フランスのカーボンバイク専門ブランドであるタイムより「ZXRS」が発売される。今年のツール・ド・フランスも走ったタイム渾身のフラッグシップモデルだ。また、ビギナー~中級者をターゲットとした国内初の完成車「FIRST(ファースト)105」も合わせて登場。もちろんフルカーボンで、タイムらしい造形が光るモデルだ。取り扱いはダイナソア。


タイム ZXRS
タイム ZXRS(チーム12、完成車イメージ)タイム ZXRS(チーム12、完成車イメージ) (c)ダイナソア
2013年モデルよりモデルチェンジを果たした、タイムのフラッグシップロードが「ZXRS」。今までラグドフレームに注力していたタイムだが、このZXRSはヘッドチューブ・ダウンチューブ・トップチューブを一体成型し、シートチューブとBBブロックラグへと接続するセミモノコック構造としていることが特徴。これにより従来よりもねじれ剛性、横剛性を大きく向上しながら、タイム独特の柔軟な振動吸収性も引き継いでいる。

またシートポストはシートチューブ一体式の「トランスリンク」をRXRSより引き継ぎ、左右非対称のチェーンステーもブラッシュアップしている。カーボン製ドロップアウトを継続して採用するなど軽量化にもこだわり、フレーム+フォーク重量は1490g。Di2、EPSコンポーネント兼用仕様もラインナップされる。

タイム ZXRS(ブラックレーベル)タイム ZXRS(ブラックレーベル) (c)ダイナソアタイム ZXRS(VIP)タイム ZXRS(VIP) (c)ダイナソア


カラーバリエーションはブラックレーベル(レッド/ブラック)、VIP(グロスホワイト)、チーム12(ブラック/ホワイト)、ネイチャー(マットブラック)の4カラー。フレームセットのみの販売で、サイズ・カラー選択可能のステムが付属する。

タイム ZXRS(ネイチャー)タイム ZXRS(ネイチャー) (c)ダイナソアタイム ZXRS
■カラー:ブラックレーベル、VIP、チーム12、ネイチャー
■サイズ:6サイズ
■ヘッドベアリング径:上1-1/8・下1-1/2
■BB:BB30
■重 量:1490g(フレーム+フォーク)
■価 格:ブラックレーベル&VIP 472,500円 、チーム12&ネイチャー 462,000円(税込)
■付属品:ステム





タイム FIRST 105
タイム FIRST 105(シルバー、実際の仕様とは異なります)タイム FIRST 105(シルバー、実際の仕様とは異なります) (c)ダイナソア
ファースト105は、ヘッドチューブが長めに取られた「パフォーマンスジオメトリー」を採用したNXRSの弟分に当たるモデル。ビギナーにも対応するリラックスしたポジションを可能としている。インテグラルRTM工法と呼ばれるタイムオリジナルのテクノロジーで製造され、エントリーモデルながらカーボン製のドロップアウトや、左右非対称のチェーンステーなど、その作りこみは細部にまで及んでいる。

アッセンブルされるコンポーネントはシマノ・105フルセット、ホイールはWH-RS20-Aで、完成車重量は7.5kg。プライスは298,200円だ。カラーはブラックベースで、差し色にシルバーもしくはレッドが入る2種類の展開。

タイム FIRST 105(レッド、実際の仕様とは異なります)タイム FIRST 105(レッド、実際の仕様とは異なります) (c)ダイナソアタイム FIRST 105
■カラー:シルバー、レッド
■コンポーネント:シマノ 105
■ホイール:シマノ WH-RS20-A
■ハンドル:ヴァイ シャロー
■ステム:ヴァイ OS
■シートポスト:ヴァイ 31.6
■タイヤ:ハッチンソン エキノックス2
■BB:プレスフィット
■完成車重量:7.5kg
■価 格:298,200円(税込)