イタリアに居を構えるカーボンバイク専業ブランド、クォータ。同社のボトムラインを支える「KHARMA EVO」と「KORSA」がモデルチェンジを果たし、それぞれ車名を新たに「KRYON」と「KOBALT」が登場。共に上位機種のテクノロジーを取り入れることで走行性能を高めている。



クォータ KRYON

クォータ KRYON(ダークグレー)クォータ KRYON(ダークグレー) (c)インターマックス
クォータ KRYON(ホワイトピンク)クォータ KRYON(ホワイトピンク) (c)インターマックスクォータ KRYON(ホワイトレッド)クォータ KRYON(ホワイトレッド) (c)インターマックス


かつてはハイエンドモデルとして、近年はエントリーモデルとして高い評価を集めてきた「KHARMA EVO」の後継モデルKRYON(クレヨン)はレースからロングライドまで幅広い用途に対応するエントリーモデル。翼断面のシートチューブ及びピラーや、緩やかなカーブを描くトップチューブなど従来モデルの趣を残しつつも、上位モデルのテクノロジーを取り入れることで、走行性能を高めている。

ヘッドチューブはプロユースのハイエンドモデルKOMと同様に上端付近を円錐状とすることで剛性を高め、下側1-1/2インチの上下異径ベアリングと併せて初心者でも安心な安定感高いハンドリングフィールを実現。シートステーは薄く幅広い扁平形状とすることで衝撃吸収性とトラクション性能の向上させた。一方で、リアブレーキ付近には特徴的な縦方向の突起を設けることでブレーキング性能との両立を図っている。

トップチューブは緩やかに湾曲しているトップチューブは緩やかに湾曲している KOMの流れを汲むヘッドチューブ形状KOMの流れを汲むヘッドチューブ形状 photo:Yuya.Yamamoto

シートステーに突起を設けることでブレーキング性能を維持しているシートステーに突起を設けることでブレーキング性能を維持している BB386規格を採用することでパワーロスを低減しているBB386規格を採用することでパワーロスを低減している


ボトムブラケットをシェル幅を最大限に拡幅できるBB386規格とすることで、剛性を高めパワーロスを低減したことも大きなトピックス。その他、さらなる空気抵抗削減のためシートポストの固定方式が臼式に変更された点や、トレンドの25mm幅タイヤに対応した点も見逃せないアップデートである。素材はクォータのオリジナルカーボンで、重量はフレーム1,070g、フロントフォーク480gと軽量に仕上がっている。

販売パッケージは完成車のみで、コンポーネントはシマノ6800系ULTEGRAもしくは5800系105の2グレードがラインナップ。パーツアッセンブルは共通で、ハンドル/ステムはデダ・エレメンティ、シートポストは広い調整幅を持つ専用品、サドルはプロロゴ、ホイールはヴィジョン team25。なお。コンポーネントは電動タイプも取り付け可能なため、後々のアップグレードにも充分に対応してくれる。

クォータ KRYON Disc(ホワイトレッド)クォータ KRYON Disc(ホワイトレッド)
クォータ KRYON Disc(ダークグレー)クォータ KRYON Disc(ダークグレー) (c)インターマックスサイズは女性ライダーやキッズにぴったりなトップチューブ長485mmのXXSを含む計5種類が用意される。カラーはダークグレー、ホワイトレッド、ホワイトピンク(XXS、XSのみ)の3色展開だ。

また、KRYONにはロード用ディスクブレーキ専用モデルもラインナップされる。基本的なフレームデザインは共通で、ブレーキ台座は前後ともポストマウント。ホイールの固定方式はQRタイプとされている。販売パッケージはフレームセットのみで、サイズはキャリパーブレーキモデルと同様に5種類、カラーはダークグレーとホワイトレッドの2色展開となる。


クォータ KRYON、KRYON Disc
フレーム: カーボンモノコック、BB386
フォーク:トップ1-1/8、ボトム1-1/2
メインコンポーネント:シマノ6800系ULTEGRA、5800系105
ハンドル、ステム:デダ・エレメンティ
シートポスト:クォータオリジナル
サドル : プロロゴ
ホイール :ヴィジョン team25
サイズ:XXS(398)、XS(442)、S(472)、M(500.3)、L(517) C-T
重 量:フレーム1,070g、フロントフォーク480g
カラー:ダークグレー、ホワイトレッド、ホワイトピンク(XXS、XSのみ)
価格(税抜):299,800円(ULTEGRA完成車)、249,800円(105完成車)、160,000円(Discフレームセット)



クォータ KOBALT

クォータ KOBALT(ホワイトブラック)クォータ KOBALT(ホワイトブラック) (c)インターマックス
BBはKRYON同様にBB386としているBBはKRYON同様にBB386としている 上位モデルと共通の形状を採用するフロントフォーク上位モデルと共通の形状を採用するフロントフォーク photo:Yuya.Yamamoto


「KORSA」の後継モデルに位置付けられる「KOBALT(コバルト)」は”エントリーモデルに求められるモノは何か?”をコンセプトに開発された末弟モデル。カーボンモノコック製のフレームはオーソドックスな見た目通りに、クセの無い素直なライディングフィールに仕上がっている。

テクノロジー面では上位モデルと同様に素材は高品質オリジナルカーボンとし、KOMの流れを汲むヘッドチューブ形状やパワーロスを低減するBB386ボトムブラケットシェルなど多くを上位モデルから踏襲。またエントリーモデルながらケーブルは全て内蔵かつ電動コンポーネント装着可能としたため、後々のアップデートにも充分に対応してくれる。

KOBALTのカラーラインナップ。手前からホワイトブラック、グレーブルー、グレーイエローKOBALTのカラーラインナップ。手前からホワイトブラック、グレーブルー、グレーイエロー
販売パッケージは完成車のみ。コンポーネントはシマノ5800系105もしくは4600系Tiagraの2グレードがラインナップされ、いずれも全て純正品で統一されている。パーツアッセンブル、ハンドル/ステムはデダ・エレメンティ、シートポストはオーソドックスな2本締めタイプのオリジナル、サドルはプロロゴ、ホイールはヴィジョン team25となっている。

サイズはXXS(407)、XS(437)、S(469)、M(503)、L(522)の計5種類が用意される。カラーはホワイトブラック、グレーブルー、グレーイエローの3色展開だ。


クォータ KOBALT(完成車)
フレーム: カーボンモノコック、BB386
フォーク:トップ1-1/8、ボトム1-1/2
メインコンポーネント:シマノ5800系105、4600系Tiagra
ハンドル、ステム:デダ・エレメンティ
シートポスト:クォータオリジナル
サドル : プロロゴ
ホイール :ヴィジョン team25
サイズ:XXS(407)、XS(437)、S(469)、M(503)、L(522) C-T
重 量:フレーム1,090g、フロントフォーク470g
カラー:ホワイトブラック、グレーブルー、グレーイエロー
価格(税抜):219,800円(105完成車)、197,800円(Tiagra完成車)

Amazon.co.jp