着用し、選手たちはその快適な被り心地を実感トレーニングライドで着用し、選手たちはその快適な被り心地を実感 (c)NIPPO Vini Fantini


オージーケーカブト公式サイト
http://www.ogkkabuto.co.jp/bicycle/index.html

大門宏マネージャーのコメント
「このたび、オージーケーカブトとの契約交渉にあたり、役員ならび現場担当者の方々から、なんとしても日本人選手をバックアップしたいという強い意志が伝わってきた。そして、橋本聖子会長が理事を務め、東京オリンピックを目標にした日本人選手強化プロジェクトを推し進める一般社団法人ジャパンプロサイクリングの活動に強い関心をもっていただいた。日本の自転車競技界を代表するオージーケーカブトがパートナーに加わったことは、このプロジェクトにとって大きな意味をもつ。賛同いただいている企業や日本のファンの皆様のためにも、さらに緊張感をもって世界ランキングへ挑戦する日本人選手の強化に取り組みたいと思う」