コストパフォーマンスに優れたパーツを揃えるTNIから、ガーミンEDGE対応のマウントが4種類リリースされている。一般的なハンドルクランプのアウトフロントマウントや、コラムに装着するタイプなどが揃うラインアップとなっている。



TNI CNC GARMINマウントキットⅢ (Up)TNI CNC GARMINマウントキットⅢ (Up) (c)トライスポーツ
トレンドとなっているパーツをいち早くラインアップに加えるTNI。今回紹介するのはガーミンのサイクルコンピューターを装着することを基本とした新作マウント4種類。最もベーシックなモデルである「CNC GARMINマウントキットⅢ」はその名前の通り、アウトフロントマウントの3種類目となる最新版だ。

マウントキットIがハンドルバーの下側から伸びる作り、マウントキットIIが上側から伸びる設計とされており、最新のマウントキットIIIは後者と同じ設計が採用されている。異なるポイントは基本のデザインと、ハンドルバーセンターからマウントセンター距離が85mmから80mmに短くなっている点。

GoProマウント、Brytonマウント、CATEYEマウント、ライト用アタッチメントが付属するため、ガーミンだけではなく様々なサイクルコンピューターを搭載することが可能。重量は42g。色は黒のみ。価格は3,300円(税込)。

TNI GARMIN GPSマウント+GoPro (ステム用) キットⅠTNI GARMIN GPSマウント+GoPro (ステム用) キットⅠ (c)トライスポーツ
TNI GARMIN GPSマウント+GoPro (ステム用) キットⅡTNI GARMIN GPSマウント+GoPro (ステム用) キットⅡ (c)トライスポーツ
またステムキャップと共締めするマウントの"GARMIN GPSマウント+GoPro (ステム用) キットⅠ"と"Ⅱ"という2種類も用意された。Iはサイクルコンピューター・マウント部の角度調整が行えるモデルで、重量は51g。価格は2,750円(税込)。

対してIIは角度調整を行えないシンプルなモデル。かつ全長が75mmとされているため、大型のサイクルコンピューターを使用されている方は、取り付けられるかチェックしたほうが良いだろう。BrytonやCateyeマウントも付属する。重量は18g。価格は1,540円(税込)。

"GARMIN GPSアダプター"はコラムスペーサー兼用のマウントで、ヘッドのトップキャップの下に挟み込んで固定するモデル。コックピット周りはライトやハンドルバーバッグで混み合いやすいため、ステム上にサイクルコンピューターを配置するというのは一つの選択肢として有用だろう。対応するコラムはオーバーサイズのもの。重量は17g。価格は1,980円(税込)だ。

TNI GARMIN GPSアダプター (コラムスペーサー)TNI GARMIN GPSアダプター (コラムスペーサー) (c)トライスポーツ


TNI CNC GARMINマウントキットⅢ (Up)
素材:アルミ
ハンドルバー径:φ31.8
サイズ:80mm (マウントセンターからハンドルバーセンターまで)
付属品:GoProマウント、Brytonマウント、CATEYEマウント、ライト用アタッチメント
重量:42g
カラー:黒
価格:3,300円(税込)

TNI GARMIN GPSマウント+GoPro (ステム用) キットⅠ
素材:アルミ
ステムボルト幅(ボルトC-C):~40mm
付属品:M5ステムボルト、GoProマウント、ライト用アタッチメント
重量:51g(ボルト、GoProマウント付き)
カラー:黒
価格:2,750円(税込)

TNI GARMIN GPSマウント+GoPro (ステム用) キットⅡ
素材:アルミ
ステムボルト幅(ボルトC-C):~32mm
付属品:M5ステムボルト、GoProマウント、Brytonマウント、CatEyeマウント、ライト用アタッチメント(クッションラバー付き)、アーレンキー3本
重量:18g
カラー:黒
価格:1,540円(税込)

TNI GARMIN GPSアダプター (コラムスペーサー)
ヘッドコラム径:オーバーサイズ
ハイト:5mm
長さ (C-C):46mm
付属品:Brytonマウント、CatEyeマウント
重量:17g
色:黒
価格:1,980円(税込)

Amazon.co.jp