8月2日、ロンドンオリンピックのトラック競技がスタートした。初日は男女のチームスプリント決勝が行なわれ、イギリスとドイツが金メダルを獲得。開催国イギリスは男子チームスプリントと男子団体追い抜き予選で世界記録を叩き出した。

観戦に訪れたキャサリン夫人とウィリアム王子観戦に訪れたキャサリン夫人とウィリアム王子 photo:Cor Vos男子チームスプリントにフィリップ・ヒンデス、ジェイソン・ケニー、クリス・ホイの3名で挑んだイギリスはトップタイムで予選を通過。1回戦で42秒747のワールドレコードを叩き出して新田祐大、渡邉一成、中川誠一郎の3名で挑んだ日本を破ると、決勝でさらにその記録を塗り替える42秒600をマーク。フランスを破って優勝した。

イギリスは同種目連覇を達成。世界チャンピオンのオーストラリアはメダル獲得を逃している。アテネオリンピックの同種目で銀メダルを獲得した日本は、1回戦でイギリスに敗れて8位。

男子チームスプリント ワールドレコードで優勝したイギリス男子チームスプリント ワールドレコードで優勝したイギリス photo:Cor Vos男子チームスプリント 銀メダルを獲得したフランス男子チームスプリント 銀メダルを獲得したフランス photo:Cor Vos男子チームスプリント 銅メダルを獲得したドイツ男子チームスプリント 銅メダルを獲得したドイツ photo:Cor Vos

女子チームスプリント 優勝したドイツのミリアム・ヴェルテとクリスティーナ・ヴォーゲル女子チームスプリント 優勝したドイツのミリアム・ヴェルテとクリスティーナ・ヴォーゲル photo:Cor Vos女子チームスプリントは、予選で32秒447、1回戦で32秒422というワールドレコードを樹立した中国とドイツが決勝で対決。中国が32秒619で先着したが、1周目完了時の交代の際に違反があったとして降格処分に。中国の自転車競技における初優勝は幻となり、ドイツが金メダルを獲得した。

男子団体追い抜きは予選が行なわれ、エドワード・クランシー、ゲラント・トーマス、スティーヴン・バーク、ピーター・ケノーで挑んだイギリスが3分52秒499のワールドレコードで先頭通過している。

トラック競技2日目の8月3日には、女子団体追い抜き予選、女子ケイリン決勝、そして男子団体追い抜き決勝が行なわれる。


男子チームスプリント決勝
1位 イギリス           42"600(世界記録)
2位 フランス           43"013
3位 ドイツ            43"209
4位 オーストラリア        43"355
8位 日本             43"964
   新田祐大(JPCA・JPCU福島)
   渡邉一成(JPCA・JPCU福島)
   中川誠一郎(JPCA・JPCU熊本)

女子チームスプリント決勝
1位 ドイツ            32"798
2位 中国             REL
3位 オーストラリア        32"727
4位 ウクライナ          33"491

男子団体追い抜き予選
1位 イギリス           3'52"499(世界記録)
2位 オーストラリア        3'55"694
3位 ニュージーランド       3'57"607
4位 デンマーク          3'58"298
5位 ロシア            3'59"264

text:Kei Tsuji
photo:Cor Vos
Amazon.co.jp 
の画像 Heroes, Villains & Velodromes: Chris Hoy and Britain's Track Cycling Revolution
カテゴリー: Book
著者: Richard Moore
出版社: Harpercollins Pub Ltd
参考価格: ¥ 2,496
最安価格: ¥ 5,605
の画像 KEIRIN (ケイリン) マガジン 2012年 04月号 [雑誌]
カテゴリー: Book
出版社: 白夜書房
参考価格: ¥ 823