豪華スプリンターが揃ったベルギークラシックで絶好調サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)が勝利。チームメイトのお膳立てを受け、今季5勝目を飾っている。



ヨーロッパ&イタリアチャンピオンのジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、クベカ・アソス)ヨーロッパ&イタリアチャンピオンのジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、クベカ・アソス) (c)www.sport.be今季初勝利が欲しいアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)今季初勝利が欲しいアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ) (c)www.sport.be


オキシクリーンクラシック・ブルッヘ〜デパンヌ2021コースマップオキシクリーンクラシック・ブルッヘ〜デパンヌ2021コースマップ (c)www.sport.beスペインで開催中のボルタ・ア・カタルーニャでクライマーや軽量パンチャーがしのぎを削る一方、クラシックハンターやスプリンターはベルギーで開催された「オキシクリーンクラシック・ブルッヘ〜デパンヌ(UCIワールドツアー)」に集結した。

2017年まで「ブルッヘ〜デパンヌ3日間レース」として長期開催されていた歴史ある大会で、2018年にワンデーレース化、そして2019年にワールドツアーに昇格しても「ドリダーフス(3日間)」が大会名称につけられていた。昨年はレースカレンダー再編に伴いワールドツアー最終戦となり、2021年は消毒薬ブランドのオキシクリーンがタイトルスポンサーとなったことで長年親しまれた”3日間”とも別れを告げている。

ブルッヘを出発し、中盤からはデパンヌを拠点とする40km超の周回コースを3周回。ベルギークラシックには珍しく急勾配登坂や石畳を含まないド平坦コースだが、毎年北海からの海風が選手たちを苦しめる。爆風の中開催された昨年大会ではスタート早々にエシュロンが形成され、完走人数49名という超サバイバルレースでイヴ・ランパールト(ベルギー、ドゥクーニンク・クイックステップ)が優勝を飾っている。

ブルッヘのスタートラインに並んだ選手たちブルッヘのスタートラインに並んだ選手たち (c)www.sport.be
集団スプリントが見込まれる平坦レースだけに、各チームのエースナンバーを付けるのは豪華なピュアスプリンターたち。絶好調サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)は最強リードアウトトレインを伴って出場するほか、パリ〜ニースでそのベネットを打破したケース・ボル(オランダ、チームDSM)やヤスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)も参戦。調子を上げきれていないパスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)やアルノー・デマール(フランス、グルパマFDJ)、フェルナンド・ガビリア(コロンビア、UAEチームエミレーツ)らがブルッヘのスタートラインに並んだ。

当初のエスケープはフィニッシュまで75km以上を残して吸収される当初のエスケープはフィニッシュまで75km以上を残して吸収される (c)www.sport.be
ドゥクーニンク・クイックステップが徹底的なペースメイクを行うドゥクーニンク・クイックステップが徹底的なペースメイクを行う (c)www.sport.be
単独逃げたセバスティアン・モラ(スペイン、モビスター)単独逃げたセバスティアン・モラ(スペイン、モビスター) (c)www.sport.be
この日、危険視されていた横風分断は生まれなかった。バルナバーシュ・ペアーク(ハンガリー、バイクエクスチェンジ)を含む逃げグループがフィニッシュまで75km以上を残して吸収されると、スプリンター不在のモビスターが積極策に。セバスティアン・モラ(スペイン)が単独で抜け出し、20km強を逃げて引き戻されるとダヴィデ・マルティネッリ(イタリア、アスタナ・プレミアテック)とルイス・マス(スペイン、モビスター)がカウンターで先行した。

しかし、急坂無し、横風無しのこの日はスプリント勝負を目論むメイン集団がハイペースを維持したため、この二人はすぐさま吸収。続いて先行したブレント・ファンムール(ベルギー、ロット・スーダル)もフィニッシュまで10km以上を残して吸収されている。

トタル・ディレクトエネルジーやB&Bホテルズ KTM、チームDSMがコントロールする間隙を突いたトッシュ・ファンデルサンド(ベルギー、ロット・スーダル)が残り1kmで捉えられると、いよいよドゥクーニンク・クイックステップのリードアウトが動きだす。最終コーナーを抜けてなお4名を残したウルフパックはフロリアン・セネシャル(フランス)、ベルト・ファンレルベルフ(ベルギー)と繋ぎ、最終発射台ミケル・モルコフ(デンマーク)に導かれたベネットが残り200mで発進した。

フィリプセンやアッカーマンを抑えて突き進むサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)フィリプセンやアッカーマンを抑えて突き進むサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ) (c)www.sport.be
サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)が圧勝サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)が圧勝 (c)www.sport.be
接触によってリアホイールの固定が緩み(本人は気づかなかったという)、さらにチェーン落ちで失速していくデマールを背後にトップスピードまで上げたベネット。フィリプセンやアッカーマンを寄せ付けることなく、UAEとパリ〜ニースに続く今季5勝目を掴み取った。意外にもワンデー開催のUCIワールドツアーレースにおけるベネットの勝利は今回が初めてだ。

今季5勝目を挙げたサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)今季5勝目を挙げたサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ) (c)www.sport.be
2位フィリプセン、1位ベネット、3位アッカーマン2位フィリプセン、1位ベネット、3位アッカーマン (c)www.sport.be
「僕とチームにとって素晴らしい日になったよ。ワンデー開催のワールドツアー勝利に手が届いていなかったから喜びもひとしおだ。チームは今日も素晴らしい働きを見せてくれた。最終局面ですらライバルを気にすることなく、ただただ自分のスプリントに集中していた。僕たちに、そしてベルギーのチームスポンサーにとって大切な勝利を挙げることができて嬉しいよ」と語るベネット。このままベルギーに残り、日曜日開催のヘント〜ウェヴェルヘム、そして4月7日のシュヘルデプライスと、スプリンター向けのベルギークラシックでさらなる勝利上乗せを見据えている。
オキシクリーンクラシック・ブルッヘ〜デパンヌ2021結果
1位サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)4:27:40
2位ヤスパー・フィリプセン(ベルギー、アルペシン・フェニックス)
3位パスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ)
4位ジャコモ・ニッツォーロ(イタリア、クベカ・アソス)
5位ティモシー・デュポン(ベルギー、ビンゴール・ワロニーブリュッセル)
6位ユーゴ・オフステテール(フランス、イスラエル・スタートアップネイション)
7位ケース・ボル(オランダ、チームDSM)
8位ミケル・モルコフ(デンマーク、ドゥクーニンク・クイックステップ)
9位エリア・ヴィヴィアーニ(イタリア、コフィディス)
10位スタニスワフ・アニオコウスキ(ポーランド、ビンゴール・ワロニーブリュッセル)
text:So Isobe
photo:CorVos
Amazon.co.jp 
の画像 ジェムソン セント・パトリックス・デー リミテッド 2020 [ ウイスキー アイルランド 700ml ]
カテゴリー: Wine
メーカー: ペルノリカール
参考価格: ¥2,278
最安価格: ¥2,278
アマゾン価格: ¥2,278
の画像 ジェムソン ボウ・ストリート 18年 アイリッシュウイスキー カスクストレングス ギフト アイルランド [ ウイスキー 700ml ] [ギフトBox入り]
カテゴリー: Wine
メーカー: ペルノリカール
参考価格: ¥16,331
最安価格: ¥15,278
アマゾン価格: ¥16,331
の画像 アイルランドを知れば日本がわかる (角川oneテーマ21)
カテゴリー: Digital Ebook Purchas
メーカー: KADOKAWA
参考価格: ¥713
最安価格: ¥713
アマゾン価格: ¥713