フィジークが展開するE-MTB向けサドルのTERRA AIDON。トップからミドルグレードまで揃えられたラインアップにエントリーグレードのTERRA AIDON X5が追加される。比較的手頃な価格とされており、ライトユーザーにぴったりなモデルだ。



フィジーク TERRA AIDON X5 S-Alloyフィジーク TERRA AIDON X5 S-Alloy (c)Fizik
電動アシスト自転車の一大ジャンルとして欧米で人気が高いE-MTB。電動アシストのパワーを活かしてトレイルヘッドまでペダルアップし、下りでトレイルを存分に楽しめるため、数多くのブランドがトレッキングモデルからエンデューロモデルまで幅広く展開している。

バイクが数多く登場しているE-MTBに向けてフィジークはTERRA AIDONというサドルを用意した。ロード向けのARGOと同じようにショートノーズデザインが採用され、前乗りポジションでも体重をかけたペダリングが行いやすくなっている。また、サドルの後端部は反ったデザインが採用され、急登坂でも腰が後方に滑り落ちにくいことが特徴だ。

ラウンドした形状のサドルデザインとなっているラウンドした形状のサドルデザインとなっている (c)Fizik手がかけやすくなっていることが特徴だ手がかけやすくなっていることが特徴だ (c)Fizik


サドル中央部のカットアウトはAIDON独自の形状とすることで、開口部の圧力低減を狙った。着座する時間が長くなるE-BIKEならではのアレンジと言っても良いだろう。また、オフロードで走ることを前提としているため、カットアウトには泥や飛沫を防ぐゴムのフラップを備えている。

クッションには"タイプ2フォーム"という柔らかく厚手のものが採用された。ベースにはフレックスウィングデザインを与えることで、ペダリングを妨げない柔軟性を確保。ベースの後端部には、手をかける部分が用意されており、重いE-MTBでも持ち上げやすくなっている。

カットアウトの部分にはフラップが設けられているカットアウトの部分にはフラップが設けられている (c)Fizikサドル後端部は手がかけやすい形状となっているサドル後端部は手がかけやすい形状となっている (c)Fizik


今回登場したのは既に用意されているX1、X3というグレードに続くX5というエントリーグレード。レールをS-Alloyとすることで、比較的手頃な価格(税込11,900円)を実現した。完成車にアセンブルされているサドルを交換したいという方、ライトユーザー向けのプロダクトとなっている。幅は145mmと160mmの2種類。



フィジーク TERRA AIDON X5 S-Alloy
サドル長:255mm
幅:145mm、160mm
重量:262g(145mm)、272g(160mm)
75mm幅部分の高さ:51mm
レール:7×7mm S-Alloyレール
価格:11,900円(税込)
Amazon.co.jp 
の画像 ナイトプロテイン ココア 1kg グラスフェッド
カテゴリー: Health and Beauty
メーカー: CHOICE NUTRITION ( チョイス ニュートリション )
最安価格: ¥ 6,480
アマゾン価格: ¥ 6,480