ジャパン・トラック・カップ Ⅱで新田祐大(JPN、JPCU福島)と小林優香(JPN、日本競輪学校)が前日のⅠに続いて優勝。オムニアムは6種目中3種目を終え、窪木一茂(JPN、和歌山県庁/チーム右京)と中村妃智(JPN、日本体育大)が暫定4位に。

開催中のジャパントラックカップはⅠとⅡの2大会が連続して行われるもので、1月25日(土)はⅡの第1日目が行われた。決勝種目は男女エリートのケイリンのみで、男女オムニアムは全6種目中3種目が行われた。

トップ選手の戦いを間近に見られるのがジャパントラックカップトップ選手の戦いを間近に見られるのがジャパントラックカップ photo:Hideaki Takagi
エキシビションでジュニア日本記録

大会開始に先立ってエキシビションで男女ジュニア種目が行われた。男子ジュニア4kmチームパーシュートはJCFジュニア(阿部、孫崎、安田、松本)が4分28秒347の好記録、高体連(高橋、徳田、野本、小島)は4分42秒049。女子ジュニアチームスプリント(250mx2)は2つの日本新記録を樹立。JCFジュニア強化A(大久保花梨、鈴木奈央)が37秒858、同B(坂本咲、田村ひろみ)は40秒666。男子ジュニアチームスプリント(250mx3)はJCFジュニア(布居、簗田、野上)が49秒681、高体連(佐藤、西内、清水)が51秒594を記録した。

男子エリートケイリン

決勝に進んだ6人全員が競輪選手の男子エリート決勝。渡邉一成(シクロチャンネルTOKYO、JPCU福島)、新田祐大(JPN、JPCU福島)、菅田和宏(JPN、JPCU宮城)の並びが、ペーサー離脱後は渡邉の後方に菅田が入る。渡邉はそのまま最終3・4センターまで先行するが新田が4コーナーから抜け出して優勝。前日の大会Ⅰに続いて連勝。

男子エリートケイリン 新田祐大(JPN、JPCU福島)が優勝男子エリートケイリン 新田祐大(JPN、JPCU福島)が優勝 photo:Hideaki Takagi男子エリートケイリン 表彰男子エリートケイリン 表彰 photo:Hideaki Takagi

1位 新田祐大(JPN、JPCU福島)
2位 坂本貴史(JPN、JPCU青森)
3位 渡邉一成(シクロチャンネルTOKYO、JPCU福島)

女子エリートケイリン

前田佳代乃(シクロチャンネルTOKYO)、中川諒子(JPCA、JPCU新潟)、加瀬加奈子(JPCA、JPCU新潟)の並びで周回、ペーサー離脱後は中川、そして最終周回は加瀬が先行。加瀬の後方にいたミッシー・エリクソン(アメリカ)が抜きにかかるが、さらにアウト側から小林優香(JPN、日本競輪学校)が抜き差って優勝。小林はまだ競輪学校在学中の生徒だが、勝負勘と自力で上がっていく力を見せ、前日の大会Ⅰに続き連勝。

女子エリートケイリン 小林優香(JPN、日本競輪学校)が優勝女子エリートケイリン 小林優香(JPN、日本競輪学校)が優勝 photo:Hideaki Takagi女子エリートケイリン 表彰女子エリートケイリン 表彰 photo:Hideaki Takagi

1位 小林優香(JPN、日本競輪学校)
2位 石井寛子(JPN、JPCU東京)
3位 ミッシー・エリクソン(アメリカ)

女子オムニアム 3/6種目

初日はフライングラップ(250m)、ポイントレース、エリミネイションの3種目が行われた。フライングラップはディアオ・ジャオジュアン(香港)が14秒934、ポイントレースはパン・ヤオ(香港)、エリミネイションはソム・ネット・ジュファ(マレーシア)がそれぞれ1位に。

女子オムニアム フライングラップ1位はディアオ・ジャオジュアン(香港)が14秒934女子オムニアム フライングラップ1位はディアオ・ジャオジュアン(香港)が14秒934 photo:Hideaki Takagi女子オムニアム ポイントレースのディアオ・ジャオジュアン(香港)、中村妃智(JPN、日本体育大)女子オムニアム ポイントレースのディアオ・ジャオジュアン(香港)、中村妃智(JPN、日本体育大) photo:Hideaki Takagi

1日目3種目終了時点の順位は次の通りだ。

1位 ディアオ・ジャオジュアン(香港)5点
2位 ソム・ネット・ジュファ(マレーシア)7点
3位 パン・ヤオ(香港)12点
4位 中村妃智(JPN、日本体育大)12点
5位 小島蓉子(JPN、日本体育大)13点
6位 斉藤望(日本体育大)14点

男子オムニアム 3/6種目

女子と同じく初日は3種目を実施。フライングラップはオリヴィエ・ビアー(スイス)が13秒592、ポイントレースとエリミネイションはチェン・キン・ロー(香港)がそれぞれ1位に。暫定トップのビアーはツール・ド・北海道2013にメンドリシオで出場、中距離に強い選手。ポイントレースではチェン・キン・ローの強さが際立ち集団を3ラップ、そのうちの1回は単独でのもの(レース中にこれが表示されなかった)。窪木一茂(JPN、和歌山県庁/チーム右京)は3ラップしてポイントも12回中7回をトップ通過と切れ味鋭い走りを見せ会場を沸かせたが、マイナス1ラップがあり2位に。

男子オムニアム フライングラップ1位はオリヴィエ・ビアー(スイス)13秒592男子オムニアム フライングラップ1位はオリヴィエ・ビアー(スイス)13秒592 photo:Hideaki Takagi男子オムニアム ポイントレースのチェン・キン・ロー(香港)、窪木一茂(JPN、和歌山県庁/チーム右京)ら男子オムニアム ポイントレースのチェン・キン・ロー(香港)、窪木一茂(JPN、和歌山県庁/チーム右京)ら photo:Hideaki Takagi

1日目3種目終了時点の順位は次の通りだ。

1位 オリヴィエ・ビアー(スイス)8点
2位 チェン・キン・ロー(香港)8点
3位 レン・チュン・ウィン(香港)12点
4位 窪木一茂(JPN、和歌山県庁/チーム右京)14点
5位 橋本英也(JPN、鹿屋体育大)15点
6位 倉林巧和(日本体育大)20点

photo&text:高木秀彰

フォトギャラリー2(CW Facebookアルバム)
Amazon.co.jp 
の画像 ジャパンカップ サイクルロードレース2012 特別版 [DVD]
カテゴリー: DVD
メーカー: ジェイ・スポーツ
参考価格: ¥ 4,180
最安価格: ¥ 3,092
アマゾン価格: ¥ 3,092
の画像 ジャパンカップ サイクルロードレース 2011 [DVD]
カテゴリー: DVD
メーカー: 東宝
参考価格: ¥ 2,750
最安価格: ¥ 2,383
アマゾン価格: ¥ 2,383
の画像 BICYCLE NAVI (バイシクル ナビ) 2014年 01月号 [雑誌]
カテゴリー: Book
メーカー: ボイス・パブリケーション
参考価格: ¥ 1,026
最安価格: ¥ 1,026
アマゾン価格: ¥ 1,026