メッセンジャーバックブランドのTIMBUK2が、東京・表参道に旗艦店「TIMBUK2 TOKYO」を12月7日(木)にオープンする。店舗では40種類の色と素材を組み合わせられるカスタムバッグのオーダーもできるほか、オープン記念として限定製品の発売も予定しているという。以下、プレスリリースより紹介しよう。



TIMBUK2(ティンバックツー)東京・渋谷区に旗艦店オープン!

東京・表参道に旗艦店「TIMBUK2 TOKYO」オープン東京・表参道に旗艦店「TIMBUK2 TOKYO」オープン (c)ゼットゼットが取り扱う「TIMBUK2(ティンバックツー)」ブランドは、12月7日(木)東京・渋谷区に旗艦店をオープンいたします。TIMBUK2は、メッセンジャーバッグのパイオニアとして卓越したデザインと耐久性、画期的なクロスストラップなどの機能を集約した逸品をリリースし続けるバッグブランドです。1989年に誕生して以来、米国ではメッセンジャーバッグのシェア率No.1※のブランドとなりました。

また、サンフランシスコを拠点とし、今では全米各地にショップを有する総合バッグブランドとして成長を続けております。旗艦店では40種類もの色、素材を組み合わせて"自分だけのカスタムバッグ"をオーダーすることができます。このカスタムオーダーシステムは、サンフランシスコの自社工場と連携しており、わずか約2週間でオーダーバッグがお手元に届きます。

オープン記念として、限定商品の「Mini Prospect Pack(サンフランシスコ製)」や全米人気No.1のステンレスボトルブランドの「Hydro Flask(ハイドロフラスク)」とのコラボレーションボトルなども発売します。

※TIMBUK2社調べ。米国内のアウトドア業界におけるメッセンジャーバッグの販売シェアをさします。

TIMBUK2 TOKYO
オープン日時:2017年12月7日(木)
場所:東京都渋谷区神宮前6‐7‐14
営業時間:12:00~20:00 不定休