名古屋に拠点を置く総合輸入代理店フカヤがプロデュースするバイクブランドのギザロ。そのラインアップにシクロクロスレーサーのGX-110が追加される。三船雅彦さんらのアンバサダーとともに開発を行った国内CXレースシーンに合わせたマシンだ。



ギザロ GX-110ギザロ GX-110 (c)フカヤ
いよいよ本格的に始まるシクロクロスシーズンにあわせ、名古屋の総合輸入代理店であるフカヤが、ギザロの新型CXレーサー"GX-110"を発表した。今回のバイクの開発にはCX日本代表監督をつとめ、自身もレースで活躍する三船雅彦さん、アンバサダーの落合友樹さんらが携わり、妥協のない性能を実現するところまで監修を行ったカーボンバイクだ。

GX-110はCXレースで求められるクイックな反応性を実現するためにチェーンステーの強度を保ちつつ、シートステーを可能な限り軽量化を行ったという。リアセンター長425mmという短めの設定も相まって、シャープな加速性能を発揮してくれるだろう。

また、細く軽く造られたシートステーはほどよいクッション性も備えており、完全にフラットにはならないダート路面でのトラクション性や加速性を確保。フロントフォークはあえて剛性の高い物をアセンブルし、深い砂のセクションや泥コーナーでの安定性を追求しているという。

フレーム開発を監修した三船雅彦さんフレーム開発を監修した三船雅彦さん (c)フカヤアンバサダーとして携わった落合友樹さんアンバサダーとして携わった落合友樹さん (c)フカヤ


GX-110のタイヤクリアランスは38Cまで。レース用の33Cタイヤを装着しても余裕があるため、マッドレースにも対応してくれるだろう。BBドロップはすべてのサイズで64mmの設定だ。ブレーキは前後フラットマウントで、最大160mmに対応する。

トップチューブとダウンチューブ、フロントフォークにあしらわれたフレームデカールは、イタリアのラ・マドンナ・デル・ギザッロ教会の石畳を模したグラフィックとされている。ブランド名とされているサイクリストの聖地のデカールは保護フィルムとしても活躍するという。

フレーム重量は1067g(塗装、デカール込み、Sサイズ)、フォークは537g(塗装込み、コラム未カット)。サイズはS、M、Lの3種類で展開される。カラーはSnow Scape White。価格はフレームセットで157,300円(税込)。この価格はフカヤ創業110周年を記念した特別設定であり、CXバイクを2台持ちしたい方には嬉しいポイントだろう。気になる方は早目にチェックしよう。



ギザロ GX-110
フレーム:ハイモジュールフルカーボンフレーム
フロントフォーク:フルカーボンフォークコラム未カット
フレーム重量:約1067g(塗装済・デカール込み・Sサイズ実測)
フォーク重量:約537g(塗装済・コラム未カット実測)
ヘッドチューブ:テーパードヘッドチューブ ヘッドパーツ(プレッシャーアンカー付属)
BB仕様:BSA 68mm
ブレーキマウント:前後フラットマウントブレーキ
前後スルーアクスル:F12x100、R12x142 (M12*P1.5mm)
ローター径:F/R 最大160mm対応 ※後160mmの場合アダプターが必要
シートポスト:27.2mm
タイヤサイズ:700c Max 38mm
カラー:Snow Scape White (スノースケープホワイト)
サイズ:S、M、L
価格:157,300円(税込)

Amazon.co.jp 
の画像 デロンギ 全自動コーヒーマシン ESAM1000SJ
カテゴリー: Kitchen
メーカー: DeLonghi(デロンギ)
参考価格: ¥25,000
最安価格: ¥134,800
アマゾン価格: ¥25,000