超級山岳ゴッタルド峠での登坂バトル。ジーノ・マーダー(スイス、バーレーン・ヴィクトリアス)がホームレースで勝利を挙げ、リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーション・NIPPO)のアタックを防いだリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)が総合優勝に輝いた。



スイス王者シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)を含む逃げグループスイス王者シュテファン・キュング(スイス、グルパマFDJ)を含む逃げグループ (c)CorVos
ツール・ド・スイス2021第8ステージ コースプロフィールツール・ド・スイス2021第8ステージ コースプロフィール (c)Tour de Suisse
第84回ツール・ド・スイスの最終第8ステージは、前日個人TTのフィニッシュ地点となったアンデルマットを発着する159.5km。昨日のTTコースを逆走して1級山岳オーバーアルプ峠(距離10.1km/平均5.9%)を越え、続いて第6ステージのコースを逆走。1級山岳ルクマニエ峠(距離15.7km/平均5.5%)から長いダウンヒルを経て超級山岳ゴッタルド峠(距離13km/平均6.8%)に挑むという、クイーンステージにふさわしい難関山岳ルートが用意された。

この過酷なクイーンステージの序盤戦は、山岳賞逆転を狙う選手を中心にアタック合戦が繰り広げられ、氷河が横たわるオーバーアルプ峠山頂ではワウト・プールス(オランダ、バーレーン・ヴィクトアス)が先頭通過を果たす。ダウンヒルとルクマニエ峠の登りを経てプールスを含む9名が先行し、ここに山岳賞首位アントニオ・ニバリ(イタリア、トレック・セガフレード)を含む合計6名が合流。再び先頭通過に成功したプールスは合計24ポイントを稼ぎ出した。

2つの1級山岳を先頭通過したワウト・プールス(オランダ、バーレーン・ヴィクトアス)2つの1級山岳を先頭通過したワウト・プールス(オランダ、バーレーン・ヴィクトアス) (c)CorVos
先頭グループから抜け出すハーマン・ペーンシュタイナー(オーストリア、バーレーン・ヴィクトリアス)先頭グループから抜け出すハーマン・ペーンシュタイナー(オーストリア、バーレーン・ヴィクトリアス) (c)CorVos
先頭グループは50kmにわたる長い下り基調ルートを飛ばし、92km地点にあるこの日の最低標高地点(337m)を通過する。この時点で逃げとメイン集団の差は最大でも3分弱。ここから標高2,084mの超級ゴッタルド峠に向けての長い登坂に取り掛かった。

激しいアタック合戦を経て先頭グループからハーマン・ペーンシュタイナー(オーストリア、バーレーン・ヴィクトリアス)とティシュ・ベノート(ベルギー、チームDSM)が抜け出して超級山岳ゴッタルド峠後半から始まる石畳区間を駆け上がる。しかしイネオス・グレナディアーズ牽引によるメイン集団がすぐ後方まで迫り、頂上まで3kmを残してペーンシュタイナーを引き戻した。

前日の第7ステージを終えた時点で総合首位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)と総合2位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーション・NIPPO)のタイム差は17秒。前日の勢いそのままに逆転総合優勝を狙うウランは山頂まで残り約2kmで動いた。

ゴッタルド峠で逃げるハーマン・ペーンシュタイナー(オーストリア、バーレーン・ヴィクトリアス)とティシュ・ベノート(ベルギー、チームDSM)ゴッタルド峠で逃げるハーマン・ペーンシュタイナー(オーストリア、バーレーン・ヴィクトリアス)とティシュ・ベノート(ベルギー、チームDSM) (c)CorVos
ゴッタルド峠で抜け出し、カッタネオを引き離したマイケル・ウッズ(カナダ、イスラエル・スタートアップネイション)ゴッタルド峠で抜け出し、カッタネオを引き離したマイケル・ウッズ(カナダ、イスラエル・スタートアップネイション) (c)CorVos
エディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ)が精鋭グループをコントロールエディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ)が精鋭グループをコントロール (c)CorVos
リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーション・NIPPO)のアタックをリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)がフォローリゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーション・NIPPO)のアタックをリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)がフォロー (c)CorVos
氷河が横たわるゴッタルド峠山頂を精鋭グループが一かたまりで通過氷河が横たわるゴッタルド峠山頂を精鋭グループが一かたまりで通過 (c)CorVos
石畳のつづら折れで加速したウランだったが、守る立場のカラパスはガッチリとウランの背中をフォローする。続いて3分10秒遅れのマイケル・ウッズ(カナダ、イスラエル・スタートアップネイション)がアタックすると、ここにステージ優勝を狙うマティア・カッタネオ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)が追いついた。

ウッズはすぐさまカッタネオをちぎり、幾多の歴史が刻まれたゴッタルド峠山頂を先頭通過して山岳賞を確定。ウランは再三に渡って加速したものの、イエロージャージを着るカラパスは崩れるそぶりを見せない。エディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ)に守られながら、カラパスはゴッタルド峠のバトルを耐え切った。

ウッズとの一騎打ちを制したジーノ・マーダー(スイス、バーレーン・ヴィクトリアス)ウッズとの一騎打ちを制したジーノ・マーダー(スイス、バーレーン・ヴィクトリアス) (c)CorVos
アンデルマットの街を目指すハイスピードダウンヒルで先頭ウッズにジーノ・マーダー(スイス、バーレーン・ヴィクトリアス)が追いつき、10〜15秒差を得てカラパスグループから逃げ続ける。石畳が敷かれたトリッキーな市街地コースで大声援に後押しされたマーダーがウッズを抑えて勝利し、9秒遅れの総合グループは争うことなくフィニッシュ。17秒リードを守り抜いたカラパスが第84回ツール・ド・スイス総合優勝に輝いた。

「今日のステージを楽しみにしていたんだ。ホームレースを勝利で締めくくりたいと思っていて、それを叶えることができた」と、今年NTTプロサイクリングからバーレーン・ヴィクトリアスに移籍したマーダーは言う。スイス期待のクライマーとして頭角を現す24歳にとってはジロ・デ・イタリア第6ステージに続くワールドツアー2勝目であり、「チームは完璧で、プールスが逃げ、続いてペーンシュタイナーが彼に追いついたことで脚を貯めることができた。補給や精神的なサポートも十分で、最後の登りでも完璧なポジションでアシストしてくれたんだ」とチームへの感謝を綴っている。

優勝トロフィーを掲げるリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)優勝トロフィーを掲げるリチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ) (c)CorVos
総合表彰台:2位ウラン、1位カラパス、3位フルサン総合表彰台:2位ウラン、1位カラパス、3位フルサン (c)CorVos
来たるツール・ド・フランスでゲラント・トーマス(イギリス)の重要な山岳アシストとなるカラパスにとって、ワールドツアーでの総合優勝は自身初グランツール優勝となった2019年ジロ・デ・イタリア以来2度目。南米勢の先輩であるウランの攻撃を耐えたカラパスは「素晴らしく美しい勝利だ。チームとして懸命に走り、自分たちの立ち位置を確かめるために全力を尽くし、そして総合優勝を射止めた。自分自身、そしてチームにとっても自信を高める結果だ。美しいレースであり、優勝したことでより素晴らしいレースだと感じているよ。僕の戦績にこの勝利を加えることができたのが本当に特別で嬉しい」と語る。

「スタート時点でリゴ(ウラン)に対してリードは少なかったけれど、調子も良くチームも順調だと分かっていた。攻撃を受けると分かっていたが、結局終盤でもエディが側について全てのアタックに反応してくれた。リゴのアタックにも反応でき、終盤にチームメイトがいたことは本当に大きかった。一緒にフィニッシュできたことは素晴らしかった」と言うカラパス。先日した通りツール・ド・フランスはトーマスと共に、そしてブエルタ・ア・エスパーニャではジロを制したエガン・ベルナル(コロンビア)と共にスタートラインに立つ予定だ。

ツール・ド・スイス2021第8ステージ結果
1位ジーノ・マーダー(スイス、バーレーン・ヴィクトリアス)4:06:25
2位マイケル・ウッズ(カナダ、イスラエル・スタートアップネイション)
3位マティア・カッタネオ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:09
4位エディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ)
5位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)
6位ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)
7位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーション・NIPPO)
8位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、クベカ・アソス)
9位ヤコブ・フルサン(デンマーク、アスタナ・プレミアテック)
10位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)0:21
個人総合成績
1位リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)24:44:01
2位リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFエデュケーション・NIPPO)0:17
3位ヤコブ・フルサン(デンマーク、アスタナ・プレミアテック)1:15
4位マキシミリアン・シャフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)1:19
5位マイケル・ウッズ(カナダ、イスラエル・スタートアップネイション)2:55
6位ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ(イタリア、クベカ・アソス)3:16
7位ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEチームエミレーツ)3:43
8位サム・オーメン(オランダ、ユンボ・ヴィズマ)4:16
9位マティア・カッタネオ(イタリア、ドゥクーニンク・クイックステップ)4:39
10位エステバン・チャベス(コロンビア、バイクエクスチェンジ)5:33
その他の特別賞
ポイント賞シュテファン・ビッセガー(スイス、EFエデュケーション・NIPPO)
山岳賞マイケル・ウッズ(カナダ、イスラエル・スタートアップネイション)
ヤングライダー賞エディ・ダンバー(アイルランド、イネオス・グレナディアーズ)
チーム総合成績ユンボ・ヴィズマ
text:So Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 [タグホイヤー] TAG HEUER アクアレーサー 300m防水 グランドデイト クロノグラフ ブラック メンズ CAN1010.BA0821[並行輸入品]
カテゴリー: 時計
メーカー: TAG HEUER(タグホイヤー)
参考価格: ¥537,050
最安価格: ¥537,050
アマゾン価格: ¥537,050
の画像 タグホイヤー アクアレーサー GMT 300m防水 メンズ WAY201F.BA0927[並行輸入品]
カテゴリー: 時計
メーカー: TAG HEUER(タグホイヤー)
参考価格: ¥230,000
最安価格: ¥230,000
アマゾン価格: ¥230,000
の画像 [ティソ] 腕時計 T0636101103800 メンズ 正規輸入品 グレー
カテゴリー: 時計
メーカー: TISSOT(ティソ)
参考価格: ¥39,600
最安価格: ¥33,535
アマゾン価格: ¥39,600