ベルガモ~マクニャーガの209kmで争われたジロ・デ・イタリア第19ステージは山頂ゴールの設けられた3級山岳マクニャーガで抜けだしたパオロ・ティラロンゴ(イタリア、アスタナ)がアルベルト・コンタドール(スペイン、サクソバンク・サンガード)とランデブーの末勝利を譲られ、2000年のプロ入り以来初勝利を挙げた。
ライブ告知: 
ジロ・デ・イタリア2011第19ステージテキストライブ