全日本大学対抗選手権自転車競技大会(インカレ)2日目が8月28日(金)に修善寺の日本CSC北400mトラックで行われた。決勝5種目のうち、鹿屋体育大学が2勝を挙げた。大会の模様をフォトレポートでお届けする。なお、男子ポイントレースの結果について29日(土)午後に訂正があり、結果を修正した。

日本大学が26年連続、この優勝旗を手にしてきた日本大学が26年連続、この優勝旗を手にしてきた photo:Hideaki.TAKAGI27日に行われた初日の予選種目とあわせて好記録が多く出た。強めの風が吹く条件だが、軽いバンクで大会記録、学連記録を塗り替えた。

女子ポイントレースはこの種目第一人者の和田見里美(中京大学)が鹿屋勢を相手に中盤以降加点して最後は独走で優勝。女子500mTTは前田佳代乃(鹿屋体育大学)が2位に2秒差をつける36秒762の大会記録で圧勝。

男子1kmTTはパク・ミノ(富士大学)が1分05秒832の学連歴代2位タイムで優勝。なお学連記録は90年に小嶋敬二が出した1分05秒62だ。
女子ポイントレース表彰女子ポイントレース表彰 photo:Hideaki.TAKAGI男子ポイントレースは実力伯仲のレースとなった。ラップや大きな逃げができないままゴールとなった。結果に付いて審議が長引き、28日晩に伊藤雅和(鹿屋体育大学) が優勝の結果発表があった。がしかし29日朝に再審議となり、同日午後に訂正結果を発表した。それによるとその伊藤は15回目のポイント時に、警告が降格処分となり、そのため3位に、優勝は湯浅徹(明治大学)となった。女子チームスプリントは鹿屋体育大学(前田、近藤)が58秒723の学連記録で優勝。

なお、ほかの予選種目でも好記録が出た。

男子個人追抜きでは穂苅大地(法政大学)が学連歴代2位タイムの4分44秒196で1位通過。なお、学連記録は96年に青柳浩が出した4分43秒184。

タンデムスプリント予選では中央大学(石田、巴)が20秒864の大会記録で1位通過。400mなので、単純計算200mを10秒432のスピードで400mを駆け抜けたことになる。


女子500mTT1位の前田佳代乃(鹿屋体育大学)36秒762 大会記録女子500mTT1位の前田佳代乃(鹿屋体育大学)36秒762 大会記録 photo:Hideaki.TAKAGI
結果
女子ポイントレース
1位 和田見里美(中京大学)26点
2位 近藤美子(鹿屋体育大学)22点
3位 田中まい(順天堂大学)9点

女子500mTT
1位 前田佳代乃(鹿屋体育大学)36秒762 大会記録
2位 近藤美子(鹿屋体育大学)38秒664
3位 松本世良(順天堂大学)38秒864
男子1kmTT優勝のパク・ミノ(富士大学)1分05秒832男子1kmTT優勝のパク・ミノ(富士大学)1分05秒832 photo:Hideaki.TAKAGI

男子1kmTT
1位 パク・ミノ(富士大学)1分05秒832
2位 櫻井正孝(東北学院大学)1分06秒622
3位 我妻敏(日本大学)1分07秒203
4位 奥原亨(中央大学)1分07秒396
5位 横関裕樹(朝日大学)1分08秒067
6位 新納大輝(鹿屋体育大学)1分08秒252

男子ポイントレース結果に付いては29日午後に修正

1位 湯浅徹(明治大学)25点
2位 加藤良治(順天堂大学)24点
3位 伊藤雅和(鹿屋体育大学) 24点
4位 佐々木真(法政大学)21点
5位 兼平純(日本大学)18点
6位 入部正太朗(早稲田大学)16点
女子チームスプリント決勝 優勝の鹿屋体育大学(前田、近藤)58秒723 学連記録女子チームスプリント決勝 優勝の鹿屋体育大学(前田、近藤)58秒723 学連記録 photo:Hideaki.TAKAGI

女子チームスプリント
1位 鹿屋体育大学(前田、近藤)58秒723 学連記録
2位 日本体育大学(田中、古河)
3位 立命館大学(石井、松橋)


photo&text:高木秀彰