幾多のビッグレースで勝利に貢献してきたキャノンデールのオールラウンドレーシングバイク「SUPERSIX EVO Hi-MOD」。剛性、快適性、軽量性を始めとしたあらゆる性能を高め、それらを高次元でバランスさせた第2世代の全ラインアップを紹介しよう。



キャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD TEAMキャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD TEAM (c)cannondale
ジロ・デ・イタリア総合優勝やツール・ド・フランスのポイント賞を筆頭に、数多くのビッグタイトルを獲得してきた「SUPERSIX EVO Hi-MOD」。3年以上もの年月をかけた開発の末、今季行われたフルモデルチェンジによって第2世代となったキャノンデールが誇るオールラウンドレーシングバイクの開発コンセプトは「A Whole New Balance Of Power」。つまりは剛性、トラクション性能、振動吸収性、空力、軽量性などのあらゆる性能を高め、それらを高次元でバランスさせることがこのバイクの目標として掲げられた。

シンプルなホリゾンタルスタイルは前作から受け継いでいるなかで、外見上の大きな変更点はダウンチューブ、シートチューブ、シートステー、フロントフォークをTAP(Truncated aero profile)と呼ばれるエアロ形状としたこと。真円に近い断面形状として剛性バランスを追求する一方で、従来モデルとの比較で空気抵抗を6W低減させている。

シートステー〜リアドロップアウト〜チェーンステーは一体成形とし、軽量化に貢献シートステー〜リアドロップアウト〜チェーンステーは一体成形とし、軽量化に貢献 photo:So.Isobeヘッドチューブは新形状となり、剛性が12%向上ヘッドチューブは新形状となり、剛性が12%向上 photo:So.Isobe前作よりも30gシェイプアップされたSPEED SAVEフォーク。剛性も向上している前作よりも30gシェイプアップされたSPEED SAVEフォーク。剛性も向上している photo:So.Isobe


そして、SUPERSIX EVO Hi-MODのアイコン的なテクノロジーであり、カーボンシートを側面に貼り増しすることで強度アップを図る「バリステックカーボン構造」も前作より継続して採用。シートステー〜リアエンド〜チェーンステーをワンピース構造とし、持ち前の軽さを更に高めた。同時に長期に渡って安心して使い倒せるタフネスさを手に入れており、チューブの形状、肉厚、積層を緻密に調整することで、サイズによる乗り味の変化を防止した。

ボトムブラケット規格はSYNAPSEで採用実績のあるBB30Aを採用する。駆動側と非駆動側の負荷の差に着目した左右非対称設計によりBB剛性を11%を高めることに成功。ヘッドチューブ剛性も新設計により従来モデルとの比較で12%増となっている。

快適性に大きく貢献する25.4mm径のシートポスト快適性に大きく貢献する25.4mm径のシートポスト photo:So.Isobe各性能をバランスしたTAP(Truncated aero profile)チューブ各性能をバランスしたTAP(Truncated aero profile)チューブ

ボトムブラケットの規格はBB30Aとなるボトムブラケットの規格はBB30Aとなる photo:So.Isobeチェーンステーの内側への張り出しはよりアグレッシブな形状にチェーンステーの内側への張り出しはよりアグレッシブな形状に


滑らかな曲線を描くチェーンステーもBB同様の左右非対称形状に。加えて従来モデルより更に扁平度合いを高めることで、縦剛性を犠牲にすることなく柔軟性を向上。ピンヒールのように細身で、前作よりも30gシェイプされたSPEED SAVEフォークと組み合わせることでトラクション性能に磨きをかけている。そして、他社よりも一際細い25.4mm径とされたシートポストは快適性に大きく貢献している。

結果、ライディングフィールを追求したことでフレーム単体重量は若干増加し、ペイント込みの56サイズで777gに。しかし、フォーク、ヘッドセット、シートポストは従来モデルよりも軽量となっており、キャノンデールの提唱する「システムウェイト(フレーム+フォーク+ヘッドセット+シートポストの合計)」で67gの軽量化に成功。新たに機械式と電動式の両コンポーネントに対応となった点も見逃せない点だ。

キャノンデール SUPERSIX EVO BLACK INC.キャノンデール SUPERSIX EVO BLACK INC. (c)キャノンデール・ジャパン
キャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD DURA ACE 1(RED)キャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD DURA ACE 1(RED) (c)キャノンデール・ジャパンキャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD DURA ACE 2(PRIMER GRAY)キャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD DURA ACE 2(PRIMER GRAY) (c)キャノンデール・ジャパン

キャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD DURA ACE 2(BLACK)キャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD DURA ACE 2(BLACK) (c)キャノンデール・ジャパンキャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD ULTEGRA(BLUE)キャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD ULTEGRA(BLUE) (c)キャノンデール・ジャパン

キャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD ULTEGRA(GREEN)キャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD ULTEGRA(GREEN) (c)キャノンデール・ジャパン
既に7月のツール・ド・フランスより実戦投入され、キャノンデール・ガーミンが使用。数々の戦歴を誇る従来モデル以上に、ビッグレースで選手たちの勝利に貢献することが期待されている新型SUPERSIX EVO Hi-MOD。

サイズは48、50、52、54、56の5種類展開。販売パッケージはコンポーネントを始めとしたアッセンブリーの異なる5種類がラインアップされる。マットブラック塗装の最高峰グレード「BLACK INC.」は、ホイール、ハンドル、ステム、そしてシートポストまでをアメリカのカーボンパーツ専業メーカー「エンヴィ」で統一。eeBrakeやフィジークの軽量サドルを含め、新型SUPERSIX EVO Hi-MODが持つ軽さを最大限に引き立たせるアッセンブルとなっている。

新型SUPERSIX EVO Hi-MODを駆るダニエル・マーティン(アイルランド、キャノンデール・ガーミン)新型SUPERSIX EVO Hi-MODを駆るダニエル・マーティン(アイルランド、キャノンデール・ガーミン) photo:Tim de Waele
キャノンデール・ガーミンのチームバイクと同じく、シルバーとコーポレートカラーであるグリーンを組み合わせたペイントの「SUPERSIX EVO Hi-MOD TEAM」。マヴィックのホイールやFSAで統一されたハンドル周りなどパーツアッセンブリーもチーム仕様となる。また、フレームセットでの販売も行われる。

機械式のシマノDURA-ACEをメインコンポーネントとした完成車は2種類。大きな違いはキャノンデールオリジナルのクランクにあり「1」は上位グレードと同じく、より軽量なHollowGram SiSL2を、「2」はセカンドグレードのHollowGram Siを採用する。また、末弟モデルに位置づけられる機械式のシマノULTEGRA仕様にもHollowGram Siクランクがアッセンブルされる。





キャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD/BLACK INC. 共通スペック
フレーム:All-New SuperSix EVO, BallisTec Hi-Mod Carbon, Di2 Compatible,SPEED SAVE
BB規格:BB30A
フォーク:All-New SuperSix EVO, SPEED SAVE, BallisTec Hi-MOD full Carbon, 1-1/8" to 1-1/4" steerer, integrated crown race.
サイズ:48、50、52、54、56

キャノンデール SUPERSIX EVO BLACK INC.
メインコンポーネント:シマノ Dura-Ace(機械式)
クランク:キャノンデール HollowGram SiSL2, BB30a, w/ OPI SpideRing SL, 52/36
ブレーキ:eeサイクルワークス eeBrake
ホイール:エンヴィ Smart 4.5 Tubular(ハブはクリスキング R45)
タイヤ:シュワルベ ONE Tubular(700x24c)
ハンドル:エンヴィ Smart SES
ステム:エンヴィ Carbon Road
シートポスト:エンヴィ Gen 2, 25.4x400mm
サドル:フィジーク Arione 00
カラー:BLACK
価 格:1,400,000円(税別)

キャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD TEAM
メインコンポーネント:シマノ Dura-Ace Di2
クランク:キャノンデール HollowGram SiSL2, BB30a, w/ OPI SpideRing SL, 52/36
ホイール:マヴィック Cosmic Pro Carbon
タイヤ:マヴィック Yksion Pro SSC GripLink (F)/PowerLink (RR) 25C
ハンドル:FSA K-Force Carbon Compact
ステム:FSA OS-98 CSI
シートポスト:FSA K-Force Carbon(25.4x350mm)
サドル:フィジーク Arione R3 K:ium
カラー:TEAM
税別価格:1,350,000円(完成車)、420,000円(フレームセット)

キャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD DURA ACE 1 完成車
メインコンポーネント:シマノ Dura-Ace(機械式)
クランク:キャノンデール HollowGram SiSL2, BB30a, w/ OPI SpideRing SL, 52/36
ホイール:マヴィック Ksyrium Pro
タイヤ:マヴィック Yksion Pro SSC GripLink (F)/PowerLink (RR) 25C
ハンドル:キャノンデール C1 Ultralight, Carbon Compact
ステム:キャノンデール C1 Ultralight, 2014 Alloy w/ Ti Bolts, 31.8, 6 deg.
シートポスト:キャノンデール SAVE, 25.4x350mm
サドル:フィジーク Arione R3 K:ium
カラー:RED
価 格:850,000円(税別)

キャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD DURA ACE 2 完成車
メインコンポーネント:シマノ Dura-Ace(機械式)
クランク:キャノンデール HollowGram Si, BB30a, w/ OPI SpideRing SL, 52/36
ホイール:マヴィック Ksyrium Elite
タイヤ:マヴィック Yksion Pro SSC GripLink (F)/PowerLink (RR) 25C
ハンドル:キャノンデール C1 Ultralight, 7050 Alloy Compact
ステム:キャノンデール C1 Ultralight, 2014 Alloy w/ Ti Bolts, 31.8, 6 deg.
シートポスト:キャノンデール SAVE, 25.4x350mm
サドル:フィジーク Arione R5 MG Rail
カラー:BLACK、PRIMER GRAY
価 格:660,000円(税別)

キャノンデール SUPERSIX EVO Hi-MOD ULTEGRA 完成車
メインコンポーネント:シマノ ULTEGRA(機械式)
クランク:キャノンデール HollowGram Si, BB30a, w/ OPI SpideRing SL, 52/36
ホイール:マヴィック Ksyrium
タイヤ:マヴィック Yksion Elite WTS, 700x25c, folding
ハンドル:キャノンデール C1 Ultralight, 7050 Alloy Compact
ステム:キャノンデール C1 Ultralight, 2014 Alloy w/ Ti Bolts, 31.8, 6 deg.
シートポスト:キャノンデール SAVE, 25.4x350mm
サドル:フィジーク Arione R5 MG Rail
カラー:BLUE、GREEN
価 格:490,000円(税別)

Amazon.co.jp