ランス・アームストロングのUSポスタル時代の元チームメイト、タイラー・ハミルトンが放送局CBSのドキュメンタリー番組「60minutes」において"アームストロングが禁止薬物を摂取しているところを見た"と話した。番組の予告編が流れたことで、すでにアメリカ国内の報道はエスカレートしている。

CBS 60minutes の番組ウェブサイトCBS 60minutes の番組ウェブサイト ハミルトンは番組内で司会者に対し、アームストロングがドーピングしたところを見たと話した。この番組は日曜に放送される予定だが、その発言を含む番組の部分的な予告編は、すでにウェブ上で公開されている。

ハミルトンは番組予告編内で「EPO、テストステロン、輸血があった」などと話し、アームストロングについては、1999年のツール・ド・フランスの際に「彼の冷蔵庫の中に(EPOを)見た。注射するのを1度以上見た。誰もがしていたように、僕が何度も何度もそうしていたように」と語っている。(そのシーンはWEBの予告編で見ることができる)

CBSニュース制作による番組ウェブサイトでは、ハミルトンがアームストロング率いるUSポスタルの選手たちがどのように禁止薬物を摂取していたかの詳細を語り、そのなかにはEPOとテストステロンも含まれ、それらがアームストロングのレースにおけるアドバンテージとなったことなどが語られていると伝えている。

ハミルトンの今回のインタビューは、番組「"60 Minutes" サイクリング界におけるドーピングの輪に迫る・はたしてアームストロングはドーピングしていたのか」の、6ヶ月に及ぶ取材のなかで収録されたもの。この番組の本編は5月22日の日曜日、夜7時からアメリカで放送される。

アームストロングのドーピング疑惑については、2009年4月に元USポスタル時代のチームメイトのフロイド・ランディスによる「過去にチーム内でドーピングが行われていた」とする告発を受けて、アメリカ食品医薬品局(FDA)による捜査が継続して行われている最中だ()。

タイラー・ハミルトンは2004年のアテネオリンピックの個人TTに優勝して金メダルを獲得。ドーピング検査でA検体が陽性となる。しかしB検体を研究所が誤って凍結保存してしまったために検査ができず、陽性にはならなかった。
しかし1ヶ月後のブエルタ・ア・エスパーニャで再びドーピング陽性となり、2年間の出場停止処分を受ける。本人はドーピングについて否定を続け、出場停止期間を経て復帰した後、再び2009年にDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)陽性が発覚し、引退している。現在はコロラド州で自転車競技のコーチ業を営んでいる。

2009年の薬物使用については「鬱(うつ)の緩和のためにDHEAを摂取した」として認めているが、パフォーマンス向上のためのドーピングについては一貫して否定してきた。

ハミルトンは今回の証言をするにあたり、アメリカのアンチドーピング機関にアテネ五輪での金メダルを返上している。つまり今回の証言と合わせ、今まで頑なに否定してきた自身のドーピングに関して認める行動をとっている。

アームストロングはtwitterで「20年以上のキャリアにおいて世界中で500回の競技内・競技外の薬物検査を受けて一度も陽性になっていない」と反論。
また、これまでの疑惑や騒動に対して応えるべく立ち上げたウェブサイトFacts4Lance.comにおいても、次のように反論している。「ハミルトンは本を書きたいがためにウソをついている」。「金儲けや気を引くために事実が突然ねじ曲げられている。60Minutesは興味本位でそれらのウソを無批判に受けいれている。金欲や飢えによって事実をねじ曲げることはできない」

アームストロングの法定代理人マーク・ファビアーニ氏は、AP通信に対し「ハミルトンは本を書くことで金を得ようとして動いている。今までに話してきたこととは完全に話の内容を変え、60minutesに出演し、出版のチャンスを得ようとしている」と語っている。


ハミルトンによる告白を含む予告編が放送されてから、次にCBSニュースが報じたのは元チームメイトのジョージ・ヒンカピー(アメリカ)が、連邦当局に対して「レースの準備のためにアームストロングと禁止薬物EPOをやりとりしたり、テストステロン使用について話し合ったりしていた」という証言を行ったとする情報だ。

これについてツアー・オブ・カリフォルニア参戦中のヒンカピーは「60minutesにコメントしたことはない。その話がどこから出てきたのか分からない」と断言し、「人々が未来ではなく過去のことばかり話しているのに失望している」とコメントしている。


これらの情報は全米および世界のメディアがこぞって伝えている。今までも疑惑は絶えず出てきたが、今回はハミルトンの発言であることから注目度が高まっている。

CBSの60minutesがテレビ放送されるのはアメリカ現地時間の夜7時だ。



フロイド・ランディス(アメリカ)は元USポスタルに所属し、アームストロングのチームメイトだった。フォナックに移籍した2006年のツール・ド・フランスで総合優勝したが、EPO陽性となり、ツールの優勝を剥奪され、出場停止処分を受ける。
2009年には「アームストロングがツール・ド・フランスで圧倒的な力を示していた7年の間、ドーピングが常習化していた」と告発。以来アームストロングに対して連邦当局の捜査が行われていた。




Text:Makoto.AYANO
Amazon.co.jp 
の画像 ただマイヨ・ジョーヌのためでなく (講談社文庫)
カテゴリー:
メーカー: 講談社
参考価格: ¥96
最安価格: ¥5,841
アマゾン価格: ¥96
の画像 ランス・アームストロング ツール・ド・フランス永遠(とこしえ)のヒーロー
カテゴリー:
メーカー: アメリカン・ブック&シネマ
参考価格: ¥1,650
最安価格: ¥172
アマゾン価格: ¥1,650
の画像 ツール・ド・フランス 勝利の礎
カテゴリー:
メーカー: アメリカン・ブック&シネマ
参考価格: ¥1,650
最安価格: ¥158
アマゾン価格: ¥1,650