高い技術を持つフランスの総合タイヤブランド、ミシュラン。そのシティバイク用タイヤのラインアップに「PROTEK Urban」の小径車用20インチサイズが登場した。スタンダードモデルのPROTEK、未舗装路にも対応するPROTEK CROSSとあわせて紹介しよう。



ミシュラン PROTEK Urbanミシュラン PROTEK Urban (c)日直商会
ミシュランのシティ向けタイヤシリーズ、CITY TREKKING。最も競技志向で高性能なPRO(ハイグレード)に位置づけられる「PROTEK Urban」と、汎用性が高いスタンダードモデルのSPORT-LEISUREの「PROTEK」「PROTEK CROSS」という3種類が用意されている。

PROTEK Urbanは、ミシュランが誇るロード用タイヤの最高峰モデル「PRO4」シリーズのハイグリップモデル「PRO4 GRIP」のコンパウンドを採用することで、グリップ力を向上させた1本。ミシュランが独自に作り上げたこのコンパウンドは、あらゆる気温、路面状況においても高いグリップ性能を発揮するというもので、レーサーを中心に広い支持を得ている。

ミシュラン PROTEKミシュラン PROTEK (c)日直商会ミシュラン PROTEK CROSSミシュラン PROTEK CROSS (c)日直商会さらにトレッドの下にはアラミド繊維の耐パンク層を装備。タイヤサイドには被視認性を向上させる反射テープを設けることで、昼夜問わずハードに活躍するアーバンバイク用のタイヤとしてぴったりだ。高いグリップ性能とあわせて、雨天時なども自転車通勤、通学で自転車に乗るライダーにはおススメだ。

2015年ラインアップでは小径車用20インチ×1.50サイズが追加され、3種類の700Cタイヤと2種類の26インチタイヤとあわせて6種類となった。

必要十分な転がり抵抗とグリップ力が程良くバランスしたシティ用タイヤのスタンダードモデルPROTEK。道路に落ちているゴミなどによる貫通パンクを防ぐために、厚さ1mmのパンク防止層が設けられていることが特徴だ。ラインアップはPROTEK Urban同様の6サイズの展開。価格は2,200円(税抜)。

PROTEK CROSSは今回紹介する3本の内、唯一ブロックパターンのトレッドが採用されているタイヤである。これによって街中の舗装路はもちろん、河川敷の砂利道などにも対応可能に。また、厚さ1mmの耐パンク層が設けられているため、ダートライドでのパンクする心配も少ない。700×30、35Cと26インチ×1.60、1.85という計4種類のラインアップだ。価格は2,200円(税抜)。



ミシュラン PROTEK Urban
サイズ:20x1.50、26x1.40、26x1.85、700x28C、700x32C、700x35C
ケーシング:30TPI
カラー:ブラック(リフレクターテープ付)
価 格:4,300円(税抜)

ミシュラン PROTEK
サイズ:26x1.40、26x1.85、700x28C、700x32C、700x35C
ケーシング:22TPI
カラー:ブラック(リフレクターテープ付)
価 格:2,200円(税抜)

ミシュラン PROTEK CROSS
サイズ:26x1.60、26x1.85、700x30C、700x35C
ケーシング:22TPI
カラー:ブラック(リフレクターテープ付)
価 格:2,200円(税抜)

Amazon.co.jp 
の画像 ミシュランガイド東京 2015―RESTAURANTS & HOTELS
カテゴリー: Book
メーカー: 日本ミシュランタイヤ
参考価格: ¥27
最安価格: ¥5,680
アマゾン価格: ¥27
の画像 ミシュランガイド関西 2015―RESTAURANTS & HOTELS
カテゴリー: Book
メーカー: 日本ミシュランタイヤ
参考価格: ¥60
最安価格: ¥25
アマゾン価格: ¥60