トレックが新型TOP FUELを発表。これまでフルサス・クロスカントリーレーサーとして位置づけられてきたモデルを、新たにダウンカントリーバイクとして再定義。前後120mmトラベル、よりアグレッシブなジオメトリーにダウンチューブストレージを採用し、よりオールラウンドな一台へと進化した。



トレック TOP FUEL 9.7トレック TOP FUEL 9.7 (c)トレック・ジャパン
ここ数年で一気に広がりを見せるダウンカントリーMTB。年々過激になるレースコースに対応するため、XCバイクに求められる下り性能の割合が高まってきたことに端を発するカテゴリーで、レースユースのXCバイクよりも長めのトラベル量(120~130mm)や、より安定感の高いジオメトリーを採用し、XCバイクとトレイルバイクの間を埋めるような存在だ。

XCバイク並みの登り性能とトレイルバイクに迫る下り性能を併せ持ち、特に日本のような急峻な山々が広がるエリアにはピッタリの性格を持つ一台として、急速に普及しつつあるダウンカントリーカテゴリーに、トレックが満を持して送り込んだのが新型TOP FUELだ。

ダウンカントリーバイクへと進化したトレック TOP FUEL ダウンカントリーバイクへと進化したトレック TOP FUEL (c)トレック・ジャパン
ダウンチューブストレージはロングトレイルライドで活躍するダウンチューブストレージはロングトレイルライドで活躍する (c)トレック・ジャパン
これまで、トレックのフルサスXCレーサーとしてワールドカップでも多くの勝利を挙げてきたTOP FUELだが、その優れた性能のため、一般ライダーからは軽量で登りに強いトレイルバイクライクな存在として受容されてきた。更に、フルサスバイクでありながらハードテールバイク並みの軽さとペダリング効率を実現したSupercaliberの登場も、TOP FUELのニッチをより下り寄りに位置づける要因となった。

このように前作の時点で既にダウンカントリーバイクに近しい扱いを受けてきたTOP FUELだが、今回のモデルチェンジではより荒れたトレイルライドにも完全対応するバイクとして、様々なアップデートが施され、名実ともにダウンカントリーバイクを名乗るに相応しい一台となった。

より寝かされたヘッドチューブ。シフターがトップチューブに当たらないようにハンドル角度を制御するノックブロックテクノロジーも搭載されるより寝かされたヘッドチューブ。シフターがトップチューブに当たらないようにハンドル角度を制御するノックブロックテクノロジーも搭載される (c)トレック・ジャパン
ダウンチューブ下側にフレームプロテクターが装備されるダウンチューブ下側にフレームプロテクターが装備される (c)トレック・ジャパンよりグリップと耐久性のあるタイヤがアセンブルされるよりグリップと耐久性のあるタイヤがアセンブルされる (c)トレック・ジャパン


リアアクスル同軸ピボットのABPを採用するリアアクスル同軸ピボットのABPを採用する (c)トレック・ジャパン
まず大きく手を入れられたのがジオメトリーだ。ヘッドアングルを67.5°から66°へ寝かせ、リーチを10mmほど延長することで、下りでの安定感を増幅。一方でシートアングルを75°から76°へ立たせることで、登りでのペダリング効率を維持している。

フロントサスはデフォルトでは120mmトラベルのままだが、最大130mmストロークのフォークまで対応する。そしてリアショックは115mmから120mmへとロングストロークに。さらにサスペンションレイアウトも変更され、前作ではリアショックの上下を反転させていたのに対し、今作では通常のレイアウトに。この変更に伴い、フレームジオメトリーを変更できるフリップチップシステム、"Minolink"はロッカーアームからフレーム側マウントへと場所を移している。

少し変更が加えられたサスペンションレイアウト。トラニオンマウントを採用し、ショックは正立のレイアウトに少し変更が加えられたサスペンションレイアウト。トラニオンマウントを採用し、ショックは正立のレイアウトに (c)トレック・ジャパン
フレーム側にジオメトリー可変システムのMinolinkが設置されるフレーム側にジオメトリー可変システムのMinolinkが設置される (c)トレック・ジャパン
更に、トラニオンマウントの採用によってロッカーアームの剛性を高め、リアトライアングルのねじれを抑制する。また、リアアクスル同軸のABPは継続採用され、ブレーキングによるサスペンションへの悪影響を排除。激しい下りでもリアショックはアクティブな状態に保たれるため、より安心してダウンヒルを楽しめるはずだ。

また、ユーティリティ面でも進化しており、よりトラベル量の大きなドロッパーポストを使用できるようにシートチューブ径を34.9mmへ拡大。より多くのモデルを選択可能になった。更に、カーボン、アルミモデルを問わず、ダウンチューブストレージを搭載することも大きな特徴。1日中トレイルライドを楽しむようなシチュエーションできっと役立つだろう。

トレック TOP FUEL 8 トレック TOP FUEL 8 (c)トレック・ジャパン
日本のトレイルにベストマッチなカテゴリーとされるダウンカントリーバイクとして、その地位を固めた新生TOP FUEL。プロジェクトワンの他には、OCLV マウンテンカーボンを採用したTOP FUEL 9.7と、AlphaプラチナアルミのTOP FUEL 8という2グレードでの展開となる。価格はTOP FUEL 9.7が559,900円、TOP FUEL 8が449,900円(共に税込)となっている。



トレック TOP FUEL 9.7
フレーム:OCLVマウンテンカーボン
カラー:Matte Raw Carbon
サイズ:S,M, M/L
価格:559,900円(税込)

トレック TOP FUEL 8
フレーム:Alphaプラチナアルミ
カラー:Muksanne Blue
サイズ:S,M, M/L, L, XL
価格:449,900円(税込)
Amazon.co.jp 
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥300
アマゾン価格: ¥792
の画像 アリス・イン・カレイドスピア 1 (星海社FICTIONS)
カテゴリー:
メーカー: 星海社
参考価格: ¥1,430
最安価格: ¥1,430
アマゾン価格: ¥1,430
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥300
アマゾン価格: ¥792