UCI1.2クラスのロードレース「おおいたアーバンクラシック」が大分市で開催された。レースは序盤に4名の逃げ集団が形成され、途中から宇賀隆貴(チーム右京)が合流して逃げ切り。最後は宇賀が阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)らを振り切って優勝した。



スパークルおおいたレーシングチームを先頭に昭和電工ドーム大分前からスタートスパークルおおいたレーシングチームを先頭に昭和電工ドーム大分前からスタート photo:Satoru Kato
大分県大分市を舞台に開催された「OITAサイクルフェス2022」2日目は、大分スポーツ公園に会場を移してのロードレース「おおいたアーバンクラシック」。サッカーのJリーグ2部の大分トリニータのホームスタジアムである昭和電工ドーム前をスタート・フィニッシュとし、大分スポーツ公園内と周辺の公道を走る1周11.6kmのコースを13周する150.8kmのレースだ。

9月上旬の暑さの中でのレースとなったおおいたアーバンクラシック9月上旬の暑さの中でのレースとなったおおいたアーバンクラシック photo:Satoru Kato
住宅街を一列で抜けていく集団住宅街を一列で抜けていく集団 photo:Satoru Kato
丘陵地帯にある住宅街を駆け抜けるコースは激坂こそ無いものの、短いアップダウンの繰り返しやコース幅の急激な変化、クリテリウムのような減速と加速を強いられるコーナーの連続などが相まって集団を長く引き伸ばす。ジワジワと脚を削られるコースだ。

先行した阿部嵩之に3名が合流して4名の先頭集団が形成される先行した阿部嵩之に3名が合流して4名の先頭集団が形成される photo:Satoru Kato
逃げを見送り、横に広がってペースダウンするメイン集団逃げを見送り、横に広がってペースダウンするメイン集団 photo:Satoru Kato
前日のクリテリウム同様に、朝から晴れて暑い1日。ジリジリと気温が上がる中、レースは2周目から動いた。阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)の単独先行に続いて、小出樹(キナンレーシングチーム)、河野翔輝(チームブリヂストンサイクリング)、堀孝明(宇都宮ブリッツェン)の3名が追走。3周目に合流して4名の先頭集団が形成される。

レース中盤、先頭集団に合流した宇賀隆貴(チーム右京)レース中盤、先頭集団に合流した宇賀隆貴(チーム右京) photo:Satoru Kato
コントロールするチームがないメイン集団との差は一気に1分30秒前後まで開く。その後マトリックスパワータグの主導でペースが上がり、レース中盤までに30秒前後までタイム差が縮まると数名の追走が発生。その中から、7周目に宇賀隆貴(チーム右京)がブリッジに成功し、先頭集団は5名となる。

残り2周、3名となった先頭集団残り2周、3名となった先頭集団 photo:Satoru Kato
フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)らのペースアップで大幅に絞られたメイン集団フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)らのペースアップで大幅に絞られたメイン集団 photo:Satoru Kato
縮小傾向にあった先頭集団とメイン集団との差は、宇賀の合流を境に再び拡大傾向となり、終盤には1分以上まで差が開く。残り2周、先頭集団は宇賀のアタックをきっかけに河野と堀が遅れて3名に絞られる。メイン集団はフランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)がペースアップを図るものの、集団の人数が絞られるだけで先頭集団との差は縮まらず、最終周回に入っても1分近い差のまま。勝負は先頭の3名に絞られた。

残り3km、宇賀隆貴(チーム右京)を先頭に逃げる3名残り3km、宇賀隆貴(チーム右京)を先頭に逃げる3名 photo:Satoru Kato
宇賀隆貴(チーム右京)がおおいたアーバンクラシックを制する宇賀隆貴(チーム右京)がおおいたアーバンクラシックを制する photo:Satoru Kato
残り500m、フィニッシュに向かう長い登りでのスプリント勝負を制したのは宇賀。「アマチュアの時にJBCFのE1で優勝して以来」と言うプロ初勝利はUCIレースでの大金星となった。

おおいたアーバンクラシック各賞受賞者と大分市の佐藤市長おおいたアーバンクラシック各賞受賞者と大分市の佐藤市長 photo:Satoru Kato
宇賀隆貴コメント
「今日は僕自身コンディションが良くなくて、チームは吉岡(直哉)さんで勝負する作戦だった。メイン集団は散発的なアタックが繰り返されてまとまりが無い状態だったので、僕が逃げて集団にダメージを与え、吉岡さんの脚が溜められればと考えて前の集団にブリッジをかけた。

ベストアジアンライダーを受賞した宇賀隆貴(チーム右京) ベストアジアンライダーを受賞した宇賀隆貴(チーム右京)  photo:Satoru Kato集団がかなり消耗していることを伝えたらブリッツェンの2人(阿部嵩之、堀孝明)が了解してくれてペースを上げて行くことになった。長く逃げて吸収されてから本当の勝負になると考えていたが、まさか逃げ切れるとは思っていなかった。後ろとのタイム差が縮まったり広がったりしていたので、このまま行けると確信出来たのはラスト数kmのところ。阿部さんは独走力があるので抜け出すのは難しいから、最後の登りスプリント勝負になれば勝てる自信があった。

この勝利でツール・ド・台湾に行ってるメンバーにエールを送れたと思う。次の目標に向けて頑張りたい」

おおいたアーバンクラシック2022 結果(150.8km)
1位宇賀隆貴(チーム右京)3時間29分50秒
2位阿部嵩之(宇都宮ブリッツェン)+3秒
3位小出 樹(キナンレーシングチーム)+8秒
4位ホセ・ビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ、スペイン)+30秒
5位小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)
6位フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ)+32秒
7位デクラン・トレザイス(ARAプロレーシング・サンシャインコースト、オーストラリア)+35秒
8位ライアン・カバナ(ヴィクトワール広島、オーストラリア)
9位カーター・ベトルズ(ARAプロレーシング・サンシャインコースト、オーストラリア)
10位増田成幸(宇都宮ブリッツェン)+40秒
アジア最優秀選手賞 宇賀隆貴(チーム右京)

U23最優秀選手賞 デクラン・トレザイス(ARAプロレーシング・サンシャインコースト、オーストラリア)


text&photo:Satoru Kato
Amazon.co.jp 
の画像 日田焼きそば 元祖 想夫恋 冷凍やきそば 日田焼そば チルド焼きそばチルド 5袋セット
カテゴリー: Grocery
メーカー: 想夫恋
最安価格: ¥ 3,600
アマゾン価格: ¥ 3,600
の画像 日田焼きそば 元祖 想夫恋 やきそば 生めん 4食入
カテゴリー: Grocery
メーカー: 想夫恋
参考価格: ¥1,500 (¥375 / 食)
最安価格: ¥1,500 (¥375 / 食)
アマゾン価格: ¥1,500 (¥375 / 食)
の画像 日田焼きそば 元祖 想夫恋 冷凍やきそば 日田焼そば チルド焼きそばチルド 1袋入
カテゴリー: Grocery
メーカー: 想夫恋
参考価格: ¥690 (¥690 / 食)
最安価格: ¥690 (¥690 / 食)
アマゾン価格: ¥690 (¥690 / 食)