スウェーデンのバックパックブランドであるUSWE(ユースウィー)。NO DANCING MONKEYというハーネスシステムが特徴のEPICとSHREDという2種類のモデルを使用してみた。体へのピタリとしたフィット感と腕の動きを妨げない肩紐形状が体の動きを妨げず、快適なライドを楽しめるバックパックだ。



ユースウィー EPIC3、8、12ユースウィー EPIC3、8、12
ユースウィー SHRED 16、25ユースウィー SHRED 16、25
スポーツサイクルの機敏な動きを思う存分に楽しむためには、持ち運ぶ荷物はできる限り少ない方が良い。サイクリングにおいてのストレージはジャージのバックポケットやシートバッグなど様々あるが、ある程度の量を持ち運べ、自転車に装着しない手段としてバックパックは定番だ。

バックパックと言ってもサイクリング用として使うもので選ぶときに気をつけたいのは主に、背中に熱がこもりにくい、重心バランスが自然、体の動きに対してブレずにピッタリとしたフィット感を維持し続ける性能といった点だろう。いかにストレスフリーに背負えるかが重要だろう。

肩紐がみぞおち部分で集合するNO DANCING MONKEYというハーネスシステムが特徴だ肩紐がみぞおち部分で集合するNO DANCING MONKEYというハーネスシステムが特徴だ
今回ピックアップするスウェーデンのバックパックブランドのユースウィーは、NO DANCING MONKEYというテクノロジーを用いて、バックパックが背中で暴れない性能を追求していることが特徴で、ここにこだわりが詰まっている。

NO DANCING MONKEYの基本的な特徴は、肩紐や腰ベルトがハーネスのような役割を果たしていること。幅広のベルトであることはもちろん、肩紐が「く」の字のように曲がり左右のベルトがみぞおち辺りで留められるように作られており、ベルトが体を包み込むかのよう。

肩周りの長さを調整することでフィット感を高める肩周りの長さを調整することでフィット感を高める
肩紐は脇部分も長さ調整することができる肩紐は脇部分も長さ調整することができる
そして、それが脇腹から胸全体でフィットさせることにつながっており、タイトに締め付けても左右の肩紐を1本のベルトでまとめるバックパックとは異なる自然なフィット感を実現している。

「く」の字が胸で集合するハーネススタイルの美点は腕の動きを阻害しないことだ。MTBでバックパックを試してみたが、コブのような小山を越える時、ダウンヒルの時、バッグが存在感を示すことなく至ってストレスフリー。

肩周りの動きを妨げないNO DANCING MONKEY肩周りの動きを妨げないNO DANCING MONKEY
バイクがふわりと浮くようなシチュエーションでは、バッグが浮くかと一瞬思うものの体にバッグが胴体にピタリとフィットしているため、背中からバッグが離れることはない。マウンテンバイクライドでは大きなアドバンテージとなってくれそうだ。

今回試したEPICとSHREDには異なるNO DANCING MONKEYがアセンブルされており、EPICは1.2、SHREDは2.0+Snug-Meとされている。EPICは小容量モデルのため必要最小限なシステムで、SHREDは大容量らしく腰ベルトも兼ねたしっかりとしたものなっている。

SHREDは腰ベルトが大きな効果を発揮していると感じる。容量が大きく重量が増えたことで、バッグが振られてしまうという心配も少なくなかったが、腰部分のフィッティングをしっかりとしておけば、タイトなS字コーナーでもバッグが存在感を主張してくることはない。むしろ腰ベルトが「支えているぞ」と伝えてくるかのよう。

SHREDシリーズはNO DANCING MONKEY 2.0+SNug-MeがアセンブルされているSHREDシリーズはNO DANCING MONKEY 2.0+SNug-Meがアセンブルされている
肩ひも部分にフィット機構が採用されている肩ひも部分にフィット機構が採用されている SHREDは肩紐と腰ベルトが繋がっているSHREDは肩紐と腰ベルトが繋がっている


また、それぞれ異なるNO DANCING MONKEYを装備しているが、いずれも肩部分と脇部分どちらも調整できるように作られており、肩と脇を独立してフィットさせられる。このシステムが秀逸であり、体型はもちろん荷物量によっても細かく好みの着用感を探ることが可能だ。

身長168cm、体重62kgの日本人平均体型の筆者は、各ベルトを最大限締め上げた状態でぴったりな印象を受けた。筋肉量が少ないため肩周りに若干のゆとりはあるため、ヨーロッパブランドらしい若干大きめの作りと感じる。今回は薄手の秋用ウェアを着ており、厚手の冬用ジャケットを着用すればフィット感は増すはずだ。

動きが激しいマウンテンバイキングに適しているEPIC動きが激しいマウンテンバイキングに適しているEPIC
一方で、このゆとりがあっても先述したようにマウンテンバイクライドでもバッグが踊ってしまうことはないので、NO DANCING MONKEYの性能に加えて、荷物を収納した状態での重量バランスなどにも優れていると感じる。

収納についてはEPICは必要な物だけを携行し、ライドを気持ちよく行いたい方向けのバッグの作りだ。容量が3リットルのEPIC3が顕著にその傾向を表している。

EPIC8は肩から背中にフィットする形状とされているEPIC8は肩から背中にフィットする形状とされている
EPIC3はライドに必要最低限な物を持ち運ぶのに適しているEPIC3はライドに必要最低限な物を持ち運ぶのに適している 一日中マウンテンバイキングを楽しむ時に適したEPIC12一日中マウンテンバイキングを楽しむ時に適したEPIC12


メインの荷室はほぼほぼハイドレーションバッグ専用というような大きさであり、チューブや工具類など最低限必要な物を運ぶためのものという印象だ。外部には取り外し可能なポシェットが備えられており、財布など使用頻度が高いものはここにいれておくと良さそうだ。

EPICシリーズは3リットルモデルを基本に、8リットル、12リットルモデルが用意されており、ワンデイライドから宿泊ありのライドまで対応可能となる。そして、EPIC12になるとヘルメット用のストレージや、プロテクター用のループなども備えられ、ペダルアップが必要なトレイルライドで活躍してくれるモデルとなる。

EPIC3はポーチを取り外すことが可能EPIC3はポーチを取り外すことが可能
EPIC12にはヘルメット用のホルダーが設けられているEPIC12にはヘルメット用のホルダーが設けられている
対してSHREDシリーズは宿泊ありのツーリングにぴったりの大容量モデル。必要なものだけではなく、着替えやスニーカーなど旅行に必要なものを収納することができそうだ。SHREDの腰ベルトはポケットも備えているため、財布や携帯電話など頻繁に使うものを取り出しやすい位置に収納できるのは嬉しいところ。ラインアップは16リットルと25リットル。

旅の道具を収納するのに適したSHREDシリーズ旅の道具を収納するのに適したSHREDシリーズ
ヘルメット用ストレージにはシリコンのグリッパーが備えられているヘルメット用ストレージにはシリコンのグリッパーが備えられている 背面にはウェーブ状のクッションが設けられ快適性を確保した背面にはウェーブ状のクッションが設けられ快適性を確保した

腰ベルトはポケットとなっている腰ベルトはポケットとなっている プロテクターや濡れたジャケットを括れるベルトが備えられているプロテクターや濡れたジャケットを括れるベルトが備えられている




ユースウィー EPIC3
全容量:3L
付属リザーバー容量:2L
カラー:USWE レッド サイズ:31cm(H)×16cm(W)×8cm(D)
重量:429g(リザーバー除く)
価格:16,500円(税込)
※ハイドレーションパック付属

ユースウィー EPIC8
全容量:8L
付属リザーバー容量:3L
カラー:USWE レッド サイズ:42cm(H)×19cm(W)×12cm(D)
重量:545g(リザーバー除く)
価格:17,600円(税込)
※ハイドレーションパック付属

ユースウィー EPIC12
全容量:12L
付属リザーバー容量:3L
カラー:USWE レッド サイズ:48cm(H)×23cm(W)×12cm(D)
重量:590g(リザーバー除く)
価格:19,250円(税込)
※ハイドレーションパック付属

ユースウィー SHRED 16
全容量:16L
カラー:カーボンブラック
サイズ:50cm(H) / 25cm(W) / 18cm(D)
価格:¥23,100(税込)
胴体フィット範囲:43〜55cm
※ハイドレーションパック対応、付属はしておりません。

ユースウィー SHRED 25
全容量:25L
カラー:カーボンブラック
サイズ:54cm(H) / 29cm(W) / 22cm(D)
価格:¥25,300(税込)
胴体のフィット範囲:45〜55cm
※ハイドレーションパック対応、付属はしておりません。

text:Gakuto Fujiwara
Amazon.co.jp 
の画像 【国内正規品】GoPro HERO9 Black アクションカメラ ゴープロ 水中カメラ 人気アクションカム (HERO9Black本体+認定SDカード(64GB) + 1720mAh予備バッテリー2個)
カテゴリー: エレクトロニクス
メーカー: GoPro
参考価格: ¥68,800
最安価格: ¥68,800
アマゾン価格: ¥68,800
の画像 【国内正規品】GoPro HERO8 Black ゴープロ ヒーロー8 ブラック ウェアラブル アクションカメ ラウェアラブル( GoPro HERO8 Black +64GB認定SDカード+自撮り棒/三脚 )
カテゴリー: エレクトロニクス
メーカー: GoPro
参考価格: ¥59,800
最安価格: ¥59,800
アマゾン価格: ¥59,800
の画像 【国内正規品】GoPro HERO7 Silver CHDHC-601-FW ゴープロ ヒーロー7 シルバー ウェアラブル アクション カメラ 【GoPro公式】
カテゴリー: Photography
メーカー: GoPro(ゴープロ)
参考価格: ¥ 41,580
最安価格: ¥ 25,999
アマゾン価格: ¥ 25,999