スペシャライズドのサドルラインアップの中でも、プロアマ問わず高い人気を誇るROMINに、3Dプリントで作られるパッドのMIRRORモデルが登場した。座面の広いエリアで腰を支える作りとすることで、圧迫感の少ないサドルを実現している。



スペシャライズド S-WORKS ROMIN EVO WITH MIRRORスペシャライズド S-WORKS ROMIN EVO WITH MIRROR (c)スペシャライズド・ジャパン
液状ポリマーの3Dプリンティング技術をサドルのパッドに用いたスペシャライズドのMIRRORサドル。ショートノーズのPOWERから採用され始めたMIRRORモデルラインアップに、人気の高いROMINが加わる。

3Dプリンティングで作られるパッドは、22,200本の直線と10,700個のノードを繋ぐことで形作られており、従来のフォームでは成し得ないレベルでの厚みや柔軟性の調整を実現。スペシャライズドが誇るBody Geometryデザインとリチュールによるデータを組み合わせ、効果的に柔軟性の調整を行っているという。

圧力マッピングではMIRROR(左)の方が局所的な圧力が掛かっていないと示されている圧力マッピングではMIRROR(左)の方が局所的な圧力が掛かっていないと示されている (c)スペシャライズド・ジャパンFactカーボン製のシェルは剛性を確保しつつ、しなりで衝撃を吸収する作りとなっているFactカーボン製のシェルは剛性を確保しつつ、しなりで衝撃を吸収する作りとなっている (c)スペシャライズド・ジャパン


従来のフォームパッドモデルと比較して圧迫を26%を低減。MIRRORシリーズの中で最も厚みのあるROMINのパッドは、圧力マッピングでは従来モデルよりも広範なエリアに圧力がかかり、局所的に圧力が掛からないと示されているという。

サドルが坐骨を包み込むように支え、デリケートな部分がおしつぶされにくくなっているという。レースや高強度トレーニングで深い前傾姿勢で走る場面でも、MIRRORテクノロジーによる快適性により痛みが発生しにくいだろう。

Retülのデータを製品に反映しているというRetülのデータを製品に反映しているという (c)スペシャライズド・ジャパンSDワークスのメンバーも既に実戦に投入しているSDワークスのメンバーも既に実戦に投入している (c)スペシャライズド・ジャパン


今回MIRRORモデルとされたのはハイエンドのS-WORKS ROMIN EVO。シェルは、体を支える剛性を備えつつ路面の振動をしなやかに吸収するFactカーボン製。サイズは143mmと155mmの2種類。価格は55,000円(税込)。



スペシャライズド S-WORKS ROMIN EVO WITH MIRROR
カラー:ブラック
サイズ/重量:143mm/190g、 155mm/198g
価格:55,000円(税込)

Amazon.co.jp