UCI(国際自転車競技連合)がヴィーニザブに対して30日間のレース出場停止処分を課したことを発表。12ヶ月以内にドーピング違反が疑われる分析結果が2例出たことに対する規則であり、チームがジロ・デ・イタリアの参加辞退を表明したためアンドローニジョカトリ・シデルメクが繰り上げ参加することとなった。



5月6日までレース出場停止処分が下ったヴィーニザブ5月6日までレース出場停止処分が下ったヴィーニザブ (c)CorVos
ヴィーニザブは昨年10月に開催されたジロ・デ・イタリアでのドーピング検査でマッテオ・スプレアフィコ(イタリア)のエノボサルム(オスタリン)使用違反が疑われる分析報告(AAF)を受けていたが、今年3月30日にはマッテオ・デボニス(イタリア)が競技外ドーピング検査で尿サンプル、血液サンプル共にEPO(エリスロポエチン)の使用違反が疑われる分析所見を受けていた。

これによってUCI懲戒委員会はアンチドーピング規則の第11.3条に則り、ヴィーニザブに対して30日間のレース出場停止処分を課すことを発表した。この規則第11.3条は同一チームから12ヶ月のうちに有害分析所見を2例受け取った場合にレース活動を15日から45日間制限するもの。2人の結果管理プロセスは未だ進行中であるため、UCIはこれ以上のコメントを出さないとしている。

今季2勝を挙げていたヴィーニザブ今季2勝を挙げていたヴィーニザブ (c)CorVos
ヴィーニザブはデボニスの報告を受けて既に活動を停止しており、レース出場停止期間は4月7日から5月6日の30日間に。チームは5月8日に開幕するジロ・デ・イタリアのワイルドカードを得ていたが辞退し、今年出場を逃していたアンドローニジョカトリ・シデルメクが繰り上げ参加することとなった。

ヴィーニザブは公式声明の中で「UCIは我々にジロ出場のチャンスを与えてくれたが、チームとメインスポンサーの判断でコルサローザ(ジロの別称)への不参加を決めたことを強調したい。勇気ある決断であり、将来同様のケースが起きた場合の慣例となること、そして若い選手たちにとっての教訓となることを願いたい」とコメントしている。レース活動は5月12日に開幕するツール・ド・ハンガリーになる予定だ。

text:So Isobe
Amazon.co.jp 
の画像 Giro d'Italia: The Story of the World's Most Beautiful Bike Race
カテゴリー:
メーカー: Pursuit
参考価格: ¥1,910
最安価格: ¥1,910
アマゾン価格: ¥1,910
の画像 僕のジロ・デ・イタリア
カテゴリー:
メーカー: 東京書籍
参考価格: ¥1,760
最安価格: ¥5,236
アマゾン価格: ¥1,760
の画像 エリート FLY ジロ デ イタリア ボトル 2019 750ml ELITE フライ
カテゴリー: Sports
メーカー: エリート
参考価格: ¥ 1,056
最安価格: ¥ 739
アマゾン価格: ¥ 739