老舗のオーダーウェアブランドとして多くのサイクリストに親しまれているパールイズミ。初めてオリジナルジャージを作成する方や、価格にハードルを感じている方のためにファーストシリーズを展開している。実直にスタンダードな設計を施し、快適性の高いファーストシリーズの半袖ジャージとビブショーツを紹介しよう。



初めてオリジナルウェアを作成する方にぴったりなファーストシリーズ

サーキットエンデューロのような大人数のサイクリストが一斉に走り出すイベントでは、オリジナルウェアを身につけているチームが多い。オリジナルウェアによるチームの一体感を演出すること、仲間を見つけやすくするという役割はなかなか侮れない。

例えばピットイン時、人が殺到し交錯しやすい場面では遠くからでも仲間を見つけておければ余所見を繰り返す必要もない。そして応援する時も仲間に声がかけやすくなるし、走行写真を撮影しやすくなる。目の前を通過するのは一瞬のため、気がついた時には過ぎ去っているなんてこともしばしば。オリジナルウェアで身を包み、仲間の応援を行いやすくすることは、イベント参加の楽しみを増幅してくれることに繋がる。

もちろんイベントに参加しない人でもオリジナルジャージを作成しても何ら問題ない。チームメンバーと同じウェアを着用することでグループであることを主張できるし、それがオリジナルデザインであれば仲間意識も持てるはずだ。既製品とは異なるデザインや自分の好みのデザインを追求できるため、普段使いのウェアをオリジナル品とすることもアリ。

心地よいフィット感を実現する

とはいえオリジナルウェアを作成するにあたって様々なグレードのウェアが存在するため、初めて作成する場合はウェア選びや価格面のハードルが存在する。老舗オーダーウェアブランドのパールイズミは2022年より、手頃な価格に設定されている「ファーストシリーズ」の展開を開始し、初めての方でもオーダーウェアにチャレンジしやすい環境を整えた。

レギュラーラインと同様だが、オーダーウェアの新規注文は問い合わせ>アイテムの検討>デザイン依頼と続くため、ファーストシリーズで検討している場合はデザイン依頼までスムーズに進められるだろう。また、デザインは大まかな希望をもとにデザイナーに作成してもらうことや、テンプレートに自分でデザインを起こしてデザイナーに仕上げてもらうことも可能だ。デザインさえ完了すれば、サイズサンプルなどで実物を手に取ってから注文まではスムーズだ。

ファーストシリーズには半袖ジャージとビブショーツが用意されており、長袖ジャージやウィンドブレーカーも追加される予定だ。

ファースト スタンダードジャージ

パールイズミ ファースト スタンダードジャージ

半袖ジャージはサイクルジャージを初めて手にする方でもリラックスして着用できるシンプルな作りが採用されている。レギュラーオーダーウェアにラインアップされているオーパスよりもゆとりあるフィット感に仕立てられており、プロ仕様のような肌にぴたりと沿うようなフィットよりは気楽に着用できるジャージを実現している。

また袖をラグラン仕様とすることや全体を立体的に設計することで、スポーツバイク特有の深い前傾姿勢でも肩周りの生地が突っ張りにくくなっている。乗車姿勢時に適した着心地を得られるようにデザインされているため、ロングライドでも最後まで快適に過ごしやすい。

袖口や裾はオーソドックスにゴムで絞り込む仕様で、裾部分はグリッパーを配置することでウェアのずれ上がりを防止している。襟はジッパー周りが低く、襟元が高い作りで、首周りの快適性を確保した。

襟はジッパー付近で低くなるため、快適性が高い
前傾姿勢を前提とした肩周りの作り


オーソドックスな裾の仕上げ
吸汗速乾性に優れる素材が用いられている



生地には吸汗速乾性能に優れた素材を使用しているため、肌面に汗が残りにくくベタつきにくくなっていることも魅力だ。プロスペックのような突出したメッシュ素材ではないため、ジャージが透けてインナーが見えてしまう心配もなく、洗濯を繰り返してもへたりにくい耐久性も備えている。

プリントの発色に優れていることも魅力の一つであり、打ち合わせたデザインの再現性が高く満足度の高いオリジナルジャージを実現できそうだ。生産は日本国内で行われる。価格は7,700円(税込)。

ファーストビブパンツ

パールイズミ ファースト ビブ パンツ

ビブショーツもスタンダードな作りで、あらゆるサイクリストにフィットする1着に仕上げられている。非常にシンプルなパネリングと、腹部を圧迫しにくくかつジャージの裾から肌が露出しにくい設計によって、長時間のライドでもストレスを受けにくくなっている。肩紐部分はベーシックなメッシュとパイピングによる構成が採用される。

脚部分の生地は非常に伸縮性に富んでおり、ソフトな肌触りと相まって心地良い履き心地を実現した。裾部分はズレ上がりを防止するゴムが採用されているため、ふわりとしたフィット感でもショーツがずれてしまう心配が少ない。パッドは3D-Rという3層構造のクッションに優れたモデルを搭載。あらゆる乗車姿勢で快適性を提供してくれるオールラウンド性を発揮してくれる。価格は9,350円(税込)。

なお肩紐がないファーストシリーズのパンツも用意しているのもありがたい。価格は8,250円(税込)。

肩紐はオーソドックスなメッシュ仕様だ

腹部が圧迫されにくい設計となっている

編集部インプレッション

今回のファーストシリーズは身長168cm、体重57kgの痩せ型の編集部員・藤原がジャージとビブショーツのSサイズを試着した。生地の伸びが非常にしなやかで、生地が肌を包んで守ってくれるような感覚があるとともに、体に沿って心地よくフィットしてくれる。レギュラーフィットということもあり、腹部周りにゆとりがある印象だが、全体のフィット感としてはピッタリとしており、ファーストシリーズという言葉から初心者向けのゆったりフィットという先入観が消えるほど。

サイジングについてはMサイズを検討する可能性もあった。体へのフィット感は非常に良く、どこかにストレスを感じることはない。一方でジャージの袖口やビブショーツの裾が若干タイト。着用には支障が起きない程度ではあるものの、長時間のライドへの心配が残ったことも事実。体へのフィット感をとるか、ジャージ端部のフィット感を重視するかは、サイズサンプルを着用して決めてもらいたい。

着心地の良さが光るファーストシリーズ

腕周りのカッティングが機能しているためか脇部分にタイトさを感じることはない。レースウェアの低い襟は鎖骨な襟元が開いている感覚があるが、ファースト半袖ジャージのハイブリッド式は馴染みのある着心地と、首元がリラックスできる作りで非常に好印象だ。

ビブショーツも非常に柔軟な生地によって好印象を抱いている。例えば脚の外側に配置された生地は動きに対して自然に追従してくれる上、柔らかな着心地が体に馴染みふわりと脚を包み込む。肩紐もある程度のテンション感でショーツ部分をホールドする。3D-Rパッドは表面がサラサラとしていて履き心地が快適。クッションは厚みが程よく、コシがあるような硬さでサドルに座った時でもしっかりとサポートしてくれる印象がある。

上下ともに素材が優れており、心地よい着心地のままサイクリングを楽しめるはずだ。オリジナルウェアを初めて制作するという方にはおすすめだ。

パールイズミ ファースト ビブ パンツ

また、ファーストシリーズには秋冬モデルもラインアップされているため、季節に先行して紹介する。定番の長袖ジャージは中厚手のストレッチ生地から仕立てられている1着。非常に薄いメッシュ生地による夏用長袖も存在するが、ファーストシリーズの長袖ジャージは春や秋のような肌寒さが残るミッドシーズンに活躍するモデルだ。

ウィンドブレーカーは脇部分を大胆にメッシュ生地とした、サマーシーズン中も使いやすい1着。オリジナルデザインのウィンドブレーカーは、アウターが白や黒色の単調な物になりやすい中で、存在感をアピールするためにはうってつけ。

これらのアイテムは新規が5着からで、リピートは1着から。納期は60日。

ファーストシリーズには冬物ウェアも追加される



パールイズミ ファースト スタンダードジャージ
メンズサイズ:XS、S、M、L、XL、3L
レディースサイズ:XS、S、M、L、XL
新規注文:5着〜
リピート注文:1着〜
納期:60日
価格:7,700円(税込)

パールイズミ ファースト ビブ パンツ
メンズサイズ:XS、S、M、L、XL、3L
レディースサイズ:XS、S、M、L、XL
新規注文:5着〜
リピート注文:1着〜
納期:60日
価格:9,350円(税込)

※肩紐なしのパンツも用意。価格は8,250円(税込)。

リンク

同じ製品カテゴリーの記事

ブエルタを支えるアパレルブランドのサンティーニ 24年大会のオフィシャルウェアをリリース Naoki Yasuoka 2024/06/15(土) - 14:20
限定製品情報
イザドア エコフレンドリーなPatchwork Jerseyと、エントリーグレードのDebutシリーズ Gakuto Fujiwara 2024/06/13(木) - 16:14
新製品情報2024
マヴィック デザインを一新した春夏アパレルコレクションをリリース Gakuto Fujiwara 2024/06/12(水) - 16:25
新製品情報2024

最新ニュース(全ジャンル)