ユニークな構造のライトをリリースする「MOON(ムーン)」より、周囲の明るさに応じて自動で点灯/消灯する、フロントライトの「METEOR-X AUTO」とテールライト「ARCTURUS AUTO」が登場した。日中でも視認性を高めるデイライトフラッシュも搭載し、より安全なライドを楽しむ事ができるライトを紹介しよう。



ムーン METEOR-X AUTO

METEOR-X AUTOMETEOR-X AUTO (c)www.moon-sport.com
METEOR-X AUTOは、ムーンのLED1灯式小型フロントライト「METOR」シリーズの新作。周囲の明るさに応じて自動的に電源がオン/オフするオートライトモードを備えたことが特徴だ。このモードをセットすることで、ライド中にトンネルを通過する際に、わざわざ電源ボタンを操作する必要がなくなり、ライドに集中できるだろう。

加えて、METEOR-X AUTOには点灯モードの最大光量320ルーメンよりも高い450ルーメンで点滅するデイライトフラッシュが採用されている。明るい日中でもフロントライトを点灯し、周囲に自分の存在をアピールすることで、巻き込み事故などのリスクが少なくなるはずだ。

ムーン METEOR-X AUTOムーン METEOR-X AUTO (c)www.moon-sport.comラバーバンドのマウントを使用しているため、翼断面から様々な径のハンドルに装着することができるラバーバンドのマウントを使用しているため、翼断面から様々な径のハンドルに装着することができる (c)www.moon-sport.com

バッテリーを交換できるので長く使う事ができるバッテリーを交換できるので長く使う事ができる (c)アキ・コーポレーションアタッチメント次第では様々なところに取り付けられるアタッチメント次第では様々なところに取り付けられる (c)www.moon-sport.com


バッテリーには容量1400mAhのリチウムイオン充電池を使用することで、従来モデルより照射時間を引き伸ばすことに成功している。デイライトフラッシュで57時間という通勤やロングライドに十分なランタイムで、320ルーメンの点灯モードでは2時間のランタイムだ。充電には2.5時間を必要とする。また、内蔵されるバッテリーは交換可能で、バッテリーが劣化した際や夜通し走るようなシチュエーションでも安心だ。

また、ムーンの充電式ライト類は、充電を行いながら稼働させることが可能だ。例えば、スマートフォン用の外付けバッテリーからも給電することができるため、ロングライド時に外付けバッテリーを持ち運べば、万が一電源が切れた際も充電しながら走行を続けることができる。

LED周りのヘッド部分の素材にはアルミを使用することで放熱性を向上させた。また、ボディは小型化が図られているため、サイクルコンピューターなどで混み合いやすいハンドル周りでも取り付けやすくなっている。バイクへの装着はラバーバンドで行うため、翼断面形状のエアロハンドルにも対応する。

METEOR-X AUTO照射例METEOR-X AUTO照射例 (c)アキコーポレーション
オートライトモードにより利便性、デイライトフラッシュにより安全性を向上させたMETEOR-X AUTO。オプションとして防水リモートスイッチとヘルメットブラケットも用意されており、拡張性も高くなっている。値段は4,300円(税抜)。

ムーン METEOR-X AUTO
付属バッテリー:リチウムイオンバッテリー1400mAh
連続点灯:7時間(100ルーメン)、4時間(180ルーメン)、2時間(320ルーメン)
連続点滅:20時間(60ルーメン)、18時間(200ルーメン)
デイライトフラッシュ:57時間(450ルーメン)
S.O.S.モード:24時間(60ルーメン)
充電時間:2.5時間
サイズ:88×30×34mm
重量:86g
価格:4,300円(税抜)



ムーン ARCTURUS AUTO

ARCTURUS AUTOARCTURUS AUTO (c)www.moon-sport.com
ARCTURUS AUTO照射例ARCTURUS AUTO照射例 (c)アキコーポレーションARCTURUS AUTOは最大70ルーメンの光量を備えたテールライト。METEOR-X AUTOと同様に、オートライト機能とデイライトフラッシュ機能を搭載しており、トンネル通行時や夕暮れ時に自動点灯してくれたり、日中でも周囲に存在をアピールできたりと、ライドの安全性を高めた。

モードは点灯3モード、点滅3モード、デイライトフラッシュという7種類。最も明るいのは70ルーメンのデイライトフラッシュ時となっており、点灯モードと通常の点滅モードが照射する最大光量は35ルーメンとなる。ランタイムは10ルーメンの点滅モードで17時間、デイライトフラッシュで16.5時間、35ルーメンの点灯モードでは1時間20分となっている。

バッテリー残量が少なくなると、電力の消費量を抑えるオートセーフモードに切り替わり、45分長く点灯する機能も用意されているため、充電を忘れてしまっても安心できる。USBケーブル、エアロシートポストに対応したブラケットが付属し、オプションで防水リモートスイッチ、サドル用ブラケットも用意される。値段は3,700円(税抜)。


ムーン ARCTURUS AUTO
付属バッテリー:リチウムポリマーバッテリー280mAh
連続点灯:3時間45分(10ルーメン)、2時間20分(15ルーメン)、1時間20分(35ルーメン)
連続点滅:17時間(10ルーメン)、5時間(35ルーメン)、8時間(35ルーメン)
デイライトフラッシュ:16時間半(70ルーメン)
充電時間:2時間
サイズ:57.5×28.5×19mm
重量:30g
シートポスト取付径:20~52mm
価格:3,700円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 宮澤崇史の理論でカラダを速くするプロのロードバイクトレーニング
カテゴリー:
メーカー: 日東書院本社
参考価格: ¥1,870
最安価格: ¥1,870
アマゾン価格: ¥1,870
の画像 MOON(ムーン) moon LEDフロントライトCOMET WH
カテゴリー: Sports
メーカー: MOON(ムーン)
最安価格: ¥ 2,999
アマゾン価格: ¥ 2,999
の画像 MTB&パーツカタログ2016 (エイムック 3362)
カテゴリー:
メーカー: エイ出版社
参考価格: ¥3,784
最安価格: ¥523
アマゾン価格: ¥3,784