横風区間で発生した大落車によりマイヨロホのレイン・タラマエ(アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)が脱落する波乱。ブエルタ・ア・エスパーニャ第5ステージを締めくくるスプリントでジャスパー・フィリプセン(アルペシン・フェニックス)が2勝目を飾った。



8月18日(水)第5ステージ
タランコン〜アルバセテ 184.4km


好天のスペイン中部を南下する好天のスペイン中部を南下する photo:Unipublic
ブエルタ第5ステージはタランコンからアルバセテまでの184.4km。2日連続でカテゴリー山岳は設定されず、獲得標高差も600mしかない。この日最も注意しなければならないのはカスティーリャ・ラ・マンチャ州らしい強風だ。前回アルバセテにフィニッシュした2014年大会第8ステージでは横風分断作戦が実行され、集団が1/3の大きさまで縮小している。今年は残り52km地点と残り30km地点で進行方向を90度変えるレイアウト。平野部には南東からの風(概ね向かい風〜横風)が吹き付けた。

8月18日(水)第5ステージ タランコン〜アルバセテ 184.4km8月18日(水)第5ステージ タランコン〜アルバセテ 184.4km image:Unipublic8月18日(水)第5ステージ タランコン〜アルバセテ 184.4km8月18日(水)第5ステージ タランコン〜アルバセテ 184.4km image:Unipublic

逃げても山岳ポイントを獲得できない「旨味」の少ない平坦ステージで、スペインのUCIプロチームに所属するスペイン人3名が逃げた。カウンターアタックで追走する選手も現れず、すんなりと先頭3名は7分のリードを稼ぎだす。アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオが総合リーダーチームとして集団牽引を担い、やがてアルペシン・フェニックスやドゥクーニンク・クイックステップ、グルパマFDJというスプリンターチーム御三家が集団先頭に立つ平坦ステージらしい展開に。

逃げグループを形成した3名
シャビエル・アスパレン(スペイン、エウスカルテル・エウスカディ)
オイエル・ラスカノ(スペイン、カハルラル・セグロスRGA)
ペラヨ・サンチェス(スペイン、ブルゴスBH)

ラスカノを先頭にスプリントポイント(残り52.9km地点)を通過すると、やがて横風を警戒するユンボ・ヴィスマやイネオス・グレナディアーズ、モビスターが人数を集めて集団先頭で警戒にあたった。集団を粉砕するような風は吹かなかったが、ナーバスなメイン集団はペースを上げてサンチェス、アスパレン、ラスカノを順番に吸収。残り16km地点で全ての逃げを捕えたメイン集団が、新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス)らを先頭に、アルバセテに向かって猛進した。

アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオが牽引するメイン集団アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオが牽引するメイン集団 photo:Unipublic
前日のステージ優勝者ファビオ・ヤコブセン(オランダ、ドゥクーニンク・クイックステップ)がマイヨプントスを着て走る前日のステージ優勝者ファビオ・ヤコブセン(オランダ、ドゥクーニンク・クイックステップ)がマイヨプントスを着て走る photo:Unipublic
マイヨロホのレイン・タラマエ(エストニア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)マイヨロホのレイン・タラマエ(エストニア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ) photo:Unipublic
スプリンターチーム率いるメイン集団にトラブルが発生したのは残り11km地点。集団前方で落車が発生し、幹線道路の道幅いっぱいに選手が倒れ込んだ。この大落車にマイヨロホのレイン・タラマエ(エストニア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)が巻き込まれた。

マイヨロホの落車によってメイン集団は一旦ペースダウン。多くの選手が集団復帰を果たしたものの、タラマエはチームメイトにサポートされながらも最後まで集団に戻れなかった。他にも再スタートに時間を要したロマン・バルデ(フランス、チームDSM)やミケル・ニエベ(スペイン、バイクエクスチェンジ)がこの日の敗者に。実に12分以上遅れたバルデは総合争いから脱落した。

再びペースアップしたメイン集団はスプリンターチームの支配下に。最も統率のとれたトレインを組んだのはUCIプロチームのアルペシン・フェニックス。ドゥクーニンク・クイックステップやグルパマFDJを押しのけて、アルペシントレインを先頭にアルバセテの街中に突入。残り900mの最終コーナーを曲がってキューバ通りに入ると、サーシャ・モードロ(イタリア、アルペシン・フェニックス)の最終リードアウトが始まった。

モードロに解き放たれたフィリプセンが、向かい風基調の最終ストレートを70km/h前後で突き進む。番手につけていたアルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM)やレイナルト・ヤンセファンレンズバーグ(南アフリカ、クベカ・ネクストハッシュ)は並ぶことができず、約6番手からのスプリントを強いられたマイヨプントスのファビオ・ヤコブセン(オランダ、ドゥクーニンク・クイックステップ)が自らラインを見つけて追い上げる。その姿を振り返って確認したフィリプセンが、先に勝利を確信して手を上げるモードロに見守られながら、先頭でフィニッシュラインを切った。

オイエル・ラスカノ(スペイン、カハルラル・セグロスRGA)ら3名が平野を逃げるオイエル・ラスカノ(スペイン、カハルラル・セグロスRGA)ら3名が平野を逃げる photo:Unipublic
残り16km地点まで逃げ続けたオイエル・ラスカノ(スペイン、カハルラル・セグロスRGA)残り16km地点まで逃げ続けたオイエル・ラスカノ(スペイン、カハルラル・セグロスRGA) photo:Unipublic
ヤコブセンらを振り切ったジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)ヤコブセンらを振り切ったジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス) photo:Unipublic
「残り5kmからずっとチームは一つの塊となって突き進んだ。チームとして掴んだ美しい勝利だ」。今大会ステージ2勝目を飾り、ヤコブセンに1ポイント差をつけてポイント賞トップに立ったフィリプセンは喜んだ。

フィリプセンは第2ステージ1位、第4ステージ9位、そして第5ステージ1位。「昨日は自分のスプリントができなかったけど、今日こうして心機一転勝てて良かったよ。ブエルタの閉幕まで走るかどうかなんて考えてないけど、マイヨプントスを着るのは悪くない。どこまでこのジャージを着続けることができるかわからないけど、毎日様子を見ながら楽しみたい」。フィリプセンはUAEチームエミレーツ時代の2020年にもステージ1勝を飾っており、これが自身ブエルタ通算ステージ3勝目となる。

落車による脱落から集団復帰を果たせなかったタラマエは2分21秒遅れ。タラマエと一緒に第3ステージで逃げ切りを果たし、総合2位につけていたケニー・エリッソンド(フランス、トレック・セガフレード)にマイヨロホは移った。総合首位に立ったエリッソンドは「こうしてマイヨロホを手にするのは望んだ展開ではない。嬉しさもないけど、こればかりはどうすることもできない。誰かの不運ではなく、自分の力でジャージを奪いたかった。タラマエに申し訳なく思う」とコメントする。

エリッソンドはプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)からわずか5秒のリードで第6ステージ3級山岳アルト・デ・ラ・モンターニャ・デ・クリェラの山頂フィニッシュに挑むことになる。

モードロと喜ぶジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)モードロと喜ぶジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス) photo:Unipublic
ポイント賞トップに返り咲いたジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)ポイント賞トップに返り咲いたジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス) photo:Unipublic
不本意な形でマイヨロホを手にしたケニー・エリッソンド(フランス、トレック・セガフレード)不本意な形でマイヨロホを手にしたケニー・エリッソンド(フランス、トレック・セガフレード) photo:Unipublic
ブエルタ・ア・エスパーニャ2021第5ステージ結果
1位ジャスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)4:24:41
2位ファビオ・ヤコブセン(オランダ、ドゥクーニンク・クイックステップ)
3位アルベルト・ダイネーゼ(イタリア、チームDSM)
4位フアン・モラノ(コロンビア、UAEチームエミレーツ)
5位ピート・アレハールト(ベルギー、コフィディス)
6位ジョン・アベラストゥリ(スペイン、カハルラル・セグロスRGA)
7位ジョルディ・メーウス(ベルギー、ボーラ・ハンスグローエ)
8位リカルド・ミナーリ(イタリア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)
9位レイナルト・ヤンセファンレンズバーグ(南アフリカ、クベカ・ネクストハッシュ)
10位アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)
124位新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス)0:02:08
125位レイン・タラマエ(エストニア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)0:02:21
180位ロマン・バルデ(フランス、チームDSM)0:12:32
マイヨロホ 個人総合成績
1位ケニー・エリッソンド(フランス、トレック・セガフレード)17:33:57
2位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)0:00:05
3位リリアン・カルメジャーヌ(フランス、AG2Rシトロン)0:00:10
4位エンリク・マス(スペイン、モビスター)0:00:20
5位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、モビスター)0:00:26
6位アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター)0:00:32
7位ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)
8位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)
9位ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)0:00:44
10位ジーノ・マーダー(スイス、バーレーン・ヴィクトリアス)0:00:45
マイヨプントス(ポイント賞ジャージ)
1位ヤスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)131pts
2位ファビオ・ヤコブセン(オランダ、ドゥクーニンク・クイックステップ)130pts
3位アルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)50pts
マイヨモンターニャ(山岳賞ジャージ)
1位レイン・タラマエ(エストニア、アンテルマルシェ・ワンティ・ゴベールマテリオ)10pts
2位ケニー・エリッソンド(フランス、トレック・セガフレード)7pts
3位ジョー・ドンブロウスキー(アメリカ、UAEチームエミレーツ)6pts
マイヨブランコ(ヤングライダー賞ジャージ)
1位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)17:34:29
2位ジーノ・マーダー(スイス、バーレーン・ヴィクトリアス)0:00:13
3位アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)0:00:16
チーム総合成績
1位UAEチームエミレーツ52:42:44
2位モビスター0:00:22
3位バーレーン・ヴィクトリアス0:00:50
text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 ゼブラ ジェルボールペン サラサクリップ 0.5 赤 5本 P-JJ15-R5
カテゴリー: Office Product
メーカー: ゼブラ(ZEBRA)
最安価格: ¥ 383
アマゾン価格: ¥ 550
の画像 [カシオ] 腕時計 ジーショック カーボンコアガード GA-2100-4AJF メンズ レッド
カテゴリー: 時計
メーカー: CASIO(カシオ)
参考価格: ¥11,880
最安価格: ¥10,980
アマゾン価格: ¥11,880