6月27日、ツール・ド・フランス100回記念大会のチームプレゼンテーションがコルシカ島ポルトヴェッキオで開催された。会場は港。選手たちはクルーザーでステージに乗り付けた。

ポルトヴェッキオの港に設置されたプレゼンテーション会場ポルトヴェッキオの港に設置されたプレゼンテーション会場 (c)Makoto.AYANO
ツール・ド・フランスだいちゅき!ツール・ド・フランスだいちゅき! (c)Makoto.AYANOステージで繰り広げられた中世のパフォーマンスステージで繰り広げられた中世のパフォーマンス (c)Makoto.AYANO

フランスならニース、イタリアならリヴォルノといった都市からフェリーで5時間以上の離島、コルシカ島。このナポレオンの生まれた島で第100回記念大会は開幕する。

グランデパールの2日前の夜に用意されたチームプレゼンテーション。会場はポルトヴェッキオの港。午後18時半、対岸のボート乗り場から選手たちが各チームごとに分乗して港の対岸に設置されたステージに向かう。

本土フランスから遠い島に島であることに加えて、ポルトヴェッキオはさらに南端の都市。交通の便の悪さと、まだ6月という本格バカンス前であることで観客の姿は少し少なめと言わざるを得ない。熱心なイギリス、ノルウェー、ベルギーなど各国応援団の姿もちらほら見かけられる。漢字の「新城幸也」の応援旗も目立つ位置に。

ボートに乗り込んでプレゼンテーション会場へ向かう選手たちボートに乗り込んでプレゼンテーション会場へ向かう選手たち (c)Makoto.AYANOボートに乗ってやってきたFDJ.frボートに乗ってやってきたFDJ.fr (c)Makoto.AYANO

プレゼンテーションステージに上がったコフィディスプレゼンテーションステージに上がったコフィディス (c)Makoto.AYANO新城幸也の垂れ幕を用意した日本からのファン新城幸也の垂れ幕を用意した日本からのファン (c)Makoto.AYANO

コフィディスがステージ一番乗り。青・白・黒のトリコロールによるリトアニアナショナルチャンピオンジャージを着たエースのレイン・ターラマエが真っ先に登壇した。先の週末がヨーロッパ各国ナショナル選手権とあって、この場が新ナショナルジャージのお披露目になる。もちろんナショナルチャンピオンになったからといってツールメンバーに抜擢される保証はないが、そこはやはり世界最高の舞台。多くの新ジャージが集う。

6月23日、6年ぶりの優勝を大分で飾った新城幸也。ジャージ供給メーカーのルイガノ社はカナダはケベックの会社であるため、ジャージの製作・輸送がこの日には間に合わなかった。届くのは翌日午前、お披露目は第1ステージのグランデパールということになった。

知名度が無い新フランスチャンピオンのアルテュール・ヴィショ(フランス、FDJ.FR) 知名度が無い新フランスチャンピオンのアルテュール・ヴィショ(フランス、FDJ.FR)  (c)Makoto.AYANOイギリスチャンピオンジャージに身を包んだマーク・カヴェンディッシュ(スカイプロサイクリング)イギリスチャンピオンジャージに身を包んだマーク・カヴェンディッシュ(スカイプロサイクリング) (c)Makoto.AYANO新ドイツチャンピオンジャージを着て登場したアンドレ・グライペル(ロット・ベリソル)新ドイツチャンピオンジャージを着て登場したアンドレ・グライペル(ロット・ベリソル) (c)Makoto.AYANO

チームプレゼンテーションに登場したユーロップカー 新城幸也の日本チャンピオンジャージは間に合わなかったチームプレゼンテーションに登場したユーロップカー 新城幸也の日本チャンピオンジャージは間に合わなかった (c)Makoto.AYANO

日本のナショナルチャンピオンジャージに身を包んだ選手が世界最高のレースであるツール・ド・フランスを走るという、我々日本人の夢のひとつが叶おうとしているが、その感動は2日おあずけとなった。しかし、司会のダニエル・マンジャスさんはしっかりとユキヤ・アラシロが新しい日本のチャンピオンであることを観客たちに紹介してくれた。ユキヤはトマ・ヴォクレールとピエール・ロランに挟まれて立ち、チーム写真に収まった。

新しいジャージを披露したのはブランコ改め「ベルキン」。携帯電話などIT系デバイスのアクセサリー製造メーカーとして認知度があるアメリカの会社がこのツールからのスポンサードに名乗りをあげ、ライトグリーンのジャージで登場。バイクにもそのカラーの差し色が入った。

カメラマンの前に整列してチーム写真に収まるカメラマンの前に整列してチーム写真に収まる (c)Makoto.AYANO新ジャージと新チーム名で登場したベルキンプロサイクリング新ジャージと新チーム名で登場したベルキンプロサイクリング (c)Makoto.AYANO

青いジャージに変わったFDJ.FR フランス期待のティボー・ピノ青いジャージに変わったFDJ.FR フランス期待のティボー・ピノ (c)Makoto.AYANOスロバキアチャンピオンの証が入ったジャージを着るペーター・サガン(キャノンデール)スロバキアチャンピオンの証が入ったジャージを着るペーター・サガン(キャノンデール) (c)Makoto.AYANOアルカンシェルで登場の世界チャンプ、フィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシングチーム)アルカンシェルで登場の世界チャンプ、フィリップ・ジルベール(ベルギー、BMCレーシングチーム) (c)Makoto.AYANO

白からブルーにジャージのカラーが変わったのはFDJだ。チーム名もFDJ.frとドメイン付きになり、ロッタリーの会社だけにサイトへのアクセスを呼びかけている感じ。ブランコのジャージが変わって青に空きが出て、もともと白でアルゴス・シマノとかぶっていただけに、見分けのつきやすい変更はフォトグラファー的にも歓迎だ。

レディオシャック・レオパードはバイクが(ビアンキのような)ミント系スカイブルーに塗り替えられた。赤のアクセントもところどころに入り、かなり印象が変わった。イギリスチャンピオンジャージに身を包んだマーク・カヴェンディッシュ(オメガファーマ・クイックステップ)は自身の名前をCVDSHと略号のように入れた限定モデルのバイクに乗って登場。グリーンにこだわるとおり、今年のマイヨ・ヴェール獲得に期待がかかる。

若手を揃えたフレッシュなチーム、アルゴス・シマノだが、フレッシュさを打ち消すように4人がヒゲ面と、ナス型サングラスで登場。「おっさん」な演出(笑)。

ミントブルーに塗り替わったレディオシャック・レオパードのトレックミントブルーに塗り替わったレディオシャック・レオパードのトレック (c)Makoto.AYANOカヴェンディッシュにはスペシャライズドのCVNDSHモデルが用意されたカヴェンディッシュにはスペシャライズドのCVNDSHモデルが用意された (c)Makoto.AYANO

飛び出すプリト(葉巻)のイラストが入ったホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)のサドル飛び出すプリト(葉巻)のイラストが入ったホアキン・ロドリゲス(スペイン、カチューシャ)のサドル (c)Makoto.AYANOガーミン・シャープのサーヴェロのバイクは100回記念大会特別バージョンガーミン・シャープのサーヴェロのバイクは100回記念大会特別バージョン (c)Makoto.AYANO

優勝候補クリス・フルーム(イギリス、スカイプロサイクリング)リラックスした表情をみせる優勝候補クリス・フルーム(イギリス、スカイプロサイクリング)リラックスした表情をみせる (c)Makoto.AYANO声援に応えるアルベルト・コンタドール(スペイン、サクソ・ティンコフ)声援に応えるアルベルト・コンタドール(スペイン、サクソ・ティンコフ) (c)Makoto.AYANO

最後に登場したのは優勝候補筆頭のクリス・フルーム擁するスカイ・プロサイクリング。このチームだけは緊張度が違って見えたのは気のせいだろうか。何か、連覇に向けた気迫を放っているように感じる。

100回記念大会というには凝った演出らしきものは見当たらなかったが、島ののんびりした時間の流れに合わせたかのような暖かなプレゼンテーションだった。


photo&text:Makoto.AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 ツール・ド・フランス2013公式プログラム (ヤエスメディアムック405)
カテゴリー: Book
メーカー: 八重洲出版
参考価格: ¥181
最安価格: ¥70
アマゾン価格: ¥181
の画像 シークレット・レース (小学館文庫)
カテゴリー: Book
メーカー: 小学館
参考価格: ¥975
最安価格: ¥59
アマゾン価格: ¥975
の画像 VELO MAGAZINE (ベロマガジン) 日本版 VOL.7 2013年 07月号 [雑誌]
カテゴリー: Book
メーカー: ベースボール・マガジン社
参考価格: ¥ 1,572