ベネルクスツアーは丘陵地帯に突入。アタック合戦を耐えたカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)がツールでの落車リタイア後初勝利を飾り、シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)が総合首位に浮上した。



特別賞ジャージを着る選手たちを先頭にスタートを待つ特別賞ジャージを着る選手たちを先頭にスタートを待つ photo:CorVos
これまで平坦ステージが続いたベネルクスツアー(UCIワールドツアー)は後半戦の丘陵ステージへと場所を移した。ベルギー、リンブルグ州の丘陵地帯を駆け巡る192kmの第5ステージにはまんべんなく登坂が散りばめられており、カテゴライズされているものだけで15箇所を数える。一つ一つの難易度は高くないものの、これをチャンスと読んだパンチャーたちが総合成績ジャンプアップを狙ってアタックを繰り出した。

アムステルゴールドレースなど、アルデンヌクラシックの開催地である同地方を駆けるこの日は、胃腸トラブルを抱えながら走っていたレムコ・エヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)がスタートせず。143名に減ったプロトンからユーゴ・ウル(カナダ、アスタナ・プレミアテック)とジャック・バウアー(ニュージーランド、バイクエクスチェンジ)、そしてカスパー・ピーダスン(デンマーク、チームDSM)がエスケープした。

逃げを打つカスパー・ピーダスン(デンマーク、チームDSM)たち逃げを打つカスパー・ピーダスン(デンマーク、チームDSM)たち photo:CorVos
メイン集団をコントロールする別府史之(EFエデュケーション・NIPPO)メイン集団をコントロールする別府史之(EFエデュケーション・NIPPO) photo:CorVos
トム・デュムラン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)やフィリップ・ジルベール(ベルギー、ロット・スーダル)の出身地付近を走るこの日、EFエデュケーション・NIPPOがメイン集団をコントロール。牽引役を担った別府史之は「今日のステージは昔住んでいたベルギーのZutendaalから近いところで、スタートからゴールまでほぼトレーニングコースだった。今日もリーダージャージのために序盤から先頭を走り仕事を終えた」とレースを振り返っている。

フィニッシュまで50kmを切るとメイン集団は活性化の一途をたどった。「細く曲がりくねったアップダウンコースで集団が絞られ始めたので、僕たちはよりレースを厳しいものにしようとした」と言うジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)のアタックを皮切りにペースアップが図られ、10kmを残して先頭グループを飲み込んだ。

リンブルグ州の丘陵地帯を駆け巡るリンブルグ州の丘陵地帯を駆け巡る photo:CorVos
アタックを仕掛けるジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)たちアタックを仕掛けるジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)たち photo:CorVos
再三にわたって加速を試みたマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)再三にわたって加速を試みたマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス) photo:CorVos
ここから本格的なアタック合戦が始まったものの、登坂区間の難易度が高くないことで決定的な差は生まれない。逆に総合2位カスパー・アスグリーン(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)がメカトラで遅れ、得意と言えないコースレイアウトで粘り続けていた首位シュテファン・ビッセガー(スイス、EFエデュケーション・NIPPO)もドロップ。再三に渡るマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)のアタックも不発に終わった。

こうして勝負は50名ほどによる緩斜面登坂スプリントに持ち込まれ、モホリッチのリードアウトを得たソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)が残り200mを切ってからフル加速体制に。ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)を押さえ込んだコルブレッリだったものの、左側からカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)が並びかけ、パス。バイク1台分のリードを稼いだユアンがツール・ド・フランスでの落車リタイア以降初の勝利を掴んだ。

カレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)がソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)を抜き去るカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)がソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)を抜き去る photo:CorVos
ツールでの落車から復活を遂げたカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)ツールでの落車から復活を遂げたカレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル) photo:CorVos総合首位に立ったシュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)総合首位に立ったシュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ) photo:CorVos


「最初にフィニッシュラインを通過した時、なんてタフなコースなんだと思ったよ。そしてまだ距離を残している段階でアタックが始まり、レース自体が非常にキツイ展開になった。このレースで勝つ最後のチャンスだとわかっていたのでどうしても勝ちたかったんだ。落車からの復帰後初勝利なので本当に嬉しい」と話すユアン。「最初3つのスプリントステージは常にトラブルの連続だった。最初は集団分裂したタイミングでメカトラに見舞われ、別の日は残り15kmでスポーク折れ。調子はよかったのにツキがなかった。今日のようなコースはツキよりもフィジカルの強さが求められるんだ」と加えている。

ビッセガーやアスグリーンが遅れたため、リーダージャージは総合4位から逆転したシュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)の手に渡った。同じく丘陵ステージが続くこの先2日間に対し「ライバル全員が僕に攻撃を仕掛ける難しい戦いになる。でも全力を尽くして強いチームメイトとともにリーダージャージを守りたいと思う。このレースは7度目の参加なのでコースもよく分かっているし、どのような展開になるかも予想がつく。キツイレースになるけれど、調子も良いので頑張りたい」と、トップ15が40秒以内にひしめく中、守る立場となったキュングは話している。
ベネルクスツアー2021第5ステージ結果
1位カレブ・ユアン(オーストラリア、ロット・スーダル)4:26:24
2位ソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)
3位ダニー・ファンポッペル(オランダ、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)
4位ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)
5位ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード)
6位ティム・メルリール(ベルギー、アルペシン・フェニックス)
7位マイク・テウニッセン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)
8位マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)
9位クリストフ・ラポルト(フランス、コフィディス)
10位オリバー・ナーセン(ベルギー、AG2Rシトロエン)
個人総合成績
1位シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)15:28:08
2位ルーク・ダーブリッジ(オーストラリア、バイクエクスチェンジ)0:02
3位クリストフ・ラポルト(フランス、コフィディス)0:06
4位ヴィクトール・カンペナールツ(ベルギー、クベカ・ネクストハッシュ)0:06
5位ソンニ・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)0:14
6位マテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)0:16
7位ティム・メルリール(ベルギー、アルペシン・フェニックス)0:20
8位ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・スーダル)0:25
9位ティシュ・ベノート(ベルギー、チームDSM)0:26
10位ルーカス・ペストルベルガー(オーストリア、ボーラ・ハンスグローエ)0:28
その他の特別賞
ポイント賞ティム・メルリール(ベルギー、アルペシン・フェニックス)
チーム総合成績クベカ・ネクストハッシュ
text:So.Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 [クロックス] サンダル クロックバンド クロッグ 11016 メンズ スタッコ/メロン 22.0 cm
カテゴリー: Shoes
メーカー: CROCS
参考価格: ¥3,401
最安価格: ¥3,289
アマゾン価格: ¥3,401
の画像 [クロックス] サンダル ライトライド クロッグ 204592 (定番品) ほぼ白/ほぼ白 22.0 cm
カテゴリー: Shoes
メーカー: CROCS
参考価格: ¥3,980
最安価格: ¥3,980
アマゾン価格: ¥3,980
の画像 [クロックス] ビーチサンダル ライトライド フリップ Smoke/Pearl White 22 cm
カテゴリー: Shoes
メーカー: CROCS
参考価格: ¥5,280
最安価格: ¥5,280
アマゾン価格: ¥5,280