後半にかけて標高差928mを登るという極端なコースレイアウトが採用されたツール・ド・スイス(UCIワールドツアー)第9ステージ・個人タイムトライアル。登りを最速で駆け上がったルイ・コスタ(ポルトガル、モビスター)がステージ優勝を飾るとともに、逆転で大会連覇を達成した。

ツール・ド・スイス2013第9ステージ・コース高低図ツール・ド・スイス2013第9ステージ・コース高低図 image:www.tourdesuisse.ch総合争いに決着をつける第9ステージの個人TTは、全長が26.8kmと短いながらも、ゴール手前の10.3kmで標高差928mを駆け上がる厳しいもの。平均勾配9.0%という急勾配の登り「フルームサーベルク」がツール・ド・スイスのフィナーレだ。

トップタイムを叩き出し、総合優勝に輝いたルイ・コスタ(ポルトガル、モビスター)トップタイムを叩き出し、総合優勝に輝いたルイ・コスタ(ポルトガル、モビスター) photo:Riccardo Scanferla前半平坦・後半登りというコースレイアウト。選手たちは前半をTTバイクで走り、登りの手前でノーマルバイクにスイッチするという手法を選んだ。

ステージ3位のバウク・モレマ(オランダ、ブランコプロサイクリング)は総合2位でフィニッシュステージ3位のバウク・モレマ(オランダ、ブランコプロサイクリング)は総合2位でフィニッシュ photo:Riccardo Scanferlaディフェンディングチャンピオンで、13秒差の総合2位につけるコスタも例外ではなく、TTバイクでスタートを切り、ノーマルバイクで登りを走る。リーダージャージのマティアス・フランク(スイス、BMCレーシングチーム)を1分56秒引き離す走りで、総合逆転を達成した。

ステージ3位のバウク・モレマ(オランダ、ブランコプロサイクリング)が総合2位、ステージ7位のロマン・クロイツィゲル(チェコ、サクソ・ティンコフ)が総合3位でフィニッシュ。23歳のティボー・ピノ(フランス、FDJ)が総合4位という成績を残している。

51分56秒というトップタイムをマークし、今大会ステージ2勝目を飾ったコスタは「今日のタイムトライアルで全てが決まると思っていた。だから先週コースを下見したんだ。本当に厳しいコースだと思った。とにかく登りが長いので、レース途中のバイク交換が必要だという結論に至ったんだ」と言う。「ワット表示に気を配りながら集中して走り、バイク交換も上手く行った。チームカーの監督にライバルとのタイム差を逐一聞きながら走った。僅差の総合争いになると思ったので、全開で登りを走ったのが功を奏したよ」。

コスタはビッグネームを力で抑え込み、大会連覇を達成。初優勝を飾った昨年よりもずっと落ち着いた走りで2度目の大きな勝利を掴んだ。「去年と今年の勝利は全く違う。去年はリーダージャージを獲得するのが早すぎたので、力を浪費してしまった。リーダージャージを着ることで、表彰台や記者会見などで2時間は拘束されてしまい、リカバリーの時間が削られる。その点、今年はフレッシュな状態で最終日まで走ることが出来た。この勝利はセンセーショナルな走りをしてくれたチームメイトと、ポルトガルから駆けつけてくれたファンに捧げたい」。

コスタはツール・ド・フランスでも注目の存在。昨年のツールでコスタはアレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)の総合20位を上回る総合18位という成績を残している。「ツールを真剣に考える時期に差し掛かっている。危険な1週目を無事に終えることが最初の目標。モビスターは最強チームの一つだと自負しているし、チームの士気も上がっている。個人的には、来週のスペイン選手権ロードとタイムトライアルで最後の調整をしたい」。

21秒差のステージ2位に入ったタネル・カンゲルト(エストニア、アスタナ)21秒差のステージ2位に入ったタネル・カンゲルト(エストニア、アスタナ) photo:Riccardo Scanferlaステージ10位・1分19秒差 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)ステージ10位・1分19秒差 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム) photo:Riccardo Scanferla1分32秒差のステージ12位に入ったダニエル・マーティン(アイルランド、ガーミン・シャープ)1分32秒差のステージ12位に入ったダニエル・マーティン(アイルランド、ガーミン・シャープ) photo:Riccardo Scanferla
ツール・ド・スイス2013総合表彰台 左から3位クロイツィゲル、1位コスタ、2位モレマツール・ド・スイス2013総合表彰台 左から3位クロイツィゲル、1位コスタ、2位モレマ photo:Riccardo Scanferla

選手コメントはチーム公式サイトより。

ツール・ド・スイス2013第9ステージ結果
1位 ルイ・コスタ(ポルトガル、モビスター)                  51'56"
2位 タネル・カンゲルト(エストニア、アスタナ)                  +21"
3位 バウク・モレマ(オランダ、ブランコプロサイクリング)             +29"
4位 ジャンクリストフ・ペロー(フランス、アージェードゥーゼル)          +42"
5位 アンドレイ・アマドール(コスタリカ、モビスター)               +43"
6位 ティボー・ピノ(フランス、FDJ)                       +55"
7位 ロマン・クロイツィゲル(チェコ、サクソ・ティンコフ)            +1'00"
8位 サイモン・スピラック(スロベニア、カチューシャ)              +1'05"
9位 ヤネス・ブライコヴィッチ(スロベニア、アスタナ)              +1'06"
10位 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)      +1'19"

個人総合成績
1位 ルイ・コスタ(ポルトガル、モビスター)                 31h08'11"
2位 バウク・モレマ(オランダ、ブランコプロサイクリング)            +1'02"
3位 ロマン・クロイツィゲル(チェコ、サクソ・ティンコフ)            +1'10"
4位 ティボー・ピノ(フランス、FDJ)                      +1'26"
5位 マティアス・フランク(スイス、BMCレーシングチーム)            +1'43"
6位 タネル・カンゲルト(エストニア、アスタナ)                 +1'51"
7位 ティージェイ・ヴァンガーデレン(アメリカ、BMCレーシングチーム)      +2'23"
8位 ダニエル・マーティン(アイルランド、ガーミン・シャープ)          +2'42"
9位 サイモン・スピラック(スロベニア、カチューシャ)
10位 キャメロン・マイヤー(オーストラリア、オリカ・グリーンエッジ)      +3'44"       +1'42"

ポイント賞
ペーター・サガン(スロバキア、キャノンデールプロサイクリング)

山岳賞
ロベルト・ヴレセル(スロベニア、エウスカルテル)

スプリント賞
ロベルト・ヴレセル(スロベニア、エウスカルテル)

チーム総合成績
アスタナ

text:Kei Tsuji
photo:Riccardo Scanferla
Amazon.co.jp 
の画像 CYCLE SPORTS (サイクルスポーツ) 2013年 08月号 [雑誌]
カテゴリー: Book
出版社: 八重洲出版
の画像 BiCYCLE CLUB (バイシクル クラブ) 2013年 08月号 [雑誌]
カテゴリー: Book
出版社: エイ出版社
最安価格: ¥ 720
アマゾン価格: ¥ 720
の画像 funride (ファンライド) 2013年 08月号 [雑誌]
カテゴリー: Book
出版社: アールビーズ
最安価格: ¥ 771
アマゾン価格: ¥ 771