ベルギーのワロン地域で行われたシルキュイ・フランコベルジュ(UCI.Pro)。サバイバルな展開をアレクサンダー・クリストフ(ノルウェー、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)が制し、上位に複数人送り込んだロット・スーダルがワールドチーム残留に向けUCIポイントを上積みした。



ツール直後に手術を受け、これが復帰レースとなったカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)ツール直後に手術を受け、これが復帰レースとなったカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル) photo:CorVos
揃っての出場となったアレクサンダー・クリストフ(ノルウェー)とビニヤム・ギルマイ(エリトリア、共にアンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)揃っての出場となったアレクサンダー・クリストフ(ノルウェー)とビニヤム・ギルマイ(エリトリア、共にアンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ) photo:CorVosチームと2024年まで契約を結んでいるヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)チームと2024年まで契約を結んでいるヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル) photo:CorVos

今年81回目を迎えた歴史あるシルキュイ・フランコベルジュ(UCI.Pro)。昨年まではユーロメトロポール・ツアーという名称だった本大会は2016年に4日間のステージレースからワンデーレースになり、9月下旬〜10月上旬頃開催の日程が今年は8月10日に移るなど様々な変遷を辿ってきた歴史ある大会だ。

コースはベルギー最古の町であり、ノートルダム大聖堂の所在地としても知られるトゥルネーからラ・ルビエールにフィニッシュする175.2km。途中に2つの急勾配の丘を越えながら、ラ・ルビエールに設定された最大勾配22%の「ブリュックの森(距離0.3km/平均8.3%)」を含む20.5kmコースを5周回する。

スプリンターズレースで優勝候補と目されたのは今年のツール・ド・フランスで区間1勝を挙げたファビオ・ヤコブセン(オランダ、クイックステップ・アルファヴィニル)。他にもアレクサンダー・クリストフ(ノルウェー)やビニヤム・ギルマイ(エリトリア、共にアンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)、カレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)などトップスプリンターたちがトゥルネーの街に集結した。

序盤から逃げ集団を形成したティム・ナーベルマン(オランダ、チームDSM)ら4名序盤から逃げ集団を形成したティム・ナーベルマン(オランダ、チームDSM)ら4名 photo:Circuit Franco-Belge
メイン集団をコントロールしたロット・スーダルメイン集団をコントロールしたロット・スーダル photo:Circuit Franco-Belge
スタート直後から逃げグループを形成したのは今年トップチームに昇格したティム・ナーベルマン(オランダ、チームDSM)を含む4名の選手たち。一方のメイン集団では、ワールドチーム残留のため優勝と複数選手の上位入賞を狙うロット・スーダルが牽引役を担った。

残り72km地点でこの日の優勝候補であったギルマイや、ワールドツアー降格圏にいるチームのために勝利が欲しいジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、イスラエル・プレミアテック)らが落車。共に大きな怪我はなかったものの、チームメイトに勝利を託すこととなった。

最大勾配22%の「ブリュックの森」に入ると、堪らずヤコブセンが遅れを喫する。続いてグレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、AG2Rシトロエン)らのアタックでペースが上がったプロトンから、ツール後に鎖骨のプレート除去手術から復帰したユアンも脱落。

混沌とした集団から残り19km地点でジャスパー・デブイスト(ロット・スーダル)とドリス・ファンゲステル(トタルエネルジー)によるベルギー人コンビが飛び出し、それに唯一クリストフが追従した。

メイン集団から飛び出したヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)メイン集団から飛び出したヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル) photo:Lotto Soudal
残り2.7km地点でメイン集団から飛び出したヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)が合流を果たすと、勝負は4名の先頭集団に絞られた。

チームから2名を送り込み数的有利の状況を作り出したロット・スーダルは、デブイストを先頭固定させてフラムルージュ(残り1km)地点を通過。直近のシャンゼリゼ決戦で3位と未だ力衰えないクリストフと、今年のヘント〜ウェヴェルヘムで表彰台(3位)に上がったファンゲステルというトップスプリンター2人に対し、カンペナールツが先にスプリントを開始した。

フィニッシュ手前の緩斜面で後続と若干の差を作ったカンペナールツだったが、その背後についたクリストフが残り50mでパス。同じく追い上げたファンゲステルを抑え、クリストフが今季3勝目を掴み取った。

「どうやらツール・ド・フランスが良いトレーニング合宿になったようだね」とジョークを飛ばしたクリストフ。「それぐらい今の自分に力を感じる。今日の登りスプリントは若い頃の僕にピッタリなレイアウト。しかし今日の僕は、勝利のためにもがかなければらなかった。この勝利をチームにもたらすことができて本当に嬉しいよ」と、来年ウノエックス・プロサイクリング チームへの移籍が決まっているクリストフは語った。

残り50mでカンペナールツを抜いたアレクサンダー・クリストフ(ノルウェー、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)残り50mでカンペナールツを抜いたアレクサンダー・クリストフ(ノルウェー、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ) photo:CorVos
ワンデーレースでキャリア通算20勝目を挙げたアレクサンダー・クリストフ(ノルウェー、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)ワンデーレースでキャリア通算20勝目を挙げたアレクサンダー・クリストフ(ノルウェー、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ) photo:CorVos
勝利こそ逃したものの3位にカンペナールツ、4位にデブイスト、更に6位にアルノー・デリー(ベルギー)が入ったことでUCIポイントを合計195点を獲得したロット・スーダル(合計13,181点)。この結果、ワールドチーム残留圏内の18位にいるモビスター(13,645)との差を464点差まで縮めている。
シルキュイ・フランコベルジュ2022
1位アレクサンダー・クリストフ(ノルウェー、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)4:12:13
2位ドリス・ファンゲステル(ベルギー、トタルエネルジー)
3位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、ロット・スーダル)
4位ジャスパー・デブイスト(ベルギー、ロット・スーダル)0:13
5位アルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM)0:15
6位アルノー・デリー(ベルギー、ロット・スーダル)
7位ジュリアン・シモン(フランス、トタルエネルジー)
8位ミラン・メンテン(ベルギー、ビンゴール・パウェルスソースWB)
9位グレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、AG2Rシトロエン)
10位ブライアン・コカール(フランス、コフィディス)
text:Sotaro.Arakawa
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 GOLDEN WHEY(ゴールデンホエイ)抹茶 1KG
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: CHOICE NUTRITION ( チョイス ニュートリション )
参考価格: ¥ 4,980
最安価格: ¥ 4,980
アマゾン価格: ¥ 4,980
の画像 ゴールデンアイソレート 抹茶 1kg GOLDEN WHEY
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: CHOICE NUTRITION ( チョイス ニュートリション )
最安価格: ¥ 6,480
アマゾン価格: ¥ 6,480
の画像 チョイス SILVER WHEY (シルバーホエイ) ホエイプロテイン 抹茶 (1.05kg) GMOフリー / 人工甘味料不使用 / 粉末 ドリンク グラスフェッド プロテイン
カテゴリー: Drugstore
メーカー: CHOICE NUTRITION ( チョイス ニュートリション )
参考価格: ¥3,480 (¥3,480 / 個)
最安価格: ¥3,480 (¥3,480 / 個)
アマゾン価格: ¥3,480 (¥3,480 / 個)