GPSサイクルコンピューターEgdeシリーズを展開するGARMIN(ガーミン)より、VO2max(最大酸素摂取量)、リカバリーアドバイザー、ランニングダイナミクスという多彩な機能を搭載したランニングウォッチ「ForeAthlete620J」が登場。ブラッシュアップされた「ForeAthlete220J」と合わせて紹介する。



ガーミン ForeAthlete620J
ガーミン ForeAthlete620Jガーミン ForeAthlete620J (c)いいよねっと
今回、新登場した「ForeAthlete620J」は50m完全防水のボディを持つランニングウォッチ。スポーツウォッチとしては前例の少ないVO2max(最大酸素摂取量)の計測やリカバリーアドバイザーなどの機能を搭載していることが特徴だ。Edgeシリーズと同様に「Live Traking」を搭載し、「Garmin Connect」で日々のトレーニングを管理できるようになっている。

大きな特徴の1つであるVO2maxの計測は心拍数や運動負荷から間接的に算定されており、人が体内(体重1kgあたり)に取り込むことのできる酸素の1分間あたりの最大量をml/kg/分の単位で表示してくれる。その数値を認識することで運動レベルの変動を把握することができるため、トレーニングのコントロールに役立てることができるだろう。

ランニング固有の機能であるがVO2maxを計測することで、5km、10km、ハーフ、フルマラソンの予想タイムを推定する「予想タイム」機能も搭載されている。サイクリングでもその数値を目安にすることはできるだろう。Edgeシリーズに搭載されることを期待したい。

VO2maxの計測時のディスプレイイメージ図VO2maxの計測時のディスプレイイメージ図 (c)いいよねっとリカバリーアドバイザー使用時のディスプレイイメージ図リカバリーアドバイザー使用時のディスプレイイメージ図 (c)いいよねっと屋内でもトレーニング管理ができるGセンサーが内蔵されている屋内でもトレーニング管理ができるGセンサーが内蔵されている (c)いいよねっと


「ForeAthlete620J」に記録されている履歴データと走行時の心拍数やペースの変動からトレーニング終了時に「回復に必要な時間」をアドバイスしてくれる「リカバリーアドバイザー」機能も新しく搭載されたものだ。トレーニングを開始した後に、回復の度合いを「グッド(良い)」「バッド(悪い)」「ノーマル(普通)」で示してくれるので、トレーニングでの負荷のかけ方の参考指標となり、効率的なトレーニングを行うことができるとのこと。前日との比較がされているため、コンディションを把握できるという点においては自転車でも活用できるはずだ。

タッチパネル仕様のカラーディスプレーを採用した、重量43.6g、薄さ12.5mmのスリムな本体と、メッシュのように穴がたくさん開いているベルトを持つ「ForeAthlete620J」は、1色のみの展開だが、ハートレートセンサーHRM-Runが付属したセット販売が行われる。本体のみの価格は36,800円(税抜)で、セット販売価格は43,800円(税抜)。


ガーミン ForeAthlete620J
サイズ:45mm x 45mm x 12.5mm
ディスプレイ:直径25.4mm、180 x 180ピクセル、カラー
重量:43.6g
稼働時間:約10時間(時計モード時は約6週間)
防水性能:50m完全防水
操作インターフェース:4ボタン & タッチパネルオペレーション
GPSチップ:みちびき対応高感度GPSチップ(捕捉時間短縮化)
価格:36,800円(税抜、本体のみ)、43,800円(税抜、ハートレートセンサーHRM-Runセット)



ガーミン ForeAthlete220J
ガーミン ForeAthlete220J(ホワイトバイオレット、ブラックレッド)ガーミン ForeAthlete220J(ホワイトバイオレット、ブラックレッド) (c)いいよねっと
前モデルから厚さが13mmから 12mmとなり、10g以上の軽量化を果たした「ForeAthlete220J」はスタイリッシュなデザインのワイヤレスフィットネスウォッチ。GPSや自動ラップ機能や自動ポーズ機能などEdge搭載されている機能を持ち、運動時の詳細なデータを記録できることが特徴だ。

本体には大容量メモリーを内蔵し、約200時間分ものトレーニングデータを記録できる様になっている。ディスプレイにはタイム、距離、ペース、スピード、ピッチ、カロリー、心拍など17種類以上のデータを表示でき、好みに合わせて表示できるとのこと。トレーニングサポート機能が充実しており、インターバルトレーニング、各種アラートトレーニングなどサイクリングでも活用可能だろう。

低反射仕様のカラーディスプレーによって、トレーニング中の視認性がアップし、瞬時に現在のステータスが認識できるようになっている。「ForeAthlete220J」はブラックレッドとホワイトバイオレットの2色の展開で、 25,800円(税抜)。ハートレートセンサーセット販売価は31,800円(税抜)だ。


スタイリッシュなデザインのガーミン ForeAthlete220Jスタイリッシュなデザインのガーミン ForeAthlete220J (c)いいよねっとガーミン ForeAthlete220J
サイズ:45mm x 45mm x 12mm
ディスプレイ:直径25.4mm、180 x 180ピクセル、カラー
重量:40.7g
稼働時間:約10時間(時計モード時は約6週間)
防水性能:50m完全防水
操作インターフェース:4ボタン & タッチパネルオペレーション
GPSチップ:みちびき対応高感度GPSチップ(捕捉時間短縮化)
カラー:ブラックレッド、ホワイトバイオレット
価格: 25,800円(税抜、本体のみ)、31,800円(税抜、プレミアムハートレートセンサーセット)





取り扱いはいいよねっと。