ツール・ド・フランス主催者A.S.O.(アモリー・スポール・オルガニザシヨン)は2018年の第105回大会がフランス西部のヴァンデ県で開幕することを発表した。同県でツールがグランデパール(開幕)を迎えるのは6回目。



2011年大会のグランデパールはパッサージュ・デュ・ゴア2011年大会のグランデパールはパッサージュ・デュ・ゴア photo:Makoto Ayano


2011年はピュイ・デュ・フーの円形劇場がプレゼンテーションの舞台に2011年はピュイ・デュ・フーの円形劇場がプレゼンテーションの舞台に photo:Makoto.AYANOフランス西部に位置するペイ・ド・ラ・ロワール地域圏のヴァンデ県で第105回ツールは動き出す。同地域圏でのグランデパールは史上9回目、同県でのグランデパールは6回目となる。

ヴァンデ県はUCIプロコンチネンタルチームのディレクトエネルジー(元ブイグテレコム/ユーロップカー)のお膝元であり、フランスの中では自転車熱が高い地域として知られる。2011年のツールはヴァンデ県のノワールムティエ島を結ぶパサージュ・デュ・ゴワで開幕。当時ユーロップカー所属のトマ・ヴォクレール(フランス)が同年マイヨジョーヌを10日間着用している。

グランデパールと序盤ステージの詳細は2月28日のプレゼンテーションで明らかにされるが、1993年と1999年の開幕地であるピュイ・ド・フーのテーマパークで開幕し、ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏で3ステージをこなした後にブルターニュ地域圏に舞台を移すと見られる。

2017年大会は7月1日にドイツのデュッセルドルフで開幕。初日は13kmの個人タイムトライアルが行われる予定だ。

歴代グランデパール開催場所
2018年 第105回 ヴァンデ(フランス)
2017年 第104回 デュッセルドルフ(ドイツ)
2016年 第103回 マンシュ(フランス)
2015年 第102回 ユトレヒト(オランダ)
2014年 第101回 リーズ(イギリス)
2013年 第100回 ポルトヴェッキオ(フランス)
2012年 第99回 リエージュ(ベルギー)
2011年 第98回 パサージュ・デュ・ゴワ(フランス)
2010年 第97回 ロッテルダム(オランダ)
2009年 第96回 モナコ(モナコ)
2008年 第95回 ブレスト(フランス)
2007年 第94回 ロンドン(イギリス)
2006年 第93回 ストラスブール(フランス)
2005年 第92回 フロマンティーヌ(フランス)
2004年 第91回 リエージュ(ベルギー)
2003年 第90回 パリ(フランス)
2002年 第89回 ルクセンブルク(ルクセンブルク)
2001年 第88回 ダンケルク(フランス)
2000年 第87回 フュテュロスコープ(フランス)
1999年 第86回 ピュイ・デュ・フォー(フランス)
1998年 第85回 ダブリン(アイルランド)
1997年 第84回 ルーアン(フランス)
1996年 第83回 スヘルトーヘンボス(オランダ)
1995年 第82回 サンブリュー(フランス)
1994年 第81回 リール(フランス)

text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単3形8個パック (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)
メーカー: AmazonBasics
最安価格: ¥ 1,572
アマゾン価格: ¥ 1,572
の画像 パナソニック eneloop 単3形充電池 8本パック スタンダードモデル BK-3MCC/8
メーカー: パナソニック
最安価格: ¥ 1,747
アマゾン価格: ¥ 1,840
の画像 エネボルト(enevolt) 大容量 単3形充電池 3000mAh ニッケル水素充電池 自然放電軽減 繰り返し約1000回 充電 電池 8本セット
メーカー: AMODE(エーモード)
参考価格: ¥ 2,380
最安価格: ¥ 2,380
アマゾン価格: ¥ 2,380