1級山岳カンポ・フェリーチェの未舗装&急勾配区間でライバルたちをふるい落とし、逃げを追い抜いたエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)。背中の痛みに悩まされてきた2019年のツール覇者が、ジロ・デ・イタリア第9ステージで自身初のグランツールステージ優勝とマリアローザ獲得を果たした。



5月16日(日)第9ステージ
カステル・ディ・サングロ〜カンポ・フェリーチェ(ロッカ・ディ・カンビオ)158km ★★★★


アブルッツォ州の山岳地帯を北上していくアブルッツォ州の山岳地帯を北上していく photo:LaPresse
5月16日(日)第9ステージ カステル・ディ・サングロ〜カンポ・フェリーチェ(ロッカ・ディ・カンビオ)158km ★★★★5月16日(日)第9ステージ カステル・ディ・サングロ〜カンポ・フェリーチェ(ロッカ・ディ・カンビオ)158km ★★★★ image:RCS Sport5月16日(日)第9ステージ カステル・ディ・サングロ〜カンポ・フェリーチェ(ロッカ・ディ・カンビオ)158km ★★★★5月16日(日)第9ステージ カステル・ディ・サングロ〜カンポ・フェリーチェ(ロッカ・ディ・カンビオ)158km ★★★★ image:RCS Sport

開幕からすでに1週間以上が経過。大会2回目の日曜日はアブルッツォ州を駆ける難関山岳ステージ。158kmの短いコースにはカテゴリー山岳が4つと非カテゴリー山岳が2つ組み込まれており、獲得標高差は3,400mに達する。立て続けに2級山岳ゴーディ峠、3級山岳フォルカ・カルーゾ、2級山岳オヴィンドーリを経て、そこからさらに1級山岳カンポ・フェリーチェに向けて高度を上げていく。

残り3.1kmから1300mにわたって続く登り勾配のトンネルを抜けると、選手たちの目の前にはスキー場カンポ・フェリーチェのゲレンデが広がる。そして、残り1.6km地点からは勾配が増すとともに路面が未舗装に切り替わる。スキー場の斜面を蛇行しながら登っていくこの未舗装区間の平均勾配は8.8%で、残り400m地点で最大勾配は14%をマーク。この未舗装&急坂の組み合わせは大会前半戦のクライマックスだ。

今年は例年以上に逃げ切りが決まっていることが影響してか、この日もスタート直後から猛烈な勢いのアタック合戦が続いた。アタック、カウンターアタック、合流、吸収のインターバルを2時間近く繰り返した選手たち。逃げという逃げが決まり、ようやくメイン集団とのタイム差が広がり始めたのはスタートから70km以上走り、フィニッシュまで90kmを切ってから。このタフな展開から抜け出すことができたのは、必然的に各チームのサブエース級選手たちだった。

逃げグループを形成した選手たち
タネル・カンゲルト(エストニア、バイクエクスチェンジ)総合5分37秒遅れ
ルーベン・ゲレイロ(ポルトガル、EFエデュケーション・NIPPO)総合6分11秒遅れ
ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAEチームエミレーツ)総合7分06秒遅れ
ジョージ・ベネット(ニュージーランド、ユンボ・ヴィスマ)総合8分55秒遅れ
クーン・ボウマン(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)
マイケル・ストーラー(オーストラリア、チームDSM)
マッテオ・ファッブロ(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)
バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)
ニコラ・エデ(フランス、コフィディス)
ジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール・シトロエン)
ルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ・プレミアテック)
トニー・ガロパン(フランス、アージェードゥーゼール・シトロエン)
フィリッポ・ザナ(イタリア、バルディアーニ・CSF・ファイザネ)
ジョヴァンニ・ヴィスコンティ(イタリア、バルディアーニ・CSF・ファイザネ)
サイモン・カー(イギリス、EFエデュケーション・NIPPO)
エイネルアウグスト・ルビオ(コロンビア、モビスター)
エドゥアルド・セプルベダ(アルゼンチン、アンドローニジョカトリ・シデルメク)

マリアローザを着て第9ステージに挑んだアッティラ・ヴァルテル(ハンガリー、グルパマFDJ)マリアローザを着て第9ステージに挑んだアッティラ・ヴァルテル(ハンガリー、グルパマFDJ) photo:LaPresse
時折降る雨の中、逃げグループを3分差で追いかけるプロトン時折降る雨の中、逃げグループを3分差で追いかけるプロトン photo:LaPresse
バウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)やルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ・プレミアテック)を含む強力な逃げバウケ・モレマ(オランダ、トレック・セガフレード)やルイスレオン・サンチェス(スペイン、アスタナ・プレミアテック)を含む強力な逃げ photo:CorVos
最初の2級山岳ゴーディ峠を先頭通過して18ポイントを獲得した山岳賞1位ジーノ・マーダー(スイス、バーレーン・ヴィクトリアス)は逃げグループに入ることができず、山岳ポイントを量産したブシャールにマリアアッズーラを明け渡すことに。チームメイトのマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)は下り区間でコントロールを失って前転。頭から地面に叩きつけられたモホリッチは脳震盪によってレースを去っている。

マリアローザを守りたいグルパマFDJの集団牽引によって、脚の揃った強力な逃げグループとのタイム差は3分から3分半で推移する。ライバルチームの中でステージ優勝に向けた意思を示したのはイネオス・グレナディアーズだった。この日3つ目の2級山岳オヴィンドーリでグルパマFDJからイネオスの集団牽引に切り替わるとタイム差は縮小。同時に逃げグループの歩調も合わなくなる。

徐々に人数が絞られた逃げグループからカーとブシャールが抜け出すことに成功し、ストーラー、ボウマン、モレマ、エデの4名が追いかける形に。フィニッシュまで残り10kmを切ると先頭ではバーチャル山岳賞1位のブシャールが独走。先頭ブシャールは、モレマ、ストーラー、ボウマン、カーから20秒、モビスターとイネオス率いるメイン集団から2分のリードで最後の1級山岳カンポ・フェリーチェに突入した。

マリアローザ擁するグルパマFDJを先頭に進むメイン集団マリアローザ擁するグルパマFDJを先頭に進むメイン集団 photo:LaPresse
曇り時々雨の内陸部を駆け抜ける曇り時々雨の内陸部を駆け抜ける photo:LaPresse
モスコンにリードされるエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)モスコンにリードされるエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) photo:CorVos
追走グループからボウマンが飛び出す中、メイン集団はイネオストレインを先頭にトンネルを抜けてスキー場エリアへ、いよいよ未舗装区間に突入する。集団最後尾に辛うじてぶら下がっていたマリアローザのアッティラ・ヴァルテル(ハンガリー、グルパマFDJ)はついにここで遅れてしまう。

全長1.6kmの未舗装区間で先頭ブシャールにボウマンが合流。しかし、後方からはジャンニ・モスコン(イタリア、イネオス・グレナディアーズ)率いるメイン集団が猛烈な勢いで追い上げた。モスコンの全開牽引により人数を減らしたメイン集団は、先頭ボウマンとブシャールから25秒遅れで残り1kmアーチを通過する。すると、アレクサンドル・ウラソフ(カザフスタン、アスタナ・プレミアテック)のアタックに呼応する形でエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)が加速した。

マウンテンバイク出身選手らしさ溢れるトラクションコントロールで未舗装の急坂を踏み続けたベルナルが、逃げていたボウマンとブシャールをダンシングで勢いよく抜き去っていく。食らいつくジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)やウラソフ、そしてマイペース走法に徹したレムコ・エヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)とのタイム差は広がる一方。「自分の走りに完全に集中して、自分の世界の中にいたから、逃げていた選手を全員吸収したかわからなかった」というベルナルがガッツポーズすることなくフィニッシュラインまで踏み抜いた。

出し切った表情のベルナルから7秒遅れで、ヴィンチェンツォ・ニバリ(イタリア、トレック・セガフレード)から実質的にエースの座を譲り受けた地元アブルッツォ州出身のチッコーネとウラソフが入り、エヴェネプールやダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)が10秒遅れ。サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)らは12秒のタイムを失っている。マリアローザはこの日49秒遅れたヴァルテルからベルナルの手に移った。

未舗装区間に挑むジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール・シトロエン)とクーン・ボウマン(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)未舗装区間に挑むジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール・シトロエン)とクーン・ボウマン(オランダ、ユンボ・ヴィスマ) photo:LaPresse
逃げていたボウマンらを抜き去るエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)逃げていたボウマンらを抜き去るエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) photo:LaPresse
未舗装の急坂で単独先頭に立つエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)未舗装の急坂で単独先頭に立つエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) photo:LaPresse
ベルナルに先行を許したレムコ・エヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)ベルナルに先行を許したレムコ・エヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ) photo:CorVos
2019年にツール・ド・フランスを制したベルナルにとってこれがグランツールのステージ初優勝。ウラン、キンタナ、ガビリア、チャベスに続く5人目のコロンビア出身マリアローザ着用者になったベルナルは「何が起こったのか、いまだに信じられない。グランツールでステージ初優勝を飾ったんだ。ここに至るまで多くの犠牲を払ってきた。ステージ優勝できるという確証はなかったけど、チームメイトたちが自信を与えてくれたんだ。信頼してくれた彼らにこの勝利を捧げたい」と語る。

ベルナルは2020年ツールのリタイアの原因となった背中の痛みにずっと悩まされてきた。まだ完治には至っておらず、毎日スタート前とフィニッシュ後に治療を受けているという。「この2年間は精神的にも身体的にもタフだった。ステージ優勝したとわかった時は感情が溢れてきたよ。残り1.5kmからの未舗装登坂は4分間の全開走行。ライバルたちの様子を伺う暇なんてなかった」。

大会前半最大の山場を終えてマリアビアンカ対象選手が総合トップ3を独占。ベルナルはエヴェネプールから15秒、ウラソフから21秒のリードを得ている。総合トップ10のタイム差は概ね1分以内。ジロは後半戦の舞台に向けてイタリアを北上していく。

ライバルたちを振り切ってフィニッシュしたエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)ライバルたちを振り切ってフィニッシュしたエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) photo:LaPresse
ステージ優勝を飾り、総合首位に立ったエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)ステージ優勝を飾り、総合首位に立ったエガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ) photo:LaPresse
マリアアッズーラを獲得したジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール・シトロエン)マリアアッズーラを獲得したジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール・シトロエン) photo:LaPresse
ジロ・デ・イタリア2021第9ステージ結果
1位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)4:08:23
2位ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)0:00:07
3位アレクサンドル・ウラソフ(カザフスタン、アスタナ・プレミアテック)
4位レムコ・エヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:10
5位ダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)
6位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)0:00:12
7位ロマン・バルデ(フランス、チームDSM)
8位マルク・ソレル(スペイン、モビスター)
9位ダニエル・マルティネス(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)
10位ジョアン・アルメイダ(ポルトガル、ドゥクーニンク・クイックステップ)
11位ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、UAEチームエミレーツ)
12位ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーション・NIPPO)
13位エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
14位サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)
25位アッティラ・ヴァルテル(ハンガリー、グルパマFDJ)0:00:49
60位新城幸也(日本、バーレーン・ヴィクトリアス)0:05:14
DNSトーマス・マルチンスキー(ポーランド、ロット・スーダル)
DNFクレモン・シャンプッサン(フランス、アージェードゥーゼール・シトロエン)
DNFマテイ・モホリッチ(スロベニア、バーレーン・ヴィクトリアス)
DNFジャスパー・デブイスト(ベルギー、ロット・スーダル)
マリアローザ 個人総合成績
1位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)35:19:22
2位レムコ・エヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:15
3位アレクサンドル・ウラソフ(カザフスタン、アスタナ・プレミアテック)0:00:21
4位ジュリオ・チッコーネ(イタリア、トレック・セガフレード)0:00:36
5位アッティラ・ヴァルテル(ハンガリー、グルパマFDJ)0:00:43
6位ヒュー・カーシー(イギリス、EFエデュケーション・NIPPO)0:00:44
7位ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、バーレーン・ヴィクトリアス)0:00:45
8位ダニエル・マーティン(アイルランド、イスラエル・スタートアップネイション)0:00:51
9位サイモン・イェーツ(イギリス、バイクエクスチェンジ)0:00:55
10位ダヴィデ・フォルモロ(イタリア、UAEチームエミレーツ)0:01:01
マリアチクラミーノ ポイント賞
1位ティム・メルリール(ベルギー、アルペシン・フェニックス)83pts
2位ジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、クベカ・アソス)76pts
3位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、コフィディス)69pts
マリアアッズーラ 山岳賞
1位ジョフリー・ブシャール(フランス、アージェードゥーゼール・シトロエン)51pts
2位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)48pts
3位ジーノ・マーダー(スイス、バーレーン・ヴィクトリアス)44pts
マリアビアンカ ヤングライダー賞
1位エガン・ベルナル(コロンビア、イネオス・グレナディアーズ)35:19:22
2位レムコ・エヴェネプール(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)0:00:15
3位アレクサンドル・ウラソフ(カザフスタン、アスタナ・プレミアテック)0:00:21
チーム総合成績
1位イネオス・グレナディアーズ106:01:14
2位バイクエクスチェンジ0:03:26
3位トレック・セガフレード0:05:47
text:Kei Tsuji
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 AlphaESS MS500 ポータブル電源 500Wh 大容量 アウトドア キャンプ 車中泊 防災グッズ 2年保証 家庭用蓄電池 正弦波
カテゴリー: ワイヤレス
メーカー: Alpha・ESS
参考価格: ¥52,800
最安価格: ¥52,800
アマゾン価格: ¥52,800
の画像 EF ECOFLOW ポータブル電源 RIVER 288Wh 出力600W(ピーク1200W) X-Boost機能付き 高速充電1.6時間 家庭用蓄電池 車中泊 キャンプ 防災グッズ 50Hz/60Hz対応 純正弦波
カテゴリー: 家の修繕
メーカー: EF ECOFLOW
参考価格: ¥39,600
最安価格: ¥39,600
アマゾン価格: ¥39,600