第76回ブエルタ・ア・エスパーニャの開幕を告げる第1ステージ7.1km個人タイムトライアルで、東京五輪個人TT金メダリストのプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)が勝利。初日からライバルたちをリードする走りで、大会連覇に向けて好スタートを切った。



ブルゴス城に向かって緩斜面を駆け上がるステージ前半ブルゴス城に向かって緩斜面を駆け上がるステージ前半 photo:Unipublic
8月14日(土)第1ステージ
ブルゴス大聖堂〜ブルゴス大聖堂 7.1km(個人TT)


第76回ブエルタの開幕地はカスティーリャ・イ・レオン州のブルゴス。1221年の建設開始(完成は1567年)から800周年を祝福し、ブルゴス大聖堂で3週間/3,417kmの戦いがスタートする。初日はブルゴス大聖堂の前をスタートし、大聖堂の真横にフィニッシュする7.1kmの個人タイムトライアルだ。

まずは3級山岳アルト・デル・カスティーリョ(全長2.5km・平均3.2%)まで駆け上がるのがステージ前半。登坂タイム(スタートから3級山岳までの2.5km)によって青玉のマイヨモンターニャ(山岳賞ジャージ)の持ち主が決まるため、登坂力自慢の選手は後半の平坦路を度外視して前半の登りだけに注力する。下り区間を終えてからの後半はほぼ平坦だが、ブルゴス大聖堂横のフィニッシュラインまでいくつものテクニカルコーナーをこなさなければならない。

登坂力やコーナー出口のダッシュ力を要求するコースは決してTTスペシャリスト向きとは言えない。このレース時間8〜9分の短距離走で、金色のヘルメットを被ったプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)が圧倒的なパフォーマンスを披露した。

8月14日(土)第1ステージ ブルゴス大聖堂〜ブルゴス大聖堂 7.1km(個人TT)8月14日(土)第1ステージ ブルゴス大聖堂〜ブルゴス大聖堂 7.1km(個人TT) image:Unipublic8月14日(土)第1ステージ ブルゴス大聖堂〜ブルゴス大聖堂 7.1km(個人TT)8月14日(土)第1ステージ ブルゴス大聖堂〜ブルゴス大聖堂 7.1km(個人TT) image:Unipublic

フレームやフォークだけでなく、シューズカバーやスキンスーツの袖口にまで金色をあしらった東京五輪個人タイムトライアル金メダリストのログリッチ。ディフェンディングチャンピオンとして最後にブルゴス大聖堂のスタート台を駆け下りたログリッチが、長時間暫定トップタイムを維持したアレクサンデル・アランブル(スペイン、アスタナ・プレミアテック)に6秒差をつけてフィニッシュした。

「再び初日に勝つなんてクレイジーだ。スタートからフィニッシュまで全開走行の7kmはとてもハードだった。フィニッシュラインを切った時、もう何も力は残っていなかったよ」。登りや街中のコーナーを含むテクニカルコースをログリッチは平均スピード49.922km/hで駆け抜けた。

ブルゴス大聖堂の前をスタートし、真横にフィニッシュする初日の個人タイムトライアルブルゴス大聖堂の前をスタートし、真横にフィニッシュする初日の個人タイムトライアル photo:Unipublic
ステージ前半の登りを駆け上がるプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)ステージ前半の登りを駆け上がるプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ) photo:Unipublic
登り区間ではクスに3秒及ばずも、最終的にトップタイムで優勝したプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)登り区間ではクスに3秒及ばずも、最終的にトップタイムで優勝したプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ) photo:BettiniPhoto
3級山岳アルト・デル・カスティーリョを最速(タイム3分42秒・平均スピード40.541km/h)で駆け上がったチームメイトのセップ・クス(アメリカ、ユンボ・ヴィスマ)が山岳賞トップに。ログリッチは2年連続となる大会初日ステージ優勝&マイヨロホ獲得&マイヨプントス獲得、そしてクスも2年連続の大会初日マイヨモンターニャ獲得。ユンボ・ヴィスマは2年連続でチーム総合成績トップスタートを切っている。

「今日はとにかく登りを全開で走って、コーナリングをミスすることなくフィニッシュするのが肝だった。このレッドジャージをいつまで着続けることができるかはわからないけど、美しいスタートを切ることができた。これからもチームでブエルタを楽しんでいきたい」。2020年大会でログリッチは初日から第5ステージまでマイヨロホを着続け、第6ステージでリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)に首位を明け渡している。その後、第13ステージで首位奪回。そこから最終日マドリードまでマイヨロホを着続けた。

長時間ホットシートに座ったアレクサンデル・アランブル(スペイン、アスタナ・プレミアテック)は6秒差のステージ2位に長時間ホットシートに座ったアレクサンデル・アランブル(スペイン、アスタナ・プレミアテック)は6秒差のステージ2位に photo:Unipublic
チーム内トップのディラン・ファンバーレ(オランダ、イネオス・グレナディアーズ)は11秒差のステージ6位チーム内トップのディラン・ファンバーレ(オランダ、イネオス・グレナディアーズ)は11秒差のステージ6位 photo:Unipublic
東京五輪ロード金メダリストのリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)は25秒差のステージ35位東京五輪ロード金メダリストのリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)は25秒差のステージ35位 photo:Unipublic
ステージ46位・27秒遅れのまずまずのスタートを切ったエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)ステージ46位・27秒遅れのまずまずのスタートを切ったエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) photo:BettiniPhoto
アランブルやマイケル・マシューズ(オーストラリア、バイクエクスチェンジ)は初日のマイヨロホ獲得を逃したものの、まだタイム差が小さいため今後のスプリントステージでボーナスタイムによる首位浮上は可能。この2人は最終的なマイヨプントス争いにも絡むことが予想される。

マイヨロホ候補の中では、アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)やロマン・バルデ(フランス、チームDSM)らがタイムロスを抑えた一方で、前年度総合2位カラパスやエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)、前年度総合3位ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーション・NIPPO)らは30秒前後の遅れ。ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)は39秒遅れと、ライバルたちから少し出遅れている。自身15回目のグランツールを迎えた新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス)は初日ステージ151位だった。

ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)は39秒遅れのステージ88位にミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)は39秒遅れのステージ88位に photo:BettiniPhoto
スタートを切る新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス)スタートを切る新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス) photo:Unipublic
ディフェンディングチャンピオンのプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)がマイヨロホをキープディフェンディングチャンピオンのプリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)がマイヨロホをキープ photo:Unipublic
前年同様、セップ・クス(アメリカ、ユンボ・ヴィスマ)が大会初日にマイヨモンターニャを獲得前年同様、セップ・クス(アメリカ、ユンボ・ヴィスマ)が大会初日にマイヨモンターニャを獲得 photo:Unipublicマイヨブランコを獲得したアンドレア・バジオーリ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)マイヨブランコを獲得したアンドレア・バジオーリ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:Unipublic

ブエルタ・ア・エスパーニャ2021第1ステージ結果
1位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)0:08:32
2位アレクサンデル・アランブル(スペイン、アスタナ・プレミアテック)0:00:06
3位ヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)0:00:08
4位トーマス・スクーリー(ニュージーランド、EFエデュケーション・NIPPO)0:00:10
5位ヨセフ・チェルニー(チェコ、ドゥクーニンク・クイックステップ)
6位ディラン・ファンバーレ(オランダ、イネオス・グレナディアーズ)0:00:11
7位アンドレア・バジオーリ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:12
8位ローソン・クラドック(アメリカ、EFエデュケーション・NIPPO)0:00:13
9位マイケル・マシューズ(オーストラリア、バイクエクスチェンジ)0:00:14
10位アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)
12位セップ・クス(アメリカ、ユンボ・ヴィスマ)0:00:15
14位ロマン・バルデ(フランス、チームDSM)0:00:17
15位エンリク・マス(スペイン、モビスター)0:00:18
16位アダム・イェーツ(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)0:00:20
21位ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、モビスター)0:00:21
25位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)0:00:22
33位ダビ・デラクルス(スペイン、UAEチームエミレーツ)0:00:24
35位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)0:00:25
44位ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)0:00:27
46位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)
62位ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーション・NIPPO)0:00:33
81位ファビオ・アル(イタリア、クベカ・ネクストハッシュ)0:00:37
88位ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・ヴィクトリアス)0:00:39
151位新城幸也(バーレーン・ヴィクトリアス)0:01:00
マイヨロホ 個人総合成績
1位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)0:08:32
2位アレクサンデル・アランブル(スペイン、アスタナ・プレミアテック)0:00:06
3位ヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)0:00:08
4位トーマス・スクーリー(ニュージーランド、EFエデュケーション・NIPPO)0:00:10
5位ヨセフ・チェルニー(チェコ、ドゥクーニンク・クイックステップ)
6位ディラン・ファンバーレ(オランダ、イネオス・グレナディアーズ)0:00:11
7位アンドレア・バジオーリ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:12
8位ローソン・クラドック(アメリカ、EFエデュケーション・NIPPO)0:00:13
9位マイケル・マシューズ(オーストラリア、バイクエクスチェンジ)0:00:14
10位アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)
マイヨプントス(ポイント賞ジャージ)
1位プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)20pts
2位アレクサンデル・アランブル(スペイン、アスタナ・プレミアテック)17pts
3位ヤン・トラトニク(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)15pts
マイヨモンターニャ(山岳賞ジャージ)
1位セップ・クス(アメリカ、ユンボ・ヴィスマ)3pts
2位セップ・ファンマルク(ベルギー、イスラエル・スタートアップネイション)2pts
3位ルイ・オリヴェイラ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)1pt
マイヨブランコ(ヤングライダー賞ジャージ)
1位アンドレア・バジオーリ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:08:44
2位アレクサンドル・ウラソフ(ロシア、アスタナ・プレミアテック)0:00:02
3位クレモン・シャンプッサン(フランス、アージェードゥーゼール・シトロエン)0:00:08
チーム総合成績
1位ユンボ・ヴィスマ0:26:13
2位アスタナ・プレミアテック0:00:06
3位ドゥクーニンク・クイックステップ0:00:10
text:Kei Tsuji
Amazon.co.jp 
の画像 España - スペインTシャツ-スペイン国旗 Tシャツ
カテゴリー: ウェア&シューズ
メーカー: スペイン国旗のTシャツ
参考価格: ¥2,000
最安価格: ¥2,000
アマゾン価格: ¥2,000
の画像 オラ!スペイン旅ごはん (コミックエッセイの森)
カテゴリー:
メーカー: イースト・プレス
参考価格: ¥1,430
最安価格: ¥4,990
アマゾン価格: ¥1,430