エンデュランスMTBレースで活躍する池田祐樹選手も愛用するアメリカ生まれの汗止めヘッドバンド、HALO(ヘイロ)から、汗止め機能を持ったサイクルキャップが登場した。



ヘイロ サイクルキャップヘイロ サイクルキャップ (c)mesuttaスウェットブロック・テクノロジーのやや上部にバイザーが取り付けられているスウェットブロック・テクノロジーのやや上部にバイザーが取り付けられている (c)mesutta

通常のサイクルキャップのように着用できる通常のサイクルキャップのように着用できる (c)mesuttaサイドビューも違和感は少ないサイドビューも違和感は少ない (c)mesutta


バンドの内側にシリコン製シールラインを配置する「スウェットブロック・テクノロジー」によって、額から垂れてくる水分を顔の側面に誘導できるヘイロのヘッドバンド。大量に汗をかくような場面、不意に雨が降るような場面でも、頭から垂れてきた汗や雨が目に入る心配を減らしてくれる便利なアイテムである。

シールラインは柔軟性に優れており、ピタリと額にフィットすることで「スウェットブロック・テクノロジー」の効果を最大限に発揮する。また、米国で数多くの販売実績がありながらも、シールラインが原因で肌の痒みや湿疹などを引き起こしたという例は報告されていないというから、肌が弱い方でも安心して使用できるだろう。

そんなヘイロのヘッドバンドラインアップに、以前より国内の展示会、販売店にて要望を受けていたというサイクルキャップが登場。バイザーが設けられたことで、雨粒から顔を守ることができ、水滴が目にはいる心配がより一層少なくなっているはずだ。

Drylineと呼ばれる吸汗速乾性に優れた素材に加えて、頭頂部分は穴あきのメッシュ地とされ、優れた通気性を実現している。また、生地には抗菌作用のある銀イオン加工が施されているため、臭いや痒みの原因となる菌の発生も抑えられている。

SPF35という紫外線カット性能も備え、髪へのダメージも軽減できるヘイロのサイクルキャップはヘアケアに気を遣う女性にもお勧め。カラーはブラックの1色。価格は4,400円(税抜)だ。6月18日より全国の自転車専門店、スポーツ用品店、ウェブショップにて販売が開始される予定だ。



ヘイロ サイクルキャップ
素 材:Dryline
カラー:ブラック
サイズ:フリー
価 格:4,400円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 Halo headband(ヘイロ ヘッドバンド) Halo II (ヘイロ II) プルオーバー (ヘッドバンドタイプ) [バンド幅 約5cm] [フリーサイズ] ブラック H0002BL ブラック
カテゴリー: Sports
メーカー: Halo headband(ヘイロ ヘッドバンド)
最安価格: ¥ 2,343
アマゾン価格: ¥ 2,343
の画像 Halo headband(ヘイロ ヘッドバンド) Halo II (ヘイロ II) プルオーバー (ヘッドバンドタイプ) [バンド幅 約5cm] [フリーサイズ] カモグリーン H0002CGRN カモグリーン
カテゴリー: Sports
メーカー: Halo headband(ヘイロ ヘッドバンド)
参考価格: ¥ 2,547
最安価格: ¥ 2,602
アマゾン価格: ¥ 3,250
の画像 Halo headband(ヘイロ ヘッドバンド) Halo PROTEX BANDANA (ヘイロ バンダナ) バンダナ (バンダナタイプ) [UV加工] [フリーサイズ] ブラック H0005BL ブラック
カテゴリー: Sports
メーカー: Halo headband(ヘイロ ヘッドバンド)
参考価格: ¥ 3,666
最安価格: ¥ 3,666
アマゾン価格: ¥ 3,666