この春、カブトがリリースした新型ミドルグレードのVOLZZAをインプレッション。BOAダイヤルアジャスターなど、フラッグシップモデルIZANAGIで培われたテクノロジーをふんだんに取り入れた意欲作を、普段からカブトを愛用する編集部員のヤスオカがインプレッションする。



カブト VOLZZA(ホワイトシルバー)カブト VOLZZA(ホワイトシルバー)
軽さ、通気性、かっこよさetc……ヘルメットを選ぶにあたって気にすべき要素はたくさんあるが、頭にフィットするか否かというのは大前提。ここ数年で、多くのヨーロッパブランドがアジアンフィットを取り入れ、丸型の典型的な日本人頭の筆者も、ヘルメットの選択肢が増えてきた……のだが、気づけばいつも頭に乗っているのはカブトのヘルメットである。

エアロなAERO-R1、軽量なFLAIR、通気性のZENARD、そしてそれらの要素を融合させたニューフラグシップのIZANAGIと、矢継ぎ早にレーシングスペックのヘルメットをリリースしてきているカブトだが、どのモデルにも共通するのが、一日中被り続けられるフィット感だ。

効率が良いエアホールの配置効率が良いエアホールの配置 VOLZZAはエッジの立ったデザインVOLZZAはエッジの立ったデザイン 入り込んできた風が抜けて行くダクト入り込んできた風が抜けて行くダクト
右後方にモデル名"VOLZZA"が入る右後方にモデル名"VOLZZA"が入る
海外ブランドのヘルメットでは、モデルによって被れたり被れなかったり。実際に試してみるまでわからないが、ことカブトと私の関係においてそんな不安は一切ない。まるで実家のような安心感、いや親とだって喧嘩することはあることを考えれば、いつも喜んで迎えてくれる実家の犬のような安心感である。

そんなカブトのラインアップに新たに加わったのがミドルグレードのVOLZZA。日本代表選手のために開発されたというハイエンドモデルIZANAGIのテクノロジーを受け継いだミドルグレードモデルだ。

後頭部には反射材が搭載され、被視認性が高い後頭部には反射材が搭載され、被視認性が高い
KBF-2アジャスターにはBOAダイヤルを搭載KBF-2アジャスターにはBOAダイヤルを搭載
消臭繊維「MOFF®」を採用したあごひも消臭繊維「MOFF®」を採用したあごひも
とはいえ、ルックスから受ける印象はだいぶ異なる。IZANAGIの丸みを帯びた特徴的なシェイプとは異なり、VOLZZAはエッジの立ったデザインで、どちらかと言えばZENARDとIZANAGIの中間のようなフォルム。男の子の好きな乗り物で例えると、IZANAGIがジオングもしくはグループCカー、ZENARDがストライクフリーダムもしくは2008年ごろのフォーミュラマシンとすれば、VOLZZAはZZかSUPER GTカーといったところだろうか。わからない人はググってください(※編集部注:無視していいです)。

しかし、一旦被ってみればフィット感は完全にIZANAGIのそれ。思わず、間違えて被ってしまったのではないかと一度脱いで確認してしまうほど。そう、フィッティングシステムは完全にIZANAGIと共通とされているのだ。BOAダイヤルを採用したクロージャーやフローティング構造によって、頭部形状に沿って締め付けてくれるためどこかが当たって痛いということも無い。

位置を上下に8段階でクロージャー取付位置を変更できる位置を上下に8段階でクロージャー取付位置を変更できる
BOAダイヤルのワイヤーを掛け変えることで細かくフィッティング可能BOAダイヤルのワイヤーを掛け変えることで細かくフィッティング可能
JCF公認モデルJCF公認モデル
また、ヘッドレストの幅を2段階、位置を上下に8段階でクロージャー取付位置を変更できるのもIZANAGI譲り。調整箇所がたくさんあると迷ってしまう、という方もいるかもしれないが、まずは最も被りが浅い位置と深い位置を試してみて、しっくりくる方から微調整していくと良いだろう。ちなみに筆者は最も深い位置がIZANGI以来の定位置である。

ちなみに重量的にはほぼ変わらず、わずかにIZANAGIが軽い程度。頭に乗せてしまえばほぼ誤差で、正直被っている状態では鏡を見ないと自分がどちらを被っているのかはわからない。

頭部形状に沿って締め付けてくれるためどこも痛くない頭部形状に沿って締め付けてくれるためどこも痛くない
それならば、VOLLZAで良いのでは?となりそうなものだけれど、走り出してみると通気性の違いを感じる。炎天下のレースに挑む代表選手のために開発されたというIZANAGIの通気性は数多あるヘルメットの中でも最高峰であり、VOLLZAはやはり一歩及ばないといった印象だ。

ベンチレーションホールの数や、吸気から排気に至るシェル内部のエアルートデザインなど、しっかりと考えられた造りをしているVOLLZAだが、こればかりは相手が悪かったと言えるだろう。レインフォースメントブリッジという補強を施すことで、側面に大型の吸気口を配置できたIZANAGIと、トラディショナルな造りながらも細かく多くのベンチレーションホールを配置したVOLLZAとの差が表れた部分だ。

優れた冷却性能を持っている優れた冷却性能を持っている
とはいえ、標準的なヘルメット、特に同価格帯のライバルブランドと比較するのであれば十分優秀な冷却性能を持っている。少なくとも、25℃程度の気温であればヒルクライムでも熱が籠って不快になるようなことは無い。カブトで言えばAERO-R1よりは断然涼しく、FLAIRよりわずかに涼しいか?というところ。

忘れてはいけないのは、このVOLLZAがIZANAGIの約半分の価格で手に入るということ。空冷性能で差をつけられてはいるものの、それ以外の要素ではIZANAGIに肉薄しており、フィッティングに関してはほぼ同等。IZANAGIユーザーとしては、真夏のライドではIZANAGIを使いたいところだが、それ以外の季節であればVOLLZAで何の不満もない。全く違和感のないフィッティングで、気兼ねなく使いこめる普段使いメットとして活躍してくれそうだ。

高いフィット感によりストレスなく着用できる高いフィット感によりストレスなく着用できる
もちろん、初心者の方のファーストメットとしても間違いなくオススメ出来る。被り慣れないうちはどうしても煩わしく感じてしまうヘルメットだけに、しっかりとフィットし違和感やストレスなく着用できるというのは重要だ。最近は1万円以下の入門モデルの出来も良いが、通気性や首への負担といった面ではハイエンドモデルとは比ぶべくもない。その点、トッププロが使っているモデルと限りなく近い性能が1万円台で手に入るというのはそれだけで魅力的だろう。このVOLZZA、これから目にすることが増えそうな一着だ。



カブト VOLZZA
カラー:ホワイトシルバー、マットブラックガンメタ、ブラックレッド、ホワイトブルー、ガンメタイエロー、ガンメタカーキ、マットトランスパープル
サイズ(頭周のめやす/参考重量):S/M(55-58cm/235g)、L/XL(59-61cm/250g)
価格:17,600円(税込)

Amazon.co.jp 
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥295
アマゾン価格: ¥792
の画像 アリス・イン・カレイドスピア 1 (星海社FICTIONS)
カテゴリー:
メーカー: 星海社
参考価格: ¥1,430
最安価格: ¥4
アマゾン価格: ¥1,430
の画像 祈る神の名を知らず、願う心の形も見えず、それでも月は夜空に昇る。 (MF文庫J)
カテゴリー:
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥792
最安価格: ¥295
アマゾン価格: ¥792