連載でお届けするプロバイクレポート。今回はツール第100回記念大会を走った最新鋭のTTバイクを特集する第2弾。キャノンデールプロサイクリング、カチューシャ、アルゴス・シマノ、コフィディス、ユーロップカーのバイクを紹介する。



キャノンデールプロサイクリング < キャノンデール Slice RS >

マチェイ・ボドナール(ポーランド、キャノンデールプロサイクリング)のキャノンデール Slice RSマチェイ・ボドナール(ポーランド、キャノンデールプロサイクリング)のキャノンデール Slice RS photo:Makoto.AYANO

キャノンデールは昨年はエース選手のみに供給したSlice RSを、今大会では全選手に供給。シートポストの後ろ側までに伸びたトップチューブ/シートチューブなど非常に特徴的なフォルムを持つバイクだが、その形状を追従する他メーカーが現れるなど、その優位性は確かな様だ。コンポーネントは2世代前の10段変速のスラムレッドをメインに使用する。

ファビオ・サバティーニ(イタリア、キャノンデールプロサイクリング)のキャノンデール Slice RSファビオ・サバティーニ(イタリア、キャノンデールプロサイクリング)のキャノンデール Slice RS photo:Makoto.AYANOリアブレーキケーブルはクリアランスが少ない部分を通るリアブレーキケーブルはクリアランスが少ない部分を通る photo:Makoto.AYANO
専用のインテグレーテッドステムを使用する専用のインテグレーテッドステムを使用する photo:Makoto.AYANOトップチューブとシートチューブ接合点の造形、シートポストにはリクイガスのステッカーがトップチューブとシートチューブ接合点の造形、シートポストにはリクイガスのステッカーが photo:Makoto.AYANO


ポーランドのTTチャンピオンであるマチェイ・ボドナールはスペシャルカラーのバイクを使用。そして、ビジョンのTT用クランク「TRIMAX CARBON」やバーエンドシフター、フロントディレーラー、ノコンのケーブルなどチームの通常仕様と異なるパーツアッセンブルがなされていた。



カチューシャ < キャニオン Speedmax CF Evo >

ホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)のキャニオン Speedmax CF Evoホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)のキャニオン Speedmax CF Evo photo:Makoto.AYANO

カチューシャからは近年TTにおける成績を伸ばしつつあるホアキン・ロドリゲス(スペイン)のバイクをピックアップ。フレームはステムとトップチューブを1直線としたSpeedmax CF Evo。コンポーネントは7970シマノデュラエースにSRMを装着した7900系デュラエースのクランクを組み合わせる。第17ステージのTTでは下りでタイムを稼ぐためにメーカー不詳の巨大チェーンリングを使用していた。

シートポストは前後を逆転して使用し、サドルは目一杯後方に装着されるシートポストは前後を逆転して使用し、サドルは目一杯後方に装着される photo:Makoto.AYANOアームレストのパッドはビニールテープで固定されるアームレストのパッドはビニールテープで固定される photo:Makoto.AYANO


ホイールはマヴィックでフロントにCXR60、リアにコメットを組み合わせる。ハンドル周りはフレーム専用品で、DHバーのアームレストには独自に切り出したクッションがビニールテープで固定されていた。サドルはUCIの規則に適合させるために先端を切り落としたセライタリアのSLR TRIを装着。



アルゴス・シマノ < フェルト DA >

アルゴスシマノが使用するフェルト DAアルゴスシマノが使用するフェルト DA photo:Makoto.AYANO

アルゴス・シマノはトライアスロンをバックグラウンドに持つフェルトのTTバイク「DA」を使用。シマノのサポートを受けているがコンポーネントは旧型の7970系シマノデュラエースを装着。写真のバイクには9000系の開発時に登場したプロトタイプのチェーンリングがと思われるものがアッセンブルされていた。

ハンドル周りはシマノとPROで固められるハンドル周りはシマノとPROで固められる photo:Makoto.AYANODHバーとブルホーンバーの先端にスイッチが設けられるDHバーとブルホーンバーの先端にスイッチが設けられる photo:Makoto.AYANO
リアホイールはPROのカーボンワイドロードチューブラーリアホイールはPROのカーボンワイドロードチューブラー photo:Makoto.AYANO前後共に太目のタイヤが装着されていた前後共に太目のタイヤが装着されていた photo:Makoto.AYANO


ホイールはフロントに75mmハイトのWH-9000-C75-TU、リアにPROのカーボンワイドロードチューブラーを装着。組み合わせられるヴィットリア製のタイヤは前後共に太く、フロントが25mmのCORSA EVO CXⅢ、リアはロゴのみが入ったプロトタイプであった。大きなサイズのバイクではあるがサドルが目一杯前方に固定され、先端が切り落とされていた。



コフィディス < ルック 596 >

ルイスアンヘル・マテマルドネス(スペイン、コフィディス)のルック 596ルイスアンヘル・マテマルドネス(スペイン、コフィディス)のルック 596 photo:Makoto.AYANO

コフィディスはトップチューブの形状が特徴的なルックのTTマシン「596」を使用。細部が市販品と異なり、シートチューブやサドルの固定方法、フロントフォークのステム取付部分及びステムが変更されるなど大幅な変更が加えられたチーム供給専用フレームの様だ。コンポーネントは7970系シマノデュラエースを基本とする。

ブレーキはセンタープル方式のTriRig Omegaブレーキはセンタープル方式のTriRig Omega photo:Makoto.AYANO市販品とは異なるフォーク/ヘッドチューブ周りの造形市販品とは異なるフォーク/ヘッドチューブ周りの造形 photo:Makoto.AYANO
チェーンに接触しそうな程クリアランスが詰められたシートステーチェーンに接触しそうな程クリアランスが詰められたシートステー photo:Makoto.AYANO独特の造形を持つトップチューブ独特の造形を持つトップチューブ photo:Makoto.AYANO


フロント周りはルックZED2クランクにFSAのチェーンリングを組み合わせる。ブレーキキャリパーは世界最軽量のビンディングペダルなどマニアックなパーツをリリースするTriRigのOmega。センタープル方式として空気抵抗の削減を狙っている様だ。ホイールはマヴィックでフロントにCXR60やCXR80、リアにコメットを組み合わせる。



ユーロップカー < コルナゴ K.ZERO >

ユーロップカーが使用するコルナゴ K.ZEROユーロップカーが使用するコルナゴ K.ZERO photo:Makoto.AYANO

ユーロップカーをサポートするコルナゴは今大会では全選手にK.ZEROを配備。コンポーネントはカンパニョーロのレコードEPSで、クランクのみ旧型のレコードを使用している様だ。ホイールもカンパニョーロで、リアには11段のスプロケが使用可能なBORA ULTRA TTを装着する。写真のバイクには発売から20年以上たった今でも多くの愛用者がいるセライタリアの初期型フライトが装着され、先端を切り落としてUCIの規則に適合させている。ペダルは裏面にカバーを配して空力性能を向上させたルックのKeoブレードカーボンエアロだ。



text:Yuya.Yamamoto
photo:Makoto.AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 CICLISSIMO (チクリッシモ) No.35 2013年10月号 (サイクルスポーツ2013年10月号増刊)
カテゴリー: Book
出版社: 八重洲出版
最安価格: ¥ 1,620
アマゾン価格: ¥ 1,620