フィジークが研究の粋を結集させたロードシューズのVento Stabilita Carbon。土踏まずをアッパーのベルトでサポートするという大胆な設計によって、ライダーのパフォーマンスを引き出す高機能シューズにスペシャルデザインが登場する。トレンドのホワイトカラーに大きくSTABILITAのロゴがあしらわれたシューズを紹介しよう。



フィジーク VENTO STABILITA CARBON(ホワイト×ブラック)フィジーク VENTO STABILITA CARBON(ホワイト×ブラック) (c)Fizik
様々な分野の専門家と学者が参画し、プロダクトデザインと技術、スポーツ科学の観点から革新的な製品を生み出すフィジークのR&DプロジェクトのCONCEPTS。このプロジェクトから生み出された製品の代表例は、3Dプリントのパッドを備えたサドルADAPTIVEだ。最先端をいくルックスのサドルは世界中のサイクリストに驚きを持って受け入れられた。

フィジークがADAPTIVEに続き、CONCEPTSからリリースしたのはVENTO STABILITA CARBONというロードシューズだった。このモデルも大胆な造形を採用し、これまでに無いようなルックスでサイクリストを驚かせた。

足底部分から土踏まずを持ち上げるアーチサポートが採用される足底部分から土踏まずを持ち上げるアーチサポートが採用される (c)Fizikフィジークロゴが映える白色がメインカラーとされたフィジークロゴが映える白色がメインカラーとされた (c)Fizik


その形状とはアウトソールの土踏まず部分を大胆に肉抜きし、その部分をアッパーで覆うデザインだ。更にそのアッパーごと引き上げるようにBOAクロージャーと接続されたリボン状のストラップを配置することで、細かな調整が可能なアーチサポートを実現した機能的な設計となっている。

肉抜きが施されたアウトソールだが、剛性指数はフィジーク最高の10/10をマークしており、ライダーのパワーを余すことなく自転車に伝えてくれる。ベンチレーションホールも備えられていたり、クリートポジションがやや後方気味に設定されたりと、フィジークのハイエンドたるアウトソールに仕上げられている。

アウトソールが大胆に肉抜きされ、アーチサポートに置き換えられたアウトソールが大胆に肉抜きされ、アーチサポートに置き換えられた (c)Fizik
アッパーはPUラミネート加工を施したメッシュ生地が採用され、足を包み込むような柔軟性とレーシングシューズに求められる合成のバランスを整えられている。クロージャーシステムはアーチサポートのBOAシステムを含めた2ダイヤル式。前足部は適切なホールド力をライダーに提供する"∞"の軌道を描くデザインだ。

そんなVENTO STABILITA CARBONにスペシャルカラーが登場。現在プロ選手が好んで着用するホワイトカラーのアッパーを採用し、サイド部分に大きくSTABILITAという文字があしらわれるデザインが施されている。ツール・ド・フランスでプロ選手が実際に使っていたこのデザインは限定品として展開され、現在予約受付中だ。入荷は12月ごろを予定しているとのこと。価格は58,000円(税込)。

プロ選手も着用するVENTO STABILITA CARBONのホワイトカラープロ選手も着用するVENTO STABILITA CARBONのホワイトカラー (c)FizikプロスペックのロードシューズVENTO STABILITA CARBONに限定カラーが登場したプロスペックのロードシューズVENTO STABILITA CARBONに限定カラーが登場した (c)Fizik




フィジーク VENTO STABILITA CARBON
サイズ:39~44(ハーフサイズあり)
アウトソール:R1 フルカーボンソール
剛性指数:10
重量:227g
カラー:ホワイトxブラック
価格:58,000円(税込)