「とてもエモーショナルな勝利だ。見に来ていた子ども達と妻にとって忘れられない勝利になったと思う。こんな勝利を夢見ていた」と振り返るフィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシング)が3度目の勝利を飾ったアムステル・ゴールドレース。新城幸也(ユーロップカー)がトップ10に入る快挙を成し遂げた。



春色のオランダ南部で開催されたアムステル・ゴールドレース春色のオランダ南部で開催されたアムステル・ゴールドレース photo:Tim de Waele


オランダ南部の丘陵地帯を駆け抜けるオランダ南部の丘陵地帯を駆け抜ける photo:Tim de WaeleいよいよUCIワールドツアーのアルデンヌ3連戦が始まった。初戦は今年で49回目の開催を迎えるオランダのアムステル・ゴールドレース。「1000のカーブ」と「34の登り」を含む"ジェットコースターのような"251kmコースに、192名の選手たちが挑んだ。

落車したトニ・マルティン(ドイツ、オメガファーマ・クイックステップ)のバイク落車したトニ・マルティン(ドイツ、オメガファーマ・クイックステップ)のバイク photo:Tim de Waeleマーストリヒトを出発するや否や、ピム・リヒハルト(オランダ、ロット・ベリソル)のアタックを切っ掛けに10名の先頭グループが形成される。クリストフ・リブロン(フランス、AG2Rラモンディアール)やロリー・スザーランド(オーストラリア、ティンコフ・サクソ)といったビッグネームを含む逃げが、最大14分のリードを稼ぎ出した。

トマ・ヴォクレール(フランス、ユーロップカー)率いる追走グループトマ・ヴォクレール(フランス、ユーロップカー)率いる追走グループ photo:Tim de WaeleBMCレーシング率いるメイン集団では相次いで落車が発生し、ホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)やアンディ・シュレク(ルクセンブルク、トレックファクトリーレーシング)がリタイア。その他にもゲラント・トーマス(イギリス、チームスカイ)やシルヴァン・シャヴァネル(フランス、IAMサイクリング)もフィニッシュにたどり着かなかった。

目まぐるしいアップダウンとワインディングを繰り返すうち、徐々に人数を減らす逃げグループを追ってメイン集団ではオメガファーマ・クイックステップのペースアップが始まる。すると残り40kmを切ったタイミングでトマ・ヴォクレール(フランス、ユーロップカー)がアタック。「クルイスベルグ」の頂上手前で動いたヴォクレールに、フレフ・ファンアフェルマート(ベルギー、BMCレーシング)やヤコブ・フグルサング(デンマーク、アスタナ)、ゼネク・スティバル(チェコ、オメガファーマ・クイックステップ)らが飛びついた。

各チームのサブエース級の選手を含むグループが、先頭で逃げ続けるリブロンとプレベン・ファンヘッケ(ベルギー、トップスポートフラーンデレン)を追いかける展開に。

果敢な走りを見せたファンアフェルマートとフグルサングが先頭2名に追いつき、残り9km地点に位置する33番目(最後から2番目)の登り「ベメレルベルグ」をクリア。しかしガーミン・シャープやオメガファーマ・クイックステップ率いるメイン集団を振り切ることは出来ず、残り7kmで逃げはすべて吸収された。



「グルペルベルグ」を登るプロトン「グルペルベルグ」を登るプロトン photo:Tim de Waele


「カウベルグ」でアタックを仕掛けるサムエル・サンチェス(スペイン、BMCレーシング)「カウベルグ」でアタックを仕掛けるサムエル・サンチェス(スペイン、BMCレーシング) photo:Tim de Waele新城幸也(ユーロップカー)も好位置をキープしながら、オリカ・グリーンエッジやBMCレーシングがリードして最後の「カウベルグ」に突入する。するとサムエル・サンチェス(スペイン、BMCレーシング)が真っ先にアタック。これをサイモン・ゲランス(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)やミカル・クヴィアトコウスキー(ポーランド、オメガファーマ・クイックステップ)、アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)が追いかけ、ハイスピードで平均勾配5.8%、最大勾配12%の登りを駆け上がった。

「カウベルグ」で先頭に立つサイモン・ゲランス(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)「カウベルグ」で先頭に立つサイモン・ゲランス(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ) photo:Tim de Waele先頭サンチェスが徐々に失速すると、続けざまにジルベールがアタック。優勝した2012年UCIロード世界選手権とほぼ同じ場所で仕掛けたジルベールが、勾配のある最短ラインを力強いダンシングで突き進む。すぐ隣のベルギー・ワロン地方から集まったファンの声援に後押しされ、ジルベールが「カウベルグ」の頂上をクリアした。

アタックでライバルを突き放すフィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシング)アタックでライバルを突き放すフィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシング) photo:Tim de Waele2012年までフィニッシュラインが敷かれていた頂上から、新たに設置されたフィニッシュライン(2012年ロード世界選と共通)までは1.8km。独走で残り1kmアーチを駆け抜けたジルベールが、何度か振り返って後続との距離を確認する。追走グループから飛び出したイェーレ・ファネンデルト(ベルギー、ロット・ベリソル)が届かないことを悟ると、3度目の優勝を表す3本指を立ててフィニッシュした。

「最後のカウベルグまで、ずっとチームメイトが素晴らしい仕事をしてくれた。おかげで最高のポジションで最後の勝負に挑めたんだ。登り始めでのサムエルのアタックは作戦通り。ライバルたちにとってサプライズになったはず。タイミングを見計らって、誰もが一番苦しむ急勾配のポイントでアタックした」と語るジルベールが2010年と2011年に続く3度目のアムステル制覇。

アルデンヌ最強のクラシックハンターとして、息を吹き返したジルベール。次戦フレーシュ・ワロンヌやリエージュ〜バストーニュ〜リエージュでも優勝候補の筆頭だ。なお、ジルベールは2011年にアルデンヌ3連勝を果たしている。



独走でフィニッシュするフィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシング)独走でフィニッシュするフィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシング) photo:Tim de Waele


アムステルゴールドレース2014表彰台アムステルゴールドレース2014表彰台 photo:Tim de Waeleジルベールの後方では、カウベルグで細分化したグループがバラバラとフィニッシュ。12秒後の第4グループのスプリントで、ビョルン・ルークマンス(ベルギー、ワンティ・グループグベルト)やマイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)に競り勝った新城が10位を射止めた。

トマ・ヴォクレールとシリル・ゴティエとともに、チームリーダーとして走った新城は「走り出して、すぐに調子の良さを感じ、250kmがアッと言う間だった」と語る。「今回は自分が成績を出したが、チームメイトみんなが強かった。チームメイトに感謝したい」。

2013年に24位という成績を残し、照準を合わせていたアムステル・ゴールドレースで結果を残した新城。「今シーズンの目標の一つに掲げていたレースに調子を合わせられたことは、これまでの経験があったからだと思う。しかし、悔しさは残るので、課題はまだあると感じた」と語っている。アムステル・ゴールドレース10位という成績は、アルデンヌクラシックにおける日本人歴代最高位。なお、UCIワールドツアーレースで2ポイントを獲得したため、UCIロード世界選手権における最低1名の出場枠を確保している。新城はフレーシュ・ワロンヌをパスし、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュに出場する予定だ。

選手コメントはチーム公式サイトならびにTeamユキヤ通信より。

アムステル・ゴールドレース2014結果
1位 フィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシング)
2位 イェーレ・ファネンデルト(ベルギー、ロット・ベリソル)
3位 サイモン・ゲランス(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)
4位 アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)
5位 ミカル・クヴィアトコウスキー(ポーランド、オメガファーマ・クイックステップ)
6位 サイモン・ゲシュケ(ドイツ、ジャイアント・シマノ)
7位 バウク・モレマ(オランダ、ベルキン)
8位 エンリーコ・ガスパロット(イタリア、アスタナ)
9位 ダニエル・モレーノ(スペイン、カチューシャ)
10位 新城幸也(日本、ユーロップカー)
11位 ビョルン・ルークマンス(ベルギー、ワンティ・グループグベルト)
12位 マイケル・マシューズ(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)
13位 ダヴィデ・レベッリン(イタリア、CCCポルサット)
14位 ファビアン・ウェーグマン(ドイツ、ガーミン・シャープ)
15位 アントニー・ルー(フランス、FDJ.fr)
16位 ジャンパオロ・カルーゾ(イタリア、カチューシャ)
17位 ルイ・コスタ(ポルトガル、ランプレ・メリダ)
18位 ロマン・クロイツィゲル(チェコ、ティンコフ・サクソ)
19位 アレクサンドル・コロブネフ(ロシア、カチューシャ)
20位 トム・ドゥムラン(オランダ、ジャイアント・シマノ)
6h25'57"
+05"
+06"


+10"



+12"








+21"



text:Kei Tsuji
photo:Tim de Waele
Amazon.co.jp 
の画像 敗北のない競技:僕の見たサイクルロードレース
カテゴリー: Book
著者: 土井 雪広
出版社: 東京書籍
最安価格: ¥ 1,620
アマゾン価格: ¥ 1,620
の画像 レースに勝つための最強ロードバイクトレーニング
カテゴリー: Book
著者: 高岡 亮寛
出版社: 日東書院本社
最安価格: ¥ 1,836
アマゾン価格: ¥ 1,836
カテゴリー: CE
メーカー: パナソニック
最安価格: ¥ 392
アマゾン価格: ¥ 392