ロット・デスティニーがツール・ド・フランスで使用したリドレーの新型オールラウンドレーサーFALCN RSが国内で正式にデビュー。軽量性、エアロ、剛性というレースに求められる全ての要素を高次元でバランスさせた1台を紹介しよう。また特別ペイントのモデルが国内で8本限定で販売されることもアナウンスされた。



リドレー Falcn RS Raw Carbon Prismatic Limited Edition (c)ミズタニ自転車

山岳レースやグランツールでの逃げ切り勝利に貢献した軽量モデルのHelium、カレブ・ユアンらスプリンターに愛されたNoah Fastをフラッグシップモデルとして用意しているリドレー。長らくこの2モデルがプロ選手が使用するバイクとしてラインアップし続けたが、ついに新たなモデル"FALCN RS(ファルコンRS)"をリリースする。

FALCN RSは軽量マシンにもエアロを求める現在のレーストレンドに合わせて、リドレーがLAB(Lightweight Aero Bike)プロジェクトとして力を入れて開発したモデル。言わずもがな勝負どころとなりやすい上り坂でアドバンテージを享受できる軽さ、その後に訪れるダウンヒルやスプリントでゲインを得られるエアロダイナミクスと剛性全てを妥協なく高いレベルで実現することを目標に開発が勧められたという。

各チューブがエアロ効果を狙った最適化を行われている (c)ミズタニ自転車

Heliumよりもエアロで、Noah Fastよりも軽量なバイクを実現するべくリドレーはジオメトリーとチューブ形状全てを一新。フォークブレードは翼断面、ダウンチューブなどはカムテールというように様々な形状を使い分け、トップチューブも扁平させることで横風の影響を受けにくくしている。もちろんD型断面のフォークコラムを使用して、ケーブルを完全に内装するF-Stearも採用されている。

今作でリドレーが開発に力を入れたのはフォーククラウン部分。コンピューターでのCFD(数値流体力学)解析とフランダースバイクバレーにある風洞での実験でリドレーが突き止めたのは、フォーククラウン周りの空気の流れが最適ではないことだった。風が真っ先に当たるフロントセクションはエアロダイナミクスに影響を与えるため、この部分にレーシングカーで用いられるディフューザーという概念を取り入れることにした。

ディフューザーによって風が上向きにコントロールされている (c)ミズタニ自転車

ディフューザーありの場合、フォーククラウン周りからダウンチューブにかけてチューブに沿って風が流れている (c)ミズタニ自転車
ディフューザーなしの場合 (c)ミズタニ自転車



拡散という意味を持つディフューザーを取り入れたフォーククラウンは、間口を広くすることでフォークブレード内側に入り込んだ風がディフューザー設計ではないフォークよりもスムーズに流れるようになるという。この設計によってフォークからダウンチューブにかけてのエアロダイナミクスが改善し、ディフューザーなしのフォークより時速50kmで走行時10%の空気抵抗削減を達成したとリドレーは言う。

ジオメトリー面ではロット・デスティニーの選手から集めた意見を反映させたものとなっており、短いヘッドチューブと低重心なBB下り、低めのスタック、長いリーチ設計によってアグレッシブな前傾姿勢を取れるようになっている。対して、チェーンステーを長めにすることで安定性も獲得している。

カーボン地が露出しているヘッド周り (c)ミズタニ自転車
トップチューブもシルバーペイントが施されている (c)ミズタニ自転車
ブランドロゴなどは虹色に輝くシルバーとされている (c)ミズタニ自転車



タイヤクリアランスも28mm想定で開発されているものの、最大34mmまで装着できる余裕が持たせられている。全車石畳で走行テストを行うというアイデンティティを持つリドレーだけに、荒れた路面でコントロール性を保ちながら高速走行を維持できるタイヤを装着できるのはリドレーらしさと言えるだろう。

またリアディレイラーハンガー規格はスラムが提唱するUDH(ユニバーサルディレイラーハンガー)が採用される。フロントは取り外し可能なためフロントシングルで運用することも可能だ。フレーム重量はSサイズで816g、フォークは380g。

リドレー Falcn RS Raw Carbon Prismatic Limited Edition (c)ミズタニ自転車

今回の日本国内での正式発表と同時に数量限定モデルの発売もアナウンスされた。特別モデルはカーボン地が見える塗装とプリズマティップシルバーのロゴを組み合わせた、いかにもレースバイク然とした出立ちのフレームとなっている。こちらは国内限定8本のみの展開のため、気になる方は早めにリドレー正規販売店でチェックした方が良さそうだ。

販売はフレームセット(825,000円)と、コンポーネントとのセット販売となるバイククラフトのDURA-ACE(1,241,900円)、ULTEGRA(1,063,700円)、105 DI2(984,500円、価格はいずれも税込)で行われる。入荷予定は2024年の2月下旬。



リドレー Falcn RS
カラー:D1083s(Raw Carbon Prismatic Limited Edition)
フレーム:ELITE HM カーボン
フレーム重量:792g(XXS) / 806g(XS) / 816g(S)
フォーク重量:380g
ヘッド:1-1/8 – 1-1/2
BB:Press Fit BB86
対応コンポーネント:シマノDi2 / カンパEPS / スラムeTap
サイズ:XXS / XS / S
付属品:Forza Cirrus Pro Road Integrated Cockpit、Aero Seat Post、Cirrus Pro Integrated Spacer、Fast Computermount
フレームセット:825,000円(税込)
バイククラフトR9250 Di2:1,241,900円(税込)
バイククラフトR8150 Di2:1,063,700円(税込)
バイククラフトR7150 Di2:984,500円(税込)
限定数:8本

リンク
Amazon.co.jp

大阪前田製菓 卵卵ぼーろ 130g×12袋

大阪前田製菓
¥2,904 (¥186 / 100 g)

宇部フィルム ポリラップ 30cm×100m

宇部フィルム
¥1,180 (¥12 / メートル)