12月4日、UCI(国際自転車競技連合)が2015年度のUCIワールドツアーライセンス登録チームを発表。スイスのIAMサイクリングが新たにライセンスを獲得した一方で、ユーロップカーとアスタナのライセンスは審理中として保留状態に置かれた。


ユーロップカーユーロップカー photo:Kei Tsujiチームの競技性と財政状況、選手登録状況、そして倫理性を審議したUCIのライセンス委員会が、2015年度のUCIワールドチーム(UCIワールドツアーライセンス保有チーム)を発表した。名称を変更するエティックス・クイックステップやキャノンデール・ガーミン、ロットNLユンボなどは無事にライセンスを更新し、新たにIAMサイクリングがUCIワールドチーム入りを果たした。

アスタナアスタナ photo:Kei Tsuji16チームが2015年度のライセンスを確約させた一方で、ユーロップカーとアスタナのライセンスは保留状態に。ユーロップカーは財政状況が思わしくないとされ、アスタナは相次ぐドーピングスキャンダルの煽りを受けた形だ。

2チームに関してUCIは12月10日までに発表を行なうとしている。仮にライセンスが認められない場合は、2年前のカチューシャと同様に2チームがCAS(スポーツ仲裁裁判所)に上訴することも考えられる。

UCIワールドツアーライセンスに合わせて、UCIはUCIプロコンチネンタチームのリストを発表。ライセンスを得たのは17チームで、クルトエナジープロサイクリングとイエローフルオの2チームに関しては審理が継続される。こちらも12月10日までに発表が行なわれる予定だ。


2015年度のUCIワールドツアーライセンスが確約された16チーム
AG2Rラモンディアール
BMCレーシング
エティックス・クイックステップ(オメガファーマ・クイックステップ)
FDJ(FDJ.fr)
IAMサイクリング
ランプレ・メリダ
ロット・ソウダル(ロット・ベリソル)
モビスター
オリカ・グリーンエッジ
キャノンデール・ガーミン(ガーミン・シャープ)
ジャイアント・アルペシン(ジャイアント・シマノ)
カチューシャ
ロットNLユンボ(ベルキン)
チームスカイ
ティンコフ・サクソ
トレックファクトリーレーシング

ライセンス委員会による審査中の2チーム
アスタナ
ユーロップカー

2015年度UCIプロコンチネンタルチーム
アンドローニジョカトリ
バルディアーニCSF
ボーラ・アルゴン18
ブルターニュ・セシェ
カハルーラル
CCCスプランディ・ポルコウィチェ
コフィディス
コロンビア
ドラパックプロサイクリング
MTNキュベカ
NIPPOヴィーニファンティーニ
ルームポット
ルスヴェロ
ノボノルディスク
トップスポートフラーンデレン
ユナイテッドヘルスケア
ワンティ・グループグベルト

ライセンス委員会による審査中の2チーム
クルトエナジープロサイクリング
イエローフルオ

text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp